「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
「暗記」の重要性
180918x.jpg 


ようやく過ごしやすくなってまいりましたね。今日はちょっと暑いですけど。で。涼しくなってくると恒例の、アナログを描きたくなるウェーブがきます。またですよ。なんなんですかねこれ。

で。我がタマシイはコレほどまでにアナログを欲するか?今回は具体的に考えてみました。以下、論文なので(どこに出すの)語尾えらそうです。

――結論から言う。アナログ描画の勝負は、「暗記性」である。芸事はほとんどの場合、暗記=会得した技術がモノを言う。継続してその事に取り組む事で、初歩的なことを自動化(無意識で出来るように)し。階段を上る。たとえれば、いつまでも、ピアノの鍵盤にドレミを描き、演奏の際にそれを探していたのでは、話にならないようなものだ。

もっと言えば、PCキーボードのブラインドタッチが解りやすいかもしれない。配列を指が覚えてくれれば、文章を考えながら打てるようになる。コレがキーを探しながらだと、どうしても思考がとまり、文章をつくるのにストレスを感じる。自分はネトゲの会話で、ブラインドタッチが出来るようになった。出来ないとチームでの戦闘に迷惑が掛かるからだ。

つまり自動化(無意識化)することで、意識の部分に空白の作業スペースを稼げる。ここはもっとこうじゃないか?こういったら伝わりやすいのではないか?と。これが、キーボードの例だと、ブラインドタッチが出来ないとキーを捜す事で精一杯で、文章を書くだけで大変な労力を使う羽目になる。

絵の話に戻る。たとえば。目を頑張って可愛く描く。可愛く描ける様になった=暗記したら、次に、その顔のバランスについて。顔のバランスがあたりまえに描ける様になったら、髪を。髪が描けるようになったら、首から下を、みたいに。この階段を上がるとき、新たに出来た作業スペースに「もう少し、こうしたら?」というのが出来る。

今、出た「頑張って」だが、ここに「自分の情熱」がある。「こんなふう描きたい」があるべきなのである。つまり「お手本」。逆に言えば「こう描きたい=描ける様になりたい」となって初めて、暗記というステップに移行する。――

以上が論文です。結局「暗記してかく部分が必要」という事を長く描いただけかもです。そういえば自分は、おっぱいの描画にはお手本がありもした。でも、実写だったので「線を探す」ことをしてしまう。なので、なかなか暗記(記号化)というところまで落とし込めなかったです。また、顔はプリキュアを描き始めてようやく、可愛く描きたいと思うようになりました。

顔が可愛く(場合のよっては少し崩れているのもスキである)自動的にかけるようになり、そして魅力的な体を。キモいモンスを。そこで初めて、こうしてやる!みたいな準備が出来る気がします。

「初めて」って。何年やってんだ。って話ですが。
冬コミは、そんなマンガ。予定。

新月の日に事件がおきました
180911s.jpg

蒸し暑かった昨日にくらべて、なんとまあ涼しい事!創作意欲もわくというものです。
じつは、昨日は新月でした(え)。自分は月の運行で、精神的な部分がめっちゃ影響されます(え、何いってんのおまえ)。今日のはちょっと面白い……かな、どうかな。

いえ。実はですね。うちの近所に、なんかぶつぶつ言いながら、荷物なんだか廃品なんだかを乗せた小さなキャリーをひっぱり、さらには常に腕を振り回すじじーが出没するんです。服装はこぎれいとはとても言いづらく、ひげも伸び放題。ココまでの情報で、皆さんの印象はどうですか? 自分は、障がいのある方なのかなと思っていました。

で、先日。細い道でその人に遭遇。自分の進行方向前方でそれをやっています。うろうろしてるから抜かさないといけない。人がぴったりならんで3~4人ぐらいの幅の道。腕を振り回してるから、嫌だなぁとは思ったんです。でも、しょうがないから、行く。

追い抜きざま、危険確認半分、ガンとばし半分でそのじじーを見ると、じじーもこっちを睨み返し、その振り回す腕を自分の顔面に振ってきました。自分は反射的に右手で払ってしまって、左手を相手の顔面に主刀の形で止めてしまいました。あててはないですが、制圧するような構えです。座り込みはしませんでしたが、じじーの腰がくだけました。向こうの方で、工場のお兄さん達がこちらを見てるのが解りました。

そしたらじじー。しっかりした口調で「オマエは暴力を振るうのか!!?」と。あれ?ちゃんとその場に合った台詞が喋れるんだ……!?勝手に障がい者だと思い込んでたので、自分はびっくりしました。てかそれはこっちの台詞だけど。手刀はけん制の一瞬でひっこめました。ハタからみたらで、じじーに手をあげようとしてるおっさんですもん。

自分は、自分を押してくるじじーの手のひらに、自分の右手の甲をあてて、その右手に左手をそえて押し返していました。これで相手も無意識に、ひたすら押し返すだけになります。その結果、こぶしを振り上げたりとかの動作を制御できます。自分はその姿勢のまま「今オレを殴ろうとしたろ?どういうことだ!?」と聞きました。でもじじーは、「オマエは!!オマエハ暴力を!!」と続けています。

そして自分は、手の甲に力を受けながら同時に、じじーの焦りや、すこしの恐怖見たいなものを感じ取りました。可哀想だなぁ……と。でもそれよりも強く「孤独者が他者とコミュニケーションを取れている事へのうれしさ?」みたいなものも感じ取れました……「あれ?この場面に慣れている?」と。この時既に、あ、オレひっかかったのかなとはちょっと思っていました。

で。自分は「あの手はどういうことだ?」ともう一度聞きました。自分が想定していた返事は「お前が睨むからだ」ぐらいの、よくある水掛け論かなと思ったらなんと。「コレはこういう宗教なんだ!!!」と……びっくり。なんだそりゃ。でも、用意されていたコトバのように感じました。ああ、やっぱりだ。

「じゃあ悪かったな」と自分は手を下ろして、いや、何でオレがあやまるの?ぐらいに思いましたが、とにかく、これ以上はかかわりたくはないのです。で、そのまま歩きはじめましたが……すぐに、じじーは何事も無かったように。また手を降り始めました。

と、コレは前置きです。これで、いろいろな事を思いました。

・自分の理解できる範囲外の事を、「オカシイ人」と勝手にを決め付けていた事。
・多分、相手を自分より弱者(=ケンカになっても絶対負けないだろう)として、すぐに反撃体制をとってしまった事。手で払わないで除けれたはず。
・最初から自分が走って逃げれば良かったのに、それも癪だからしなかった事。
・おそらく孤独であろう者の、寂しさみたいなもの。

で。この一連の流れの中で、自分は一回も「腹を立ててない」んです。それが最もキモチの悪い「自分は正しい行いをしている、だから相手を成敗しても良い。しかも相手弱そう」です。すごく気持ち悪いです。

その日はずっと自己嫌悪でした。多様性を許す事ができない、身勝手な正義。あまりにも未熟で。

ただ、自分の身に着けている武術は、相手を屈服させるものではなく、相手を理解するものであるという教えは、すこしわかりました。解ったけど、やっぱ落ち込んでました。ダサいなぁと。

ダサいので、新月のせいにしました。頑張ります。
らばた定型

180904_bgs.jpg 
ようやくイベントラッシュとソレに伴う準備ラッシュが終わり、平穏を取り戻そうとしてなかなかとり戻らない高石です。今週末は親族ネタ、月末は天下一武術大会です。皆様いかがお過ごしですか。台風すんごいですね。キャノン子は例によって本文と関係ありません。キャノン好き!!

で、先々週の続きで、その「革命」についてなのですが(おお!)自分はとくに「作品を完成させる事」についての推進力はそれなりに高いような気がします。期日をキメて、逆算して、ギリギリのところまでは踏み込むけど、それ以上やると締め切りを落とす、という時はやらない。そう、「完成させるために」作ってます。

で。これは、「いくらよいアイディアでも、完成していないものは、無いものと同じ」という考えです。間違ってはないでしょ。でも、逆に「完成していれば、とりあえずはOK」という安易な考えに落ちてしまう罠でもあります。自分に「よしよし、オマエは完成させたな。えらいぞ」ってどこかで言ってるのかもしれません。これがたぶん、未熟な革命。あんまり革命感ないですけど、ソレですごいと思いこんでしまう=思考停止なあたりが、未熟で革命なんです。

そりゃあ、「自分の好きなものを描く」のは、同人において、とても重要ですし、自分は好きじゃないものを描けません。でも「好きなものを描いたからOK」というのも、ちょっと違う気がします。好きなものをただ具現化するというのは、思い付きを書きなぐったノートみたいなもので。自分しか読めなかったらダメでしょ。

ノートをあとから見返せるようにするには、どうするか?下書きをすればいい?ノートとる時に下書き?なんかソレも変な感じ。だから、自分は見返せるような「定型」を作ればいいと思うのです。たとえば、アイディアが浮かぶ=「お姫様が触手にやられて、気持ちよくなってるうちに国が滅んでしまう」とします。

アイディアメモの走り書きは、上記になりますが、これをそのまま作品にしたら、「お姫様を描く」→「触手にやられる」→「ラストシーンで国が滅んでる」になっちゃうでしょ。コレでもいい人はいるかもですけど、この道10年超ですよ。芸がなさ過ぎます。

で。先ほどの「定型」。らばた定型みたいなものはありますけど、それをここで書くと興ざめなので、うちがほんわかいちゃラブサークルだったとします。

定型は「いちゃラブを」をどこで、だれと、どのように、という質問に答えることになります。
「お姫様と、触手の研究者」が、「城の隠れ部屋で」「触手を使って」……的な。結局「いちゃラブを見せる」ことが、そのサークルの本懐なので、「国が滅んでる」という劇的なシーンでも、スパイス程度に使う事になります。結局、この定型ってのは「これは国語のノートです」みたいなジャンル分けに近いのかもしれない。だから、解りやすくなるし、余計な説明が要らなくなる。

今日の話をまとめます。「好きな事だからOK」ならば、それを「見返せる=商品として価値がある」モノにして、製作する事。その為には「定型=本懐」を明確に持つ事。これなくして「自分は本気で作ったからOK」などと、ぬかしこきまろしない事。

冬コミ、あたりますように。
プリイベント前でええええ
うぐぉおおおおーーー!!!むりーーー今年こんなんばっかじゃーーー(T△T) 日曜でひと段落です!!
ためらうことに 慣れすぎた素肌の上で 事件を起こせ
180823.jpg 


9月末にかけてほぼ全週末に予定が入っております高石です。リアジューですか?いえ、貧乏ヒマナシともうします。多分今年は、完全にキャパオーバー。でもやってしまえば何とかなるものだとクワトロ大尉もおしゃってたので頑張ります。そんなこんなで、挿絵はすみません、プリ本からです。また競泳水着か!!!すきなんだもん!!!!

新作、お買い上げほんにありがとうございます……!!その好きなものを描いてそれを売れるなんて、素敵過ぎる世の中です。嬉しいお言葉も賜りましたよ!あ、その、コミティアレポはまた、描きます。ガチ忙殺なうでして。

ただ、どうなんですか、イラストってのは本になってこそな気がして。デジ販売において、絵だけの作品には多少なりともギミックというか、ひとひねりがないと、お金を出して頂くという部分に物足りなさを感じてしまうのも事実です。

そうそう、DLコメントのほうにもご感想を頂けるのですが、具体的に書いてくださる方もおられて、とても栄養になっております。今回も「過程や台詞も見たい」というご意見を頂けまして。買い手としては、これはめっちゃ解ります。

自分は、えろ作品を買う時に、絵の上手さとかで買うのは「参考書」として買います。お手本ですね。エロい気分で見てません。でも、絵がつたなくても(お前が言うな)、その作中に流れる雰囲気というか、空気みたいなものが好きで買う時は「欲しくて」買います。ウチのウリは多分後者ですので、事件は会議室ではなく、読者さんの脳内で起こさないといけないのです。

今回は、自分が「競泳水着を描きたい」という所まで行って満足しちゃってる部分があるので、競泳ファン(どないやねん)の方にはご満足いただけたかもしれませんが、エロチックファンタジィとしては、脳内で事件を起こせていない分、マイナスはあったかと思います。ずみまぜん。

んで。次の作品ですが、マンガです。なんていうんですかね、もっとみなさんを世界に引き込みたいなって、最近強く思うようになって来ました。事件を起こしたいです。多分、描けるものの幅がちょっと広がってきたからなのかなって思います。作り手は毎回、溺れる寸前あっぷあっぷしながら作るので、完成というゴールの岸辺になんとかたどり着く事ばかり、考えてしまいがちです。でも、ちょっと余裕出てきたら、もうすこしエンターティメントできると思うのです。

つづく(まじ?)

次回、本気をタテにして。未熟な革命。お楽しみ下さい!(まじ?)


新刊買ってくださってありがとうございますーー!!!
180815as.jpg 

モロ趣味に走った作品なのに、買ってくださいましたご常連の皆様ならびに、ご新規の皆様、まことにありがとうございます……!!!今回、DMMさんのほうが少し発売遅れてしまいましたが、DLひいきめのらばたですし的な他意はまったくなく、単純に高石が回ってないだけであります。DMMさんすみませんでした……って謝らなければならないほどのダメージはないでしょうけど!どうも!弱小サークルです!!

あ、DMMさん、名前かわりまして、Fanzaさん。20%オフやってますが、これ、こちらの取り分は変わらないんです。割引の分、FANZAさんが泣いてくれてると言う訳で。これは企業努力ですので、ウチもOKだしてます。

でも、半額セールは、こちらへの卸値も半分になりますし、じゃあ平常価格で買った人は?ってことになるでしょ。そういうのは好きじゃないので、らばたは半額セールには乗りません。普段から安く出してるつもりですし。

あ、そうです、日曜は、コミティア行ってきます。新刊は、出る予定。ボディアーマーです。この後お品がいておきます。さらにプリキュア原稿進行中ですが……まさかの競泳イラスト集になりそうです……なんなんですかね。だって。好きなんだもん。

まだちょっとバタバタです。どたばた。
新刊、入稿終了しましたよーー!!
180807_s.jpg

いま、ファイルを送ってきました。タイトルは「ボディアーマー イン ダンジョン」です。絵の下にショートストーリーがある、内でよくやるカラー本スタイルです。今回はかなり修羅場でしだああ(T△T) 一応、コミティアに新刊出しますが、コミティアだと皆さんあんまり来られないので、通販もしくはDLをご利用いただけると!DL版の詳細もまたすぐにお出しします!

あ、でも、最近印刷所は修正厳しいから、もし修正でハネられた場合、間に合わないとかあるかも……うおおおこわっ(;゚Д゚)

そして、今回はこれで終わりではないのです。コミティア終了後、すぐに、プリキュアイベントが……!!!華麗に、翻すように、次の業務へ!!シュタタタ 
もっか
最後の追い込みであります……!!コミケじゃなくてコミティア125ね!! 一応新刊出します!!
キョウエイの夏。
180724sas.jpg

キョウエイと言えば愛知県の高校野球部を思い出します。嘘です。自分はすぐに競泳水着を思い出します。大好きだから。おそらく、表紙はこの子になると思います。

こういう感じの立ち絵とかは、自分はよくグラビアのポーズを参考にします。でも、着衣や細かいしぐさは創作になったりすることが多いのですが、彼女の場合は水着すらもそのまま模写状態です。この質感というか、水着感は見ないと描けないです。ええ。見てもろくに描けてないですけど。

あんまりこういう話すると興ざめな部分あるかもですが。普段から、自分が反応した写真は、特設フォルダに格納されていきます。そこからその子に、腰ひねってーとか、顔こっち向いてーとかして、絵を作り上げていくことも多いです。TVで、普通にニュースを読んでるキャスターのお姉さんのしぐさに反応することもあります。皆さんもありますよね。ね。ね。あ、でも何故か、人の絵には、あんまり反応しないんですよ。なんでなんですかね。描き手の手が入って、完成されちゃってるからかな。自分が、えろくしたいんですよ。自分の手で。

で。今回の本のテーマは、ずっと言ってますように、競泳水着です。ファンタジィの世界なので、ウチではボディアーマーって呼んでます(おお)。競泳水着のラインは、これ、想像で描くとほんっとにチープになるんですよ。なので、今回の資料は膨大です。美大受ける学生みたいに、カタチをとるところから始めています。線で見ない。面で見る。一発で決めようとしない。

で。この、エロ反応したポーズを、自分の欲望を乗せて実体化させていく……最終的には元絵とまったく別物になったりもするんですけど、エロのエッセンスはより際立って、自分にとって最高の一枚となります。この作業はたまらなく楽しいのです。ホント楽しいの。これ。眠る時間すごく短くなってるけど。外でたときにめまいすごいけど。

そんなふうに幸せな地獄を過ごしています。コミティア合わせで……いける予定!!?8月下旬!!どうかしら!!

暑いので皆さんおきをつけを……!
気づかなくってタメイキ出てて
180717.jpg 

あああつううううういいいいいですね。なんじゃこりゃーーー。皆様ご自愛ください。

タイトルため息ですが、いえいえ、なにかネガティブなことがあった訳じゃなく。この連休ですね、オクサマが常におうちにいらっしゃいました。この暑さですもん。一歩も外へ出ない宣言されておりまして。自分は例によって追い込み中。PCに向かってカシャカシャしてると「ためいきすごいね」って言われました。 

え?(;゚Д゚) ためいき?

まったくそんな自覚ありませんで。別にいやなことがあったわけでもなく、それはないだろーと思いつつもしばらく作業してると、やりました。フゥーーーーと、何の呼吸法だというくらい長いヤツ。あ。これか。そして何回か。うわー、こんなことしてんのかオレは。

おそらく、前傾姿勢の猫背になって、みぞおちあたりが圧迫されて、呼吸が上手く行ってないんだと思います。姿勢を正すと、出ない。みぞおちあたりが楽になる。なるほど。あ、わかった、これ、机が低いんだ。

たしか、「椅子に座って。肘を直角にして、その延長線にあるところが、机のベストの高さ」みたいなネット記事をみてそうしたんだ。でも、それだとどうも、自分には低いみたいです。机を低くするのは難しいけど、ふふふ。高くするのは何かを積めばよいのです、カンタン( ゚∀゚)ノ いま、わが社には常時在庫の板材(それもどうかと)のなかから、マッチするものを重ねて。天板面を6cmほど高くしました。おお、おなかが伸びる!

独身時代の以前ほどじゃないにしても、自分はそれなりにPCに向かってる時間が長いので、こういう姿勢的なものは、ちゃんとしないと絶対に致命傷になるんですよね。会社とかで他者の監視下で仕事をしてる訳でもないのがそれに拍車をかけますピシッピシッ。

そうか。そのままの姿勢で何年後かに内臓がおかしくなって、「いつの時代からやり直しますか?」って言われて今、戻ってきたんだ。ちゃんとやろう。おいしいものが食べられなくなるのはいやだーーーー!!!

えっと、ティア本、イキます。競泳です。イキます。描きたいの!!