「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
ようやくネームの初稿がおわりもした
181114bgs.jpg 


新刊の絵でも出せればいいんだけど。やっとネームが終わったところで。これを寝かしてまたいじります。現時点ではもうサイコーだなコレとか思ってるんですけど、明日とかしばらくたってみると何が面白いんだコレ?になったりします。

主役は、孤独な女(またか)と、貝のモンスターです。ばぐっといきます。また進捗書かせていただきます!!ふひーーつかれたびーーー!!

カンタンすぎちゃだめなのよ
181106s.jpg

競泳水着を、デフォルトの装備にしたいです。わりとまじで。ぬひひ。コミケ当選したので、新刊めがけてまっしぐらです。でも、今日はちょっと、というかいつものように、新刊にあまり関係ない話をします。ぬひひ。だからなにそれぬひひって。

ちょっと前かしら。例えば「イラストを描く人が50人居たとしたら、マンガを描く人は1人(100人で2人だったかな)しかいない」という記事を見ました。そんな昔でもないここ数年内の記事です。

マンガが難しいというのではなく、単純に絵を描く裾野が広がっただけなんでしょうけど、んでも、たとえいつものモン姦マンガでも、どこかで「未来を決め」なきゃいけない瞬間が来るので、それを乗り越えるのはちょっとパワーがいることだなぁとも思います。

あ、いえ、「みらい」とは、自分の将来とかの話ではないし、キュアミラクル朝比奈みらいのことでもありません。その本のキャラの結末、みたいなもの、かしら。ウチはほとんど読みきりで描くのでその主人公はそこだけのお付き合いなのですが、やはり、それなりに愛着みたいなものはでてきてしまいます。この子が幸せになって欲しいと思います……そして。実はもっと幸せになって欲しいのがモンスターだったりします。

でも「モンスターの未来を決める」というのは、らばた作品にとって、すごく矛盾する事なんです。というのは、らばたのモンスターって多分、未来とかあんまり考えてないんですよ。食べて寝てヤレりゃいいくらいの生き物で、まさにマイドリームそのものです。あら、あなたもそうですか!?それは奇遇ですねままま一杯どうぞ

でなくて。その「未来を決める事を避けてる者」に未来を強要するのが作り手なので、彼、カノジョはこの後どうなるかって方向性を読者に見せていかないといけない訳ですよ。多分「ストーリーをつくる」とはそういうことなんだと思います。

で、最初の話。マンガが少ないのは、結局「めんどくさい」んだと思います。マンガにする為に何回も同じような絵を描く事も、前述のように彼らの未来を決めることも。だから1枚絵だったら、現在を1枚描けばいいので、それをやりたがる人が多いのかなって。

以上は、描き手の理屈。さて、見るほうは? 同じキーワード「めんどくさい」は有効ですよねぇ。しっかり読み込まなきゃ解らないマンガは読むのがめんどくさいので、自分は読まないです。絵も「こうやって見なさい。これを知るためにはこの歴史を知る必要があり……」ってなったらもうどうでもいい。

となると、描き手にも読み手にも幸せなのは「わかりやすい絵本」となります。でも、マンガ以上に絵本が売れてるイメージは、ない。ってことは、絵本だと物足りないってことなのかな。

はてさて。あ、解った。「それほど辛くない作業で乗り越えられる壁」が必要なのかな。やったった感を伴えるもの。あたしも量子論に興味あるんですけど、最初の数ページでもう解んないから、結局好きと言うところまでいかない。あんま関係ないかしら。

あ。もっと解った。作業=体験なんだ。ちょっとだけ辛い体験を主人公にしてもらって、それを疑似体験すると、読者も作り手もカタルシス的なものを語るシスなのかしら……。

あれま。じゃあ、うちの作り方でいいんじゃん。
がんばりまーす。

2018冬コミ当選!!
Dq_6M76U8AA-w1R.jpg

お席をいただけましたよ!!「らばた工房:3日目ウ14a」です!! 新刊は、貝です。もうね、何でナンだって話ですけど、描きたいのです。貝。こないだの競泳画集は、コミケ初お披露目となりまして、もって行く予定ですー!!


5km先、分岐路です。
181030s.jpg
先週ドカーンと広がった視界ですが、まだ開いたままで、たぷたぷとした大海原がそこに広がっております。依然として船には荷物を積んでおらず、船頭の自分と言えば、出航手続きや、周りのご挨拶に忙殺されているイメージです。

ココにはすこしだけリークしたりしてますが、自分は、趣味的な部分はアレですけど、自分のリアルな生活を表に出したくないのです。作品は好きでも素の作者については興味なかったりするじゃないですか。でもまあ、あとがきであれだけ長々書いてるし何言っちゃってんだって話ですけどね。なので今日は、いや今日も、ちょっとだけ、プライベーツなお話をします。

自分は10年とちょっとぐらい前、スポーツジムに通ってました。ジムは1年ちょっとで退会したんですけど、自営業で比較的時間が取れるということで、そこで仲良くなった講師の方のお手伝いをするようになりました。地域のカルチャーで、シニア世代向けの健康体操です。で、最初はひと月に数回だったんですけど、段々数がおおくなり、2012年、その講師の方がリタイヤしてしまったので、後任が見つかるまでその後を自分が引き継ぐという事に。で、よくある話で、後任探しなんかしてもらえずに現在に至るということです。

2012年といえば、プリキュアにドはまりした年(今もだけど)で。このカルチャーの新しい仕事がガンガン入ってきて、このあたりで、FLASH等の手が掛かることが出来なくなっていきます。まあFLASH終了はさきゆきの暗さが一番の要因でしたけど。比率で言えば、それまでらばた製作の時間が7:他の仕事が3ぐらいだったのに、5:5ぐらいにまでなってしまいます。

で。2018年10月現在。多分、他の仕事が7、らばた率が3ぐらいに逆転してしまっています。何の為にお店たたんで、ガチフリーランスになったのやら。そんな矢先、この、カルチャーのお仕事が来年で閉鎖になるというお知らせが……!!?むむむ。

で。このカルチャーのほうは、お客さんがたくさん来なくても自分の取り分は変わりませんので、とりあえずお金にはなります。クラス数もそれなりの数担当してるので、自分も適度に体を動かせるし、丁度よいかなぁぐらいに思ってたのですが。なんせ移動や、実際のレッスンで、拘束時間がネックだなぁとも思っておりました。その間、絵描けないですからねあたりまえじゃ

ここで。その来年、自分はどうするのか? 多分、他のカルチャーのお仕事に行くことは可能だと思います。自分、他の講師より全然安いので、結構お仕事あるんです。でも、その安売りが、結局割に合わない時間拘束に繋がってるなら、考え直せと、エロ創作の神様が仰ってるのかなと思いまして。

創作はコケたら爆死です。3ヶ月かけて描いて、DL数7とかで、生活資金なんか簡単にショートです。そこに、確実にお金になるこの安心。でもアルバイトみたいな金額です。その為に、創作時間を削ってるんだなぁと、改めて思いました。

この分岐は来年3月。このまま創作同人の未来がどこまであるものなのか?親になって「異種姦マンガ描いてるんだー☆」って子に言うのか。お給料安くてもカタイ仕事の方がよいのじゃないのか?色々考えて見ます……



んが。その閉鎖の一報を聞いたとき、すぐに思ったのは「やった絵が描ける!」でしたから、多分、行く道は決まっているのかも……ばら色の破滅へれっつらごーかも

自由のコロンブスのA6カード
181023_bgs.jpg


世に言うコロンブスの卵とは、お醤油とだし汁などで味付けをしたラーメンなどに入っているちがーーーうう!!ふふふ。今日の私は機嫌がイイです。それはあなたとは関係ないこともないです。フフフフ。その事を言います。フフフフ。

自分が「マンガを描くときにもっともてこずる所」は、ネームなんです。それも、脳の中を具現化するところが、一番てこずるんです。てか、ココにてこずるの、やばいでしょ。一番重要なところでしょ。順番に説明しますよ。

まず。ネームの何にてこずるかと言うと、自分は、描きたい事が平行に出てきてしまうというか、いやみんなそうなんだろうけど、いっぺんにどかーんってシーンが頭の中に展開してしまって、それをしっかりつかまえられないことです。とにかくそれを片っ端から絵に描いていく、と。それがA,B,C,Dと。どれも絶対入れたいシーン。

で、Cを描きはじめたあたりで当初の予定とは違った展開Fを思いつきます。そっちをメモします。ここでどがあーーってまたシーンが出てきます。必死にG、H、Iと書き留めます。このあたりになると絵でもかなり簡素です。文字も併用しています。で、あ、もどらないと、でも、こっちの分岐も使えるかもと、一応とっといて、Dを描き始めます。ご想像通りに、また違った展開J、K、L、Mを思いついてしまいます。

それと「台詞をテキストで入れたい」んです。テキストつきのファイルは、また入れ替えの時にややこしくなるし、とにかく、レイヤー構成を持つものは、キリハリするのに面倒で嫌なんです。

さらに。自分はクリスタで、マンガを見開き状態で描くので、「このページとこのページの隙間に1ページ入れようとする」と、クリスタの使用上、とっても面倒な事になるのです。ページに勝手にマスクが出来たり、切り離しの作業でえらい時間食います。入れ替えがしづらいから、なるべく入れ替えないように描こうとする。となると、最初から「決め打ち」する事になります。決め打ちってのは、最初から、ここでこうなったあとこう、という自分のテンプレートみたいなものに、キャラの行動を嵌めようとします。

これが良くないナーって思ってて。だからどうするかっていうと「良いテンプレートを作ろうとする」んです。あほか。本末転倒。転倒虫が店頭で転倒ですよ。すってんころりんですよ。

好きなものを好きなように描く。ガンガン描く。それをあとから入れ替えて、商品にしていく。これがクリスタでどうやったらできるか解らなかったんです。

はい、回答行きますよ。クリスタで、A6サイズの小さな用紙の、複数ページのファイルをつくる。単ページ単レイヤー。最初から好きなように描いていく。ガンガン。コレだと後から入れ替えるのも軽い。ページ一覧で、お話全体を俯瞰してみる。台詞テキスト打ちとか、あとで良いんじゃ。

……ええ。どこにでもあるやり方です。つまり、ハガキぐらいの紙にお話や絵をいっぱい書いて、並べて上から見てるのと同じです。こんな事にきづかなかったんです。今まで。

これまでマンガ、よく描けたな。。。。

いま、視界がどがーーーんと広がっています。描きたい事が、自由に描けるんだ……!!!



てか、なんで、まじで、今までこれがわからなかったの?

多分「自由に描こう」って思ってなかったんだと思います。「正しいとされているやり方はどうだ?」とばっかり考えてたのかも。

とにかく、高石は、今日、自由を手に入れました。

朝の充実
188116s.jpg 


今やらなくてはいけないこと、というのが平行して存在すると、何から手をつけていいのか解らなくなりますよね(あるあるー

そんな時どうするか。とりあえず寝ます。でなくて。脳内で優先順位を処理できなければ、書き出すしかない訳です。

なので書き出します。すると、どうでしょう、あれま、時間が足りずに、これ対応できない、となる訳です。仕方ないのでやっぱり寝ます。起きろ。

ただ今、夜は比較的時間が取れないので(コレ結構既にヤバいのですけど)、午前中の動ける時間に色々やってしまうことになります。そこで思いついたのか、毎朝、一定時間、45分程度は必ず空くのです。この時間何してるかというと、ボーっとしてます。まぢか。

この、「朝のこの時間だから、なんか、ボーっとしていい」みたいな謎の了解が自分の中にあったみたいで。今日はその時間を絵を描く時間にしてみました。ああ。すばらしい。時間がとれる。なんと充実。充実野菜。あれじゃぜったい野菜取れないと思う。

ただ、朝の絵は爽やかになりがちです。今日の絵もどこと無く爽やか……でもないか。
あ、良いかも。コミケ当たるといいな。

そして。なお、本日より、上野西洋美術館にて、ルーベンス展開催です。多分10回は行きます(チケットは既に我が手に)時間は大事につかっていきたし。

これでいいか
181009bgs.jpg 


時々は暑いものの、随分と過ごしやすくなった関東平野です。皆様いかがおすましですか。おすましさんキリッ。また例によって、駄文を繰り広げる構えの高石です。

あ、この駄文ブログ、お読みになられてる方もごく少数どころか、皆無かもしれませぬが、なんとスマホでも広告ナシで見られるプレミア仕様であります。すごいでしょ。すごいムダでしょ。でも、このムダにお金をかけられるかが江戸っ子の生き死になんですよ(静岡育ち

で。このムダブログをなんか上手く生かせないかなーと。「ブロガー」的なものを勉強しようと思いました。フフッ。なに笑ってんだ。じつわ思っただけで何もしてません。ちょっと情報をみてみましたが、みんな平行して株をやってる感じなので、株はよくわからないので、東映の株を買おうと思います。ほらこのあたりの駄文感、たまらないでしょ。伝える気がどこまであるのよ的な。ちょっとぐらいはあります。

絵の話をします(ブロガーは?)。挿絵の子ですが、線にご注目。雑で黒い線がいろんな所に入っております。でね、これ、このしわ的な線を一切入れないと、すっごい味気ない絵というか、まだ途中?みたいな感じの絵になっちゃうのです。それは、最低限の線で立体をつくれないからどす。自分はコレをごまかし線と呼んでいます。入れると、なんかそれっぽくなるから。

でも、このごまかし線を入れると、自分が好きな絵になるんです。ドキドキする絵ってやつなのかな。アニメ塗りに相性が良いみたい。ほんとは、ピクシブにいろいろありそうな、とうめい感のある絵も描いて見たいなーとか一瞬思うのですが、うちのはそういう爽やか感いらないので、こうやって、えぐく行ければと思いなおしました。これ、速いんですよ。慣れてるのもあるかもだけど。

絵をキレイに描く。それっぽく描く、と言うのは毎年この時期と、あと2月にドドドって押し寄せて、いっかい理論をリセットしてしまうので、もう、しばらく、このごまかし線に頼る描き方で良いかな……とか開き直ってきました。この描き方、充分エロくはなるので、願ったりなかとみのかまったりです。

絵の表現方法ではなく、「何を」表現するか。もっとそこに向き合おうとしている高石でした。まる。
高みを目指そう(地理的に)
181003s.jpg 
季節はずれの暑さが続いております関東平野です。皆様いかがお過ごしですか。
今夏は豪雨や台風で、いろいろな所に損害がでましたよね。
いつも思うんですが、温暖化が原因かどうか解んないですけど、あと数十年で、北極の氷がいっぱいとけるんですよね? 海面が上昇して、こういう災害の時にその脅威を発揮するとなると、最低でも海抜100m以上のところに住まないと、ってことになりません?

あ、でも、どうなんだろ。たとえばコップいっぱいのお水に、氷が浮いている、と。で、この氷が解けると、水の上に出てる分の氷があふれ……?あふれないぞ。違うなこれ、小学生の時、理科でやったぞ。水位は変わらないはず。溶けるのは、地上に乗ってる氷か。結構いっぱいあるよね???(;゚Д゚)あ、やっぱりだめだ、逃げないと。長野に住まないと。お金ためないと。

なので、お金をためるために、えろまんがを描かねばならんのですが、問題なのは、描いてるとだんだんマイチムコが反応しちゃうことなんですよね。コレいまだにそうなんです。自分の最高のシチュエーションを描いてるんだから、さもありなんでしょ。

で、なんとか理論的、美術的な部分に解を見出そうとするわけです。これはこうだからこうなった。お話としては面白くなるんですけどねぇー でも、そういうのはもっと頭の良い人にお任せすればよいか。自分はもう。変態道を進もう。これはもはや業だ。ゴー。

もう取り掛かってしまう予定ですよ!冬コミ原稿。多分、連日よく描くこの、上の挿絵の子がヒロインになります。多分。ぐちゃぐちゃにしたいんです。ぅはぁ
アナログが続いております。
 180926_bga.jpg

冷たい雨です。いかがお過ごしですか。ちょっと寒いどすね(どすね

前回アナログについて色々考えて、そのままその検証をしています。やっぱ、アナログ、楽しいです。
自分がデジタルでもっとも便利だと思うところは、失敗がいつでも回復できる事と、あとからいくらでも調整が効く所です。両方とも、「完成イメージが無い」時に威力を発揮します。

完成イメージ、持てばいいじゃん。そう思いましたよ。そうすれば、デメリットはすこしづつ無くなっていく。

「デジタルのほうが上手く描ける」

上手くなればいいじゃん。

「色をつけるのが便利」

あああーーーこれは揺るがないかーーーー たとえば今、アニメをセル塗り手塗りにしたら絶対無理よね。

あれ。でも、マンガは塗らないぞ?

うむ。ちゃんと考えよう。

ということで、次は、当たれば冬コミです。11月のコミティアは、らばたではなく、創作グッズモノででます。えろくないのです。なにそれって?ぬふふふ。色々やっておりますの。生きるために。
「暗記」の重要性
180918x.jpg 


ようやく過ごしやすくなってまいりましたね。今日はちょっと暑いですけど。で。涼しくなってくると恒例の、アナログを描きたくなるウェーブがきます。またですよ。なんなんですかねこれ。

で。我がタマシイはコレほどまでにアナログを欲するか?今回は具体的に考えてみました。以下、論文なので(どこに出すの)語尾えらそうです。

――結論から言う。アナログ描画の勝負は、「暗記性」である。芸事はほとんどの場合、暗記=会得した技術がモノを言う。継続してその事に取り組む事で、初歩的なことを自動化(無意識で出来るように)し。階段を上る。たとえれば、いつまでも、ピアノの鍵盤にドレミを描き、演奏の際にそれを探していたのでは、話にならないようなものだ。

もっと言えば、PCキーボードのブラインドタッチが解りやすいかもしれない。配列を指が覚えてくれれば、文章を考えながら打てるようになる。コレがキーを探しながらだと、どうしても思考がとまり、文章をつくるのにストレスを感じる。自分はネトゲの会話で、ブラインドタッチが出来るようになった。出来ないとチームでの戦闘に迷惑が掛かるからだ。

つまり自動化(無意識化)することで、意識の部分に空白の作業スペースを稼げる。ここはもっとこうじゃないか?こういったら伝わりやすいのではないか?と。これが、キーボードの例だと、ブラインドタッチが出来ないとキーを捜す事で精一杯で、文章を書くだけで大変な労力を使う羽目になる。

絵の話に戻る。たとえば。目を頑張って可愛く描く。可愛く描ける様になった=暗記したら、次に、その顔のバランスについて。顔のバランスがあたりまえに描ける様になったら、髪を。髪が描けるようになったら、首から下を、みたいに。この階段を上がるとき、新たに出来た作業スペースに「もう少し、こうしたら?」というのが出来る。

今、出た「頑張って」だが、ここに「自分の情熱」がある。「こんなふう描きたい」があるべきなのである。つまり「お手本」。逆に言えば「こう描きたい=描ける様になりたい」となって初めて、暗記というステップに移行する。――

以上が論文です。結局「暗記してかく部分が必要」という事を長く描いただけかもです。そういえば自分は、おっぱいの描画にはお手本がありもした。でも、実写だったので「線を探す」ことをしてしまう。なので、なかなか暗記(記号化)というところまで落とし込めなかったです。また、顔はプリキュアを描き始めてようやく、可愛く描きたいと思うようになりました。

顔が可愛く(場合のよっては少し崩れているのもスキである)自動的にかけるようになり、そして魅力的な体を。キモいモンスを。そこで初めて、こうしてやる!みたいな準備が出来る気がします。

「初めて」って。何年やってんだ。って話ですが。
冬コミは、そんなマンガ。予定。