「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
今日までのオレに。サヨナラをする。
何度目かの、アナログWAVEですが、今回はマジです。解っちゃったんです。九九が覚えられないからって、ずっと電卓で計算して、答えを出していたような気分。そのままこの歳になっちゃった。このままじゃ、「作業」が続くだけだ。間に合うかな。まだまだ、描き続けたい。

だから、次の本は主線、アナログです。決めた。ヘボくなるかもだけど、いや、多分なると思うけど、それが自分のチカラなんです。PCと液タブがなきゃマンガ描けないなんて。それは=描けないということじゃないかって。オモッテシマッタノデス。

修正とトーンはPCでやるけど。主線はアナログで。下手糞なら、実力を上げるしか、ないんだ。マシンやソフトじゃないんだ。
170817s.jpg 
絵を描くという「思考」 ~レペペ作戦追記~
こういうの、ほんとは買い手さんに見せるものでも無いんだけど。。。公開することで、自分へのクサビにもなるんです。読み込む必要ないです<(_ _)>

先日レペペ作戦を立ててみて、そのさらに踏み込んだ部分です。
レペペ作戦では「「下書きをなぞらない事」で、ペンいれ時のクオリティUPを図っています。また「下書きは立体のガイドにする、その作り方」も。いわば具体的な「作図法」です。

今回はその「思考法」の部分について、もう少し考えたので書き留めました。また、自分が「こうしているから、上手く描けないのではないか?」という所も考えてみました。

 170730sa.jpg

自分で分析しといてアレですが、自分の「こう描きたい」という部分の薄さに驚愕しました。「がんばって描いたから買って」みたいなものです。なんなんだ。お客さんは自分のお母さんではないのです。

それと上手く描けないから、「間違いたくない」「下手だと思われたくない」と、「技法書」に手をだしたりするのは、結構なリスク。あくまで「こう描きたいからその技法書を参考にする」という風に頭を切り替えないと。経験と自信が無いから、自分の考えを捨て技法書の言いなりになることで、それを自信にしようとするのは、「自分の絵を描く」ことにならない。

なお、レペペ作戦、なかなか順調です。自分の中に描画スキル貯金がじわりと溜まっていくのが解ります。最初からコレで描いていれば良かった……。 


「レペペ作戦」板タブでの描画方法についておぼえがき
経緯:
液タブから板タブに代わって「思ったような線が引けない」という壁にあたる。
→かといって、じゃあ紙なら上手いのかって言うとそうでもない。液で描けてた理由は「ソフトの力」と結論(知ってた)
→一度、自分の力=描き方を見直そう。

問題:「何がダメなのか洗い出す」
結論:「踏める階段を作ってない。大段をよじ登ろうとしない。きちんと、自分の上がれる階段を作って進める事」→「レイアウト→ペンガイド→ぺんいれ」名づけてレペペ作戦(なんだそれ

以下に、まとめ画像をおいておきます。170725_絵の書き方_01[1]

170725_絵の書き方_02[1] 

170725_絵の書き方_03[1] 

グレーでカタチをとってからの固有色を置く方法
今のカラー本で散々苦しんだので、その中でもシンプルかつ自分にとって重要なモノを記録しておきます。

ようは「影色になるグレー」を一発で置けないので、グリザイユに頼るんですけど、「置けない」理由は「色を作れない」(自分の持ってる絵の具と混ぜた結果が全然違う←地味にすごいストレスになる)状態であって、これはその解決法。目標としている色が「ある」時のこと。

でも、「色が解らない」バアイは、オーバーレイで置いて、テキトーに色を弄るのがいいと思うけど、その何個も試してやり直して、良いのを選びましょう的な描き方は、自分は、まだ、やらなくていいや。そんなに興味ない。

やっぱ時間かかるけど、たとえばキャラに6時間掛かるとして、「2時間でアニメ塗り完成して、でも、これだっせーってなって4時間かけて修正する」なら、「きっちり計画立てて6時間でゴール」と、結局おなじだべし。

1707013_gris.jpg 

カタチ。カタチ重要。すっごく重要。質感を。がんばれオレ。

◆レイヤー構成メモ
固有色(乗算80前後)/環境光(OV20前後)/グリ(通常100)


10枚のCGを描く時に
1枚1枚仕上げると、どうしてもバラつきが出る。後半の方が上手くなる。だから、まず全体を80%ぐらいに描いて、その後まとめて仕上げて、120%にして行くべし。そのほうがまとまるし、全体のクオリティも上がる。何より、完成する(大事)


*この「製作論」カテゴリーは、こうやって挿絵も無い短文のことが多いのです。今までノートやらテキストファイルやらにまとめてたのですが、結局ブログにまとめるのが一番無くさないという結論に至りましたのです。


→ と思ったんですけど、手の内を全部見せちゃうのは、エンターテイメントとして興醒めですね。エバーノートにします。キャビアのお母さんはチョウザメですね。このカテゴリーは、絵の描きかたとか、公開しても問題なさそうなのを載せてまいりましょう。(170608)
「ブログ絵なんかも、机に着いてから考えても、ダメ」

ということで、お絵かきの思考などもちゃんとまとめる事にしましたの。ここは、イラスト無しのことが多いと思います。

で、なんでブログ絵を続けているかというと、「上手くなりたいから」で。これがあることで、最低一週間に1回はちゃんと描くだろう、と始めたのに、時間に押されて、絵がいい加減になってしまうのはよろしくない。

何でいいかげんになってしまうかというと、「こう描きたい」が薄いから。「こう描きたい」があって→「こういう絵」になる。「絵を描かなきゃ」から始まると、そこに何のエンターテイメントも無い。自分にとっても、見る人にとっても。

ブログ絵を描く前に、決めよう。「今日のテーマ」を。

でも、テーマを決めて描くと、それは製作論にも派生して行きそうで、せっかくカテゴリ別けしたのにまたぐちゃぐちゃに。。。でも、コレをまとめて見返せるのはとっても有意義なことね。多分。
あ、これ読むなぁ……
 この「製作論」カテゴリを完全に忘れていました。先日お客さんに、吉里吉里っぽい方がいい!ってご意見を頂まして、吉里吉里格闘中です。製作面では、私の場合、もちろんFlashの方が慣れていますけど、文章を扱うのは吉里吉里の方がお客さんにとってたくさんいいことがあるかも……って感じました。    うちのFlashシステムは「本」をイメージして作ってるんで、文字が「ばん」といっぺんに出ますけど、いわゆる吉里吉里系のノベルゲームってテロップみたいに「タタタタ……」って流れるじゃないすか。これが思ったより読みやすい……。モニタで文字を読むの嫌いな私ですが、これなら読めるかもと!    お客さんが、楽しみ「やすい」、読み「やすい」というのは最優先されなければならないコトです。もうちょっと頑張ってみます。      
マンガ製作の壁
(★この記事以降、改行が無い文章が多いですが、ブログ引越しの時に、改行が全部トんじゃったみたいなんです。で、この記事は自分に大事な事が書いてあって、170303に改行入れました)

このカテゴリを書くのは久しぶりです。

 DL販売では、手数の多い割りに報われないのがマンガ(特にPDFなんかだともう)です。でも、私がマンガを辞めないのは、マンガを描ける人と描けない人では、製作のすべてにおいてスキルの本質がまるで違ってくると思って、かじりついています。

そこで、マンガ製作にあたってブチ当たった壁を覚書しておこうと思いました。

・アイディアの壁:28P以内で何を書けるか
・セリフの壁:書くことがあると、セリフは案外、無駄なことは喋らせられない。
・ネームの壁:どこまで詰めていいのかわかんない、どんな方法でやればいいのか?
・コマワリの壁:まるでわかんない。法則でもあってくれたほうが理解できるというものを。
・噴出し、効果線、描き文字の壁:どうやってかくんじゃ


それらを乗り越えてようやく

・作画の壁が出てきます。さらにそのあとトーンの壁が出てきます。

作品として完成しても、入稿の壁もあります。


最後には

・思ったより全然面白くないの壁

です。

 乗り越える「方法」さえ解れば、努力は惜しまないつもりですけど、そのやり方がわからないことばかり。でも、やります。私はマンガだーいすきって訳でもないのに、やります。

愛しぬけるポイントがひとつあればいいんです。ウルトラソォッ
愛のWAVE
 ちょっとこれ読んでください。いつもとは違う文の書き方で書いてみたんです。    「彼女は森の小道を歩いていた。背の高い杉の木が両側にそびえて、奥へずっと続いている。頭上遥か高くで、杉の緑が光を透かし、地面にまだらに光を落としていた。夏の暑い日ざしの中でも、森の中はひんやりと感じる。すこし水分を含んだような冷たい空気が、半そでの腕に心地よい。」      で……。
エロさくひんの方程式?
 私は勝手に、DLで受けるのは「エロばっかりのもの」と思っていた。コミケで売られているようなエロばっかりの同人誌は、導入なんか1割も無いものが多い。意味もなくヤッてるのとか。どっちが先か知らんけど、同人も商業も、そんな感じがイイって思ってるみたい。    でもコレは本来、二次創作だからこその手法で、「エロじゃない場面」を熟知しているからこそ、エロばっかりが通用するのじゃないかしら。    じゃ、アダルトビデオは?女優さんのエロじゃない場面なんか、知らないじゃん。この場合、ぶっちゃけ、女優さんのキャラクターなんか要らない。コスチュームやシチュエーションでこっちが勝手に脚色するもの。    でも、考えてみれば、アダルトビデオのエロがすきなら、そっち行くんだよね。そうじゃないから、同人があるんだよね。AVが「体、見た目命」に対し、こっちのは「OO」が命なんだろ・・・?とりあえず代入値Yとして、   αρe=-divJ だから J= -√ gradTと表されるでしょ、そこにAV(Y);DL(Y)とし、 お客さんへの伝導率をA/(cm・K)として利用すれば ape/at Cv aT/atになるから……  そっか、CV/At/ρat=-DivJ=-div(-λgradΤ)=λ⊿2T ってことじゃね!?     おお!!そうか!!そういうことだったのか!!                               んなもん解るかぼけぇー