「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
だから歩いて~帰ろう~
110628.jpg 新作(?)をお買い上げくださいました方!お気に入りにお入れくださっております方!ありがとうございます&ありがとうございました!! 
 また、DLさんのほうにコメントをお入れ下さった方!あなたがたを同志と呼ぶことをお許し下さい!わほほほい!(わほほほい?)

 じつわ、売り上げ爆死覚悟していました。ヒトケタ、いや、ゼロあるぞコレぐらいの勢いで。初めて見る方にはあまり気にならないのかもですが、描き手として、3年前の作品をリリースするのはそれなりの勇気がいるものなんです。

 じゃあ、出さなきゃいいじゃんってことなんですが。聞いて。ねぇ聞いて。ちょうど登録しようとしていたあたり、ほんと、製作についていろいろ詰まってたんです。で、なんで昔はそんなに詰まらずに(詰まってたけど)出せたんだろうと、昔の作品を見直していました。特に本は、PCつけなくても見返せるので、何度も読み返していました。

 で、こないだの日誌にも描きましたが、今は、完全に製作のスタンスが違っていることに気がつきました。上手く言えませんが、私はどこかにあるようなものを作って、多くの人に褒めてもらおうとしていたかもしれません。

 らばたは、ガッツリとしたエロティックファンタジーが、ありそうで、案外無いということで自分が見たくてやり始めたものなのに、それがアリモノを追いかけようとして葛藤があったのかもしれません。アリモノのほうがたくさん売れるんじゃないかと思ったんじゃないかなと自分を推測してみました。自分がいちばん、自分を解らないものデス。もう二度と「自分のことは自分がいちばん知っています!」なんて気取り台詞は言わないことにします。

 サンクリに行ったことも、良かったのかもしれません。もはや以前の盛況は感じられない会場でも、私はとっても絵の気に入った作家さんに巡り合えました。検索でもほとんど引っかからないし特にHPとかも無いそうですが、今いちばんめくる回数の多い本です。そのイラスト見てると、ドキドキします。

 コレ、コレですよ。自分だけの宝物を見つけた感じ。私は、ここに来てくださっているお客さんの、そういう存在になりたいんです。……って、あれ、この記述の冒頭が「何故既刊を出したか」だったのに。何故出したか。その理由は、絵や構成がヘタクソでも、描きたいのは充分ココにある、って気がついたからです。これぞ同人感。大好きな世界です。


>>そしてお返事アウさまーーー!
新作情報
 「異種蝕悦」

熱帯夜から開放された日曜日です。DLさんから発売開始されました!内容については、DLさんの紹介文や、HPのTOPページをごらんくださいませ~m(_ _)m。
 本作品は、高石最初の同人誌です。それまでずっと文字をやってきた人間が初めて漫画を描くとこうなっちゃうという良い見本で、テキスト数がとにかく多いです。(でも、その分、漫画にありがちなサクッと終っちゃう感はやわらいでます)。
ただ、ちょっと古い作品なので、絵柄がアレです。らばたマニアの方にはお勧めいたします。

* それと、ご意見いただきました「ニプルファックばっかりよりホンバンのほうが……」についてです。天野様コメントありがとうございました。らばたはニプルファック多いですけど、あくまでホンバンありきでございます!ホンバンの快感にトッピング状態でございます。サーティワンのアイスと一緒です(あんまり食べたことないけど)!
いつも買っていただいてありがとうございますm(_ _)m 「使えた」って言って下さるのはいちばん嬉しいです!
水族館ももうじき復活ですってサンシャイン
110621.jpg 蒸しタオルの気分がよくわかる昨今ですが、皆様いかがお過ごしですか?こんにちわブライアン・アダムスですすみません、完全に今ふっと浮かんだだけです。

 今日の挿絵は、引越しとかの養生用シートにアクリル絵の具で描かれています。たぶん、いきなりアクリル載せてるのでしばらくしたらベロべロはがれちゃうので、この下書き状態から上に絵の具が乗ることはないと思います。練習用です。でも、大きいキャンバスは高いので、大きい絵の練習にはちょうど良いので時々使っています。

 こないだ日曜はサンクリ行ってきました。サンクリといってもサンデーもクリスタルは営業中ではありません(ドコすか)。 でも出掛けにお財布忘れたサザエさんをやっちまいまして、到着が2時すぎ、既にフリー入場、帰宅サークルもあるような状態でした。

 サンクリって数年前に名簿流出の事件とかあったらしく、大手サークルさんがあんまり来なくなっちゃったと聞きました。それが波及したのか、私の到着時にカタログもばっちり売れ残っていました。会場の印象も時間のせいか、スーパーグダグダ、机の向こうでモンハン大会の文化祭以下でした。頑張って売ろうとしているサークルさんもいらっしゃったので、ちょっと可哀想だなぁとも思いました。

 そんなサンクリの「創作ジャンル」はもう、あったのか無かったのか位の勢いで、カタログを見てない私としては気がつきませんでした。でも。やはり。私もサンクリに出てみようと思っています。理由は前にも描いたように、数ではなく、少数の人でも届け(き)たいと思う気持ちが強くなってきたからです。とかいって、多分、創作でもエロでもないかもです。また、根性キメたら、ここに詳細書かせていただきます。

 新作についてなんですが。実は以前から時々コメントを頂いていて(といっても数通ですが)。2007年のらばたの最初の同人誌を、夏のコミケに出そうと思って修正していたんです。が、思いっきり落ちまして。さらには「コミケなんかいけねーよバカー」という声も時々頂くようにもなりまして。DLで出そうと思います。

 あれはもう二度と世に出さないつもりでしたし、そう公言してきたのですが、漫画をやるにあたって見直してみました。絵とかはもうヒドイのですが、確かにここに何か、ギトギトとしたエロい思いが渦巻いています。異種族との交流の、はっきりとしたひとつの形や理由が書かれています。コレは多分、月内いけると思います。こちらもまた、詳細発表させていただきますね。


>>でわでわアウさま、お返事でございます。
惚れさせ
110614.jpg いよいよ、TVをほとんど見なくなりました。皆さんはいかがですか?いいつつも、タモリ倶楽部とふしぎ発見は録画しております高石です。

 TVが無くて一番困るのは、家で取るひとりでのさみしんぼ食事時です。なんか、TVを見ながら食べるというありがち中流家庭特有のクセが抜けなくて。コンビニでオニギリでも買って公園にでも行けばいいのでしょうが、PC作業中だとそうもいかず。行ったきり帰ってこない自信ありありです。

 で。もう、見るのってニュースぐらいになっちゃうでしょ。だから、アイドルとかもニュースにねじ込んでくるしかないんでしょう。先週の民放ニュースで聞いたことは「いまや国民的行事となったAKB総選挙」、あとは「実は水を止めていなかった原発」、「復興支援の為に大連立へ向けて」。

 まず、AKBの人たちのイベントは国民的行事じゃないですよね。選挙とか知らなかった私は非国民です。水を止めたかどうか、もうこうなっちゃってますよ。大連立も無くたって支援できるでしょ。まるで「大連立しなきゃ支援できない」みたいに言っちゃって。TVって、ちょいちょい洗脳キーワード入れてきますよね。

 社会派気取ったグチはこのくらいにして。えっと、苦節数年。やっと解りました。同人製作の真髄です。結構この手の「見つけたぜ俺!」話はよくここにかきますが、今回は技術論ではなく、「エロ同人作品を楽しく作る方法」です。ああ、過去の私に教えてあげたい。「何を作っていいのか?」「絵のエロさとは?」「物語とは?」「エロチックファンタジーとは?」「お話のシノプシス」と……

 ふふふふ、バカか? あほかっちゅうの。そんな分析している暇があったら作品つくれっちゅうの。

でも、1つだけカッコイイ答えを思いついたから、それはここ書かせて。思い上がらせて。



「エロチックファンタジーとは?」 


    = 私の作る作品じゃないかな



 きゃーきゃーきゃー!痛い!こいつはイタイ!でも痛カッコイくないすか!聞いてくれる友達いないの!だから許してネ!


>>ということでアウさまお返事です。ご無事で何よりでございます!

私信:コメントお返事
>>アウさま
うおおおお、大丈夫ですか?びっくりしました!何事かと……。ゆっくりお休み下さい。ポカリをでっかいペットボトル3本、1日で飲んでください。体が資本です。ご無理をなさらないように……
恋愛革命2011
110607.jpg 時々「今、これをやったら絶対マズイよな」と思い始めると、どうしてもやりたくなることってありませんか?先日、脳内でその行為とリスクを天秤にかけている間にどうしても押さえられなくなりまして、駅のホームで、ラブレボリューションの最初の部分をほんの少しだけ、一瞬だけ、踊ってみました。どうやら誰にも気付かれなかったようです。ビクトリーです高石ですこんにちわ。ウォウ、オ、ウォウ、オ。

 コミケに落ちたのは残念なことですが、人が成長するには挫折や失敗、敗北感を味わった時だけだと信じているので、この不合格通知は私に何をもたらすのかを正面から受け止めてみようと考えて見ました。そして、コミケオチを見た瞬間、何を思ったかというと「サンクリ出よ」でした(あれ?正面?)。

 サンクリとは、サンダルをはいたクリリンの略ではなく、サンシャインクリエイションという池袋で行われる同人即売イベントです。出展サークル数は2000弱で、規模的には平時のコミティアよりちょっと少ないくらいです(5月コミティアだけは拡大SPで3000ちょい)。何回か一般参加で行きましたが、ほとんどが男性向けで版権ばっかりです。創作がほとんど売れない感はビシバシです。

 そんなとこにウチが行っても売れないのは解ってるんですけど。……いえ、私がまさかこんなこと言いだすとは思いませんでしたが……、本をやるようになって「読んでくれる人に届けばいい、届けたい」みたいなキモチがすごく強くなってるんです。たくさん売れなくっても、HPやDLの方にコメントくださる常連さん達をはじめ、ネットのかたすみで出会えた閲覧者のみなさんが楽しんでくだされば、結構満足じゃね?って思うようになってきまして。それがもし他の方にも受けるならそれはそれ、後からついてくるものだと。

 でもそれは歯医者の、ちげ、敗者のいい訳だという自分もどこかにいるのですが、より多くの人に受けたいと思うと、どんどん制約が増えてくるような気がして、結局また作品を出せなくなったりして。ウチって、多分他よりもちょっと変わった事してるかもしれないので、これが嬉しいって言ってくれる人に届ければいいのかな、なんて。だから、サンクリでも、まだ出会えていない、我々と同じへんたい性癖を持つ誰か一人に出会えれば、もう大成功じゃね?って。もしそれを敗者と呼ぶのなら、望んで敗者になりましょうと。

 デジタルでも、そういう気概がない訳ではないのですが。本って、製本費や参加費などのお金のリスクがでかかったり、つまんないと目の前で付き返されたりするあの感覚の中に何故か「生きてる感」みたいなものを感じるようになってしまいまして。この中で製作を行うことは絶対にデジタルにプラスになると思うんです。

 で、ですね。とりあえず今度のサンクリに、久しぶりなんで様子を見に行ってまいります。また、行ってみて思い直して、ここでサンクリとかマジありえねーしとか言い出すかもしれませんが、計算高いタイプと言われる(のか?)私の中にも、泥臭く、届けたい「モノ」なんてものがあるんだなぁと実感できたのは、これがホントのコミケオチのオチとなりまして。お後が宜しいようで。え?。チャーザー村より高石でした。


>>お返事はアウさまでございます。

2011年 夏コミ抽選結果。
110604.jpg


 神様、私の何が、お気に召さないのでしょう。自分勝手なところですか?それとも気分屋なところでしょうか。とにかく今年の夏は、「らばた工房」落選です。

 夏冬夏冬の4連続オチかと思ったのですが、2010年の夏は応募し忘れてるんですよね。だから連続オチは2010冬からの3連続ということになります。でも全部お友達のゴロちゃんのトコにお邪魔さしてもらってますけど。

 で、クサりながらCGやってたら、イラスタも今、落ちました。2時間ほど刻が戻りました。CG彩色で一番面倒な作業は「レイヤーごとの塗り別け」かなぁと思うのですが、私は下のレイヤーから投げ縄でバコバコ囲んで上がっていって、今度は上から周りを削ってくる派です。これが最速かなぁって思ってます。刻の流れの激しさに、立ち向かっているんです。ひたすら夜を、飛ぶ流れ星。急ぐ命を、笑いますか。もう少し、刻が、優しさを投げたなら。Say,MarkⅡ。