「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
アウウウウッ!!
100528.jpg  月内販売開始を目指し、ちょーがんばって新作やってましたけどそんなにクロスプレーにならずにアウトでした。月曜から思わず夏風邪でぶったおれ、毎日ポカリの離せない生活でした……。何でこんな時にちきしょぉ(T_T)    でも、おかげでもうちょっと作りこめます。いつも滑り込みになりがちなので、カミサマが「オマエいい加減にちゃんとやれよ」ってお灸をすえてくれたのかもしれません。    今回の製作麺でのテーマは「実際の使用に耐えること」です。いいオハナシを作ろうとするあまり、「これ、どこで使えばいいの?」になったり、ソフトとしてまとめようとするあまり、なんとなくイイコチャンにならないようにつとめています。もっとスレッジに。もっとシュピーンと。    ああそうさ、オレは切れたナイフだぜ?(出川のてっちゃん風味)        
うおおおお!!月末滑り込み!?
100522.jpg 新作製作中で、今現在登録にのるかそるかってとこです。まだ間に合います。3ヶ月かかって結局、今私がやろうとしているのは普通のCG集の感じです。お話もかなり、あってないようなモノです。迷い道回りまわって、この方が絵がエロくなると言う結論に達したんです……。結局それかよとかいわないで下さい(T_T)。    主役は女戦士なんですけど、今回は和姦ではなく、女戦士がかなり可哀想な目にあってしまいます。泣きながらヤラれちゃうようなモノになりそうです……自分でも何故か解らないんですけど、女戦士のような強い女は泣かせたいみたいなんです……まったくもってひどい人間です私は。    詳細はまた決定次第発表させていただきます。では作業に戻らせて頂きます! (゚-゚)ゞシュタッ        
こういうのきらい
100518.jpg 平日なのに日誌です。ショート版です。今日、電車に乗ってて、何気なく隣の学生サンの読んでたジャンプかマガジンかを覗き見てたら、こんなヒトコマ(多分次週へのヒキゴマ)がありました。もちろん、セリフはスカイツリーじゃなくて、他のキャラへの勝利宣言みたいなのでした。(挿絵、クソ生意気なガキに皆さんに向けてユビサシなんかさせてすみませんm(_ _)m)    なんか、こういうマンガ苦手だなーって思いましたです。でも最近目立つのは、こんなマンガ多い気がします。学校が舞台で、主人公とすごい強いのが居て、それがいろいろキメ台詞を吐くシーンが続いてるってマンガ。でもさ、セリフで説明しちゃうんだったらさ、小説でいいじゃん。ねぇ。    今の学生さんたちが、今のラノベや深夜アニメみたいなイケイケ行ったきりのマンガばかりを読んで、これがマンガなんだ、これがエンタメなんだって思っちゃったら、今後もそんなのばっかり増えちゃうじゃないすか。そういうの、やだなー。ねぇ。    単行本になる漫画は、消費コンテンツになってほしくないなぁ。大事に、本棚にとっておけるような、そんな漫画がいっぱい増えて欲しいな。   今、はなげひっぱったら3本いっぺんに抜けました。泣いてなんかない    
懐かしい気持ちって、居心地は悪くないものです。
100407.jpg 先日、ジョニー・デップから電話が掛かってきて、「やあ、明日から撮影に入るよ。全てのスタジオとスタッフは君の思い通りに使って欲しい。アンジェ(アンジェリーナ・ジョリー)も協力したいと言っている。制作費やギャラの心配は一切いらない。とびっきりのシナリオを書いてくれよな」って、もし言われても(「もし」なら先日って書くなよ)、私には何もできないことに気がつきました。    これは、「ボクはアイディアは持ってるし、発信したいこともある。舞台さえ、装置さえ用意して貰えれば、きっとすごい作品が出来るんだ」という妄想を打ち崩すのに充分なもしもボックスでした。    
日本の夜明けとえろ同人サークル
100509.jpg 男なら誰でも、一度は歴史の登場人物の生き方に共感を受けたりするものではないでしょうか。先日の夜、坂本龍馬の特番をTVでみましたが、同じVTRを何度も何度も何度も何度も流すので、途中で眠くなってしまいました。最近、TVはオンタイムで見ることは少なくなり、録画して、あとでCM飛ばしながら見ることが多いのですが、珍しくオンタイムでみてしまって、ああやっぱり録画でみればよかったと後悔してしまいました。    今日のお話は、なんとなくそんなんです。今日の挿絵は、私のとても共感する歴史上の人物、ドズル・ザビです。      
コミティア92(一般参加)
 カテゴリに「イベントレポート」を新しく作ってみました。そんな細かく分けてもアレかもですけど、自分の覚書にもなるかなと思いまして。    現着が12:00頃で、16:00時間いっぱいまで居ました。拡大スペシャルだったこともあり、やはり参加者は回を追うごとに確実に増えているように思います。ただ、私の目がこなれてしまったのか、平均レベルがすごい上がったのか解りませんが、みんなソコソコ描けて(←おまえがゆうな)いて、みんな同じに見えてしまいました。あのなかで目を引くのは大変だ~。今回買った本はゼロでした。    それと、今回はオトモダチと一緒にいきまして。その人は出張編集部に突撃しました。          
問題解決の方法を知りたければ……
100503.jpg 渡辺真理さん可愛いなぁーーーー!(ぇ?)私の四つ年上ですがまったく問題なし!!(ぇ?ぇ?)GW真っ只中ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。カレンダーとは関係なく、毎日がGW(ぐーたらウインブルドン=意味不)の高石です。結局先月、新作を出すことが出来なかったので、どうしても今月は出すぞー!と意気込んでおります。こうやって没作品は溜まってまいります。でも没作品はある日突然サルベージ(=ひきずりあげ)ウィークに突入するので、いつか皆様にごらんいただけるチャンスがあるやも知れません。そのときには、ごらんいただける状態にまでなった折には、どうか是非ともよろしくお願いします。    さて、本日の日誌は「粘土板」についてのお話です。そうです、小学低学年で使った、あの粘土をこねる板のことです。