「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
何故かのコミティアレポート!

100830.jpg 「まあ!お待ちしておりました、どうぞごゆっくり過ごしていってくださいね」

   一昨年前の八月、あの避暑地で出会った一人の女性は、いまだに僕の中で微笑んでいます――そんな思いにかられてみたい、夏の終りを微塵も感じさせない8月エンドですが、皆様いかがお過ごしですか?今日は何故か行ってしまった猛暑の中のコミティアレポートです。    私はいろいろずるい人間なので、「OOOの為に」でなければ動かないタイプです。買い物も「OOOを買いに」その場所に直行して買って直帰します。だから女の子の、「街へ買い物」が理解できない人間です。そんなんなのでコミティアも「OOOを買いに」でなければ行かないハズなのに、予定も無いのに、あの場所だけは行ってしまうんです。    最初はちょっと、変な義務感みたいなものもありました。買い手がいなきゃ、私たちは存在できない。だから、今日コミティアで頑張ってるヤツら(←最敬称)にとって、今日は俺は買い手になってやろう、そして面白いものがあったら面白いと言ってあげよう――よくわかんない義務感です。それにそんなんで褒められたって、売り手としたら嬉しくないでしょう。でもそれがいつの間にか、突然飛び込んでくる不思議な刺激というものに変わっていきます。想定外のハプニングというか、うおっ!何これ!を期待している自分が居るんです。    パソコンなんかの世界にいると、自分の好きなもの以外は見なくても生きていけるじゃないすか。逆に、好きなものかなって思ってクリックしたのに、好きじゃないものが出てくるとイラッとするじゃないすか。私は長い時間その世界にいたことで、自分の想定内の世界しか認められなくなっていたんだなぁって、よく思います。コミティアはそれをぶち壊してくれるとこみたいで、自分の住む世界狭さと、まだ見ぬ広い世界に冒険を感じさせてくれる、そんなとこなのかなって思います。全然レポートじゃないですが、私にとってコミティアはおいでファンタジー好きさミステリーな場所のようです。     さてさて、以降はお返事です♪ >>アウさんへ☆(←お客様を略すな  

 

拍手の方にコメントいただきました。
あのっ、どうも高石です……えっと、あの、これなんのドッキリでしょうか……?あの、その、身に余る丁寧なお言葉、ありがとうございます……m(_ _)mm(_ _)m

嬉しくて200回くらい読み直してヘラヘラしてました。 以下にお返事です。

  >> A型のアウラさんスキーさま      
すぴばるはじめました
100823.jpg やらなきゃいけないことがあるときほど、他の事に対して興味が行き、しかもその今じゃなくてもいい事程新しいアイディアが沸いてしまうのは、いわゆる心理学で言うところのユーガッタチャンスってやつなのでしょうか?(心理学じゃねーじゃん) 夕立も無い暑き日が続く関東平野ですが、皆様いかがお過ごしですか。そう言えば今年「電力量が不足します」のCM無いですよね。この暑さでクーラー我慢したらヤバいから無いのかな……?    暑さの件は森田さんにお任せして、WEB拍手の会社がやってる「すぴばる」というのをはじめてみました。日誌に右側にあります。ツイッターみたいなのみたいですけど、ツイッター自体解らないので似てるかどうか解りません。ただ、絵を変えられるので、オトモダチコミュニケーションというより、表示コンテンツとして楽しんでいただけるかなと思いはじめてみました。    それと、「敗北の聖鎧衣」に、DLサンのほうでコメントいただきました。ありがとうございます~m(_ _)m    
灼熱の戦場、C78レポート

100816.jpg なんですかこの気温は。みなさま生きておられますか?いよいよクーラー付けました高石です。もうだめです。脳に酸素がいっていません。まったく頭が回りません。    そんな中、昨日の日曜は聖地ビックサイトへ行ってまいりました。お友達のゴロちゃんの所に委託させてもらいました。お買い上げくださいました方、ありがとうございますm(_ _)m 

 

 ぶっちゃけ、一人じゃない売り場って初めてです。やっぱ一人じゃないってイイですねえ(T_T) お友達と行くコミケって売り上げなんか二の次になっちゃうっていうの、よく解りました。すげー楽しかったです。    ただ、もう、本当に暑かったです。売り手は椅子があるから座れますけど、買い手参加の人は、あの暑い中歩きっぱなしでしょ~!? あれはもう、なんか、修行とか筋トレとかダイエットとかって考えないと無理ですよ。実際私も、1日で3kg落ちてました。やばい、これは爆食しないとヤられる……!と思って、いまトーストにゆでたまご三つ乗せてマヨかけて食べたらちょっとオエってきています。三つはナイ、三つは……。    で。おかげさまで今回はゆっくり会場を見て回れたので、いろいろなサークルさんの作品を見て「それっぽい絵柄」について考えて見ました。で、何となくそれっぽく描いて見ましたのが挿絵です。こういう感じのキャラのポスターとか、のぼりとか、ありそうだよな~って感じで描きましたが……でも、うちのエロには合わないすよね。もっとクドく、もっとジャンクに。うちはファミレスになっちゃダメなんです。個人経営の中華料理屋で、いつ行ってもおやじがTVみながら新聞読んでるのが希望です!ああん、タトエがわかんない!   もう!明日申し込みする!Webマネー買って来ました!冬は忘れない!忘れるわけにはいかないんだ!いくぜC79!みんな!今年も武道館で会おうぜええええ!

(はい?    

えええええええ!!

    今回C78なの!?       もう印刷しちゃったよ……全部「C79夏!」って描いてあるよ……orz あああもうなんてバカ石

なんと2010夏コミ情報!
今年のコミケはおもいっきり申し込み忘れと言うバカッぷりをしてしまいましたのですが、お友達サークルさんに便乗させていただけることになりました!   便乗させていただくサークル名は恐竜の卵 さんです。   考古学のサークルではありませんし化石も発掘しません。以前、コミケでお隣になりました異種姦系サークルさんです。   住所は 三日目(日) 東6 タ-17aです。   らばたの販売物は最新作(敗北の聖鎧衣)のCD版ですが、お釣りレスにするために¥1000になります。なので、何か詰め合わせのコミケ特価になる予定です。いらっしゃる方は、暑くなると思いますので、充分お気をつけていらしてください。ジュース自販機なんて、売り切れか、投入直後で冷たくないのどっちかですから、水分は必ずご持参を……!
ファンタジーの為のファンタジー
100809.jpg 本日ミメイ、関東では雨が降りました。現在ところどころ青空がのぞいております。ちょっと涼しくて助かりますネ。この。のぞく青空は、いつもより明らかに彩度が高く、本来の青ってこんななんだなぁとおもったりしちゃったりの高石でございます。皆様いかがお過ごしですか。    ちょっと、思うところがありまして。「ファンタジーを描く」ことがらばたの一大テーマなんですけど、私の思うファンタジーって、多くの場合、命のやりとりが必須なんです。私の中では、モンスターなどとの生きるか死ぬかの戦いが、結構重要なファンタジー要素を占めています。なのに、それとヤッちゃう、しかも喜んで、ってのが、多分上手くお話にならない大根源なのかなあなんて思います。    ただ、今まではお話を作るのに、私のやり方がマ違っていたのでわないか、ということが最近わかりました。絵もそうです。    以前は、なんというか、デッサンのためのデッサンをしていたようで、描きたいものを描く為のデッサンではなかった気がして。だから、「何故こうなるんだろう?」ということばかりに気を取られすぎていた感があります。    だから、描きたいのは、モンスターとやっちゃうとこだから、まず、描いちゃえば良いのか、なんて思うようになった今日この頃です。すごい普通のことなんですが、こういうことがA型は解らないんです。わあい、なんてめんどくさい性格!      ああっと!、コミケ、3日目にオトモダチサークルに借り暮しのアリエール(洗剤かよ)参加します!詳細のちほど!
日誌に拍手(コメントページ)つきました
 この日誌の右側「おしながき」の下あたりに、緑色の  コメント画面へ  というボタンがございます。これはオナジミの方にはオナジミの、WEB拍手を利用したコメントページへの入り口です。いままで日誌にはついていなかったのですが、今日設置しました。    そして「らばた談話室」が閉幕しました。実は先々月ぐらいにエロ系の業者さんが(しかも手書き)、こんな僻地までいらしていたのです。そのままブロックしっぱなしなの、すっかり忘れていました。もともとお客様とのコミニュケーションを図るWEB拍手の代わりでした。拍手が復活したので、こちらの方で、という方向です。談話室へ頂いたご意見は、全て保存させていただきました。ご意見くださいました方、ありがとうございましたm(_ _)m    毎日暑いですが、皆様、お体ご自愛なさいますよう……
水の事故にお気をつけ下さい。
100803.jpg うおおおお!もう8月!もう火曜日!夏って時間が早く感じるのは、夜がなかなか来ないから?一週間と二日ぶりのご無沙汰です、あなたの高石です(誰のだって?    昔、あたしがプールの仕事をしていた時、その時の上司に「小プールで大人が溺れる危険性はあるのか?」と質問したところ「ある」と答えられました。    そのシステムはこうでした。「大人でも、ワニー!とか遊んでいて、なんかの拍子に耳の中の三半規管に水が入る→平衡感覚がなくなる→強烈なめまいのようなパニックに陥る→自分は水面に顔を出そうとしているのに、上が解らないから一生懸命水に顔を突っ込む→溺水」    三半規管にダイレクトに水が入るときってよっぽど驚いたり、入り口がガバッって開かないと入らなさそうだけど、なんとなく怖いな~と思わせるシステムでした。プール業界には「バケツいっぱいでも人は溺れる」という名言(迷言?)があるのですが、その裏づけであるとのコトでした。    と、こんなことを書いている時は新作製作の時間がとれず、新作情報をお伝えできない時です。大きなおっぱいのヒトを描く時は、明らかに欲求不満な時です。    ある日突然、黒田美礼がウチにあそびにこないかな~(ちょい懐