「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
大好きな君へ。
121031.jpg

 冒頭からすみません。こんばんわ、ポエマー高石です。まず、詳しくない方に。今やってるプリキュアが「スマイルプリキュア」って言うタイトルです。先日、次回のプリキュアのタイトルがなんかで発表されたらしく、「スマイル~Ⅱ」的なものではないのだそうです。僕はこのスマイルからハマったので、これがどういう意味なのか詳しく解りませんが、多分、今のみんなとはお別れになるのかななんて思って、とても切なく感じています。

 まあ、いい年こいたオヤジがプリキュアのお話で一喜一憂、いや十喜十憂してるのもどうかと思いますが、日曜日にれいかに会えないなんて。もはや日曜日が来る必要性さえ感じません。僕どうすればいいんだろう。今後、数ヶ月をかけて、最終回へ向けて、心の準備をすればいいのでしょうか。あまりの動揺からめったに描かない百合を描いてしまいました。なおなら許せるので。

 頑張って他の話をします。今月ずっとやってたCGなんですけど、クリペというセルシスの新しいCGソフトを使っています。イラスタの後継機種になります。ただこのソフト、スキャンから読み込めないし、CMYK未対応(もうしたのかな?)と、ちょっとまだ未完成な部分があり、イラスタで出来ることがクリペで出来なかったりします。

 また、僕はショートカット大好きなので(髪形ではなく、キーボード)CGソフトは随時ショートカットを増やしつつ、使いやすいようにソフトを育てていきながら製作します。これがまだ大きな変更があるかもしれないソフトだと、せっかく育てても振り出しに戻らされる可能性があるので、いまいちのめり込めません。コミスタは多分、新しいソフトが出ても数年現役だと思うので、問題なく使えるのですが。

 どうせ、無かったことにされるのなら、最初からやらなければいい。どうせお別れが来るのなら、好きにならなければいい。じゃあ、れいかに会えなかったほうが良かったのか?それは絶対にいやだ。じゃぁどうすれば。どうすれば。うわーん。

 とりあえず、もうじきコミケ発表。受かれば大急ぎでマンガ製作に路線変更になります。堕ちればこのままCGを。数少ない友の皆様、どうか、らばた工房が受かるようにお祈りしていて下さい。
安西先生、オレ……
121014 のコピー

「エロ絵が描きたいっす。一枚絵だけじゃだめなんす。連続した一定の時間を見せたいから、一枚絵だけじゃなくて、連続した……作品にしたいんす……」 「そうですか、ほっほっほっほっホーホゲギョ」

 気がついたら西川のりお先生に話しかけてしまっていたという昨今ですが、皆様いかがお過ごしですか。先日のプリキュアの話をしたいけどおさえている高石ですだって大人だから。えらいぞあかね。というか、ほんとなんです。時期的なものか、過ごしやすくなるからか、カラダがえろモードに突入するみたいです。描きたいエロ絵がわんさか沸いてくるんです。

 これはえろ同人屋にとって良いことなのです。んが、そういうときに限って他の要素が邪魔をします。ああくそ、爆乳のお姉ちゃん描きてえええええ!!!モンスでぐじゃぐじゃにしてえええええ!!!すみません取り乱しました。

 とりあえず、数少ない友の参加するコミティア用原稿の寄稿。これは切羽詰っています。そして週末にも動かせぬ幼児がいや用事が。山のフドウ!は?それに、思いついてしまった秋の模様替えとオレ専用スーパーサイドデスクの製作(←こういうのもう大好きなんです。材料代のほうが結局高くつくけど)も。

 ……ということで、やっぱり新作は月内無理でした。毎度嘘つきでごめんなさい。ちなみに新作は、モンスターを自分のベッドに連れ込んで欲ボウを求めまくる女たちを描いてます。人恋しいこの時期に合うでしょ。ボツらないで製作はこのまま続けていきますので、どこかでは出せるカト。

 それと、前回の日誌で書いた、人とのコミニュケーションが何たらとかなんですが、その後も交通事故的な理不尽さで降りかかる災難、ほとんど人から受けるモノが続いています。相談したいことがあるといって、キレられたりとか。相談じゃねージャン。なんか、人と繋がりたいけど接し方が解らないから攻撃という手段を用いてるのかなぁぐらいに感じますストレス社会。しかしなにゆえターゲットがあたしなのよ。コレも季節なのかしら?

 で。10月はそんなことが多かったのですが、じつは、今月の初めに大きな鏡を買ったんです。ナルシスト用。うそ。体型があまりにもだらしなくなってきたので、ちゃんと全身映るように。知人が、鏡はカバーかけなきゃダメだよとか言ってて。運悪くなるとか。そんなのブッチしてたのですが、そういう運勢的なものなのかなとも思うぐらい事件が続くので、とりあえずカバー買ってきます。電動ドリルとかノコギリが使えるものなら自作しますが、縫い物は全くダメなので既製品を。

 でもカバーかけたら最後、取らなくなるんですよねわかります。
10月末発売ガ
121017.jpg

 触手異種姦専門誌「SHOCK!」の11月号のカラーグラビアを描かせていただきました。発売は10月末ごろだそうですってうっそでーすそんな雑誌ありませーん(ムカッ←すみません)。

 えと、言い訳予約行きます。今日17日ですよね。HPのTOPに堂々「新作は10月末」と書いてますが、微妙な感じになってきています。ね、ほら、書くとダメになるジンクス健在でしょ。ってすみませんへらへらしてて。実際、まだ解りませんが、のるかそるかです。

 こういうときの理由はだいたい、「体調が思わしくなく」です。人が言うと嘘つけとおもったりもしますが、自分が言うときはほんとなんです信じて。日中と夜の気温差に上手く体をコントロールできないでいます。やっぱり歳かしら。

 歳といえば。最近、僕の、人とのコミュニケーション力に「ハテナ?」が付くときがよくありまして。たとえばこちらが「この書類を期日までに上げるのは難しいですね(出来ないです)」というお断り発言に対し、「そうなんだよ、オレもココまですごく頑張ったんだよね」と、不思議なお返事をされたり。
 また「これは、ここに置いておいてはジャマじゃない?」という、どこにおこうかという議題に対し、「違うんだよ、これは自分のものではなくみんなのための物だから……」と、誰の所有かを議論する話になったり。

 最初は、歳なので、僕の読解力とか、説明力みたいなものが落ちたんだと思っていました。でも、この2者に共通するのは「特に忙しくない人」「暇な人」が相手でして。そもそもそれほどそれらの事柄を重要でないらしく。そう考えてることに対しては、暇な人の場合、次になすべきことが無いので、論点よりも自分語りが優先されるのでないかという仮説を得るに至りました。

 と、ひとしきりの自分語りをのべたあとで。実はちょっと迷ってまして。ぼちぼちピクシブにエロイ感じの絵を上げてきたいんですけど、先日プリキュア的な絵を上げたら、たくさんの方にお気に入りにしてもらえました。中には、純粋にプリキュアばっかりブックマークされてる方も多く。エロ絵、ましてやモン姦をとっても上げづらい状況になってしまったのです。

上の絵のデカイのバージョンも上げたかったのですが。どしましょ。
どしましょどしましょこうしましょったらそうしましょ。にゃーん(何?

今日もちょっと寒いですね。
電気毛布買っちゃった
121010 のコピー

 今のお部屋は寒いんですよ。めちゃくちゃ。壁が薄いのかしら。隣の部屋の生活音もばっちり聞こえるし、駅近で家賃の割りに広い部屋ですけど、やはりこういうとこがアレなんですね。で、寒さ対策としてYUASAの電気毛布です。

 ユアサといえばバッテリーですよ! 以前、古いオートバイに乗っていて、バッテリーが切れるとエンジンに点火しないという仕様だったので寒さにも強いバッテリーを探したものです。でも、バッテリーのユアサが電気毛布の会社と一緒かどうかは定かではないどころか多分違うかと。

 話しは華麗に飛びますが、最近またZガンダムがコミックになって、本屋で見かけて3巻まとめて手に入れました。おぉ、ゼータの最初ってこういうことだったんだ。よく解りました。実はアニメのほうきちんと見てなかったんで、楽しかったです。

 ただ、ただですよ、どうしても安彦御大のジ・オリジンと比べてしまう。僕が今までで読んだマンガで最強なのがガンダムオリジンです。これはぶっちぎりです。次にシュルツのピーナッツ、レモンハート、あいつとララバイ(古いのばっかだな)などなどです。

 ゼータの北爪先生ももちろん、第一線で活躍されてきた方ですが、やはり漫画は畑が違うのかなと思ったりしてしまいます。そこで、またオリジンを見返してしまったりするのですが、今夜は、そこでとんでもないことを僕が思ってしまったお話を、します。

 僕は以前、健全マンガは、好きで、単純に続きが読みたくて、手元においておきたくて買っていました。でもこういう活動をするようになってから買うのはエロ漫画がほとんどです。でもそれは研究のために買っています。表現の参考書みたいな感じでしょか。

 その二つのキモチはとても離れていたのですが、だんだん、最近くっついてきて。好きなものを、描きたい、と思うようになりまして……そしてそれがすごく具体的になったのが「安彦先生みたく描けるようになりたいな」ってなぜか北爪先生のゼータを見て、思いました。

 どうですかこれ。アリが神に憧れる話ならまだ可愛げもありますが、神みたくなりたいなんて。思うことだけでも既に罪だって話です。神の前に人になる時点で相当難しいのですが。

 そんな夢物語を語る秋の夜長でした。
ちょっとそこまでスイミンぐー
121003.jpg

 おどろきました。ご存知の方も多いでしょう、「ホンマでっか」のむくみマンが亡くなってしまいました。スゲー好きな人でした。TVで見てただけですが、なんというか、先生と呼ばれるステージを与えられているのに先生ぶらないし、バカにされても笑っておられる。信念を持っているからだろうなと思っていました。

 また、愛される笑顔を絶やさない方でしたね。散りぎわも見事でした。みんなに嘘ついて、病気を隠して。むくみマンカッコイイです。ちなみに同い年です。

 さて、前回、マイ体重が云々言ってたのですが、近所のスポーツジムにひとつき5千円という激安プランがありまして、利用時間もちょうどいい(も何もアイアムフリーダム)ので、ガツーンと入会してやりましたとも。近所をウォーキングとかダメなんです。金出さないと本気にならない。

 んで、お昼の時間が空いているので、プールでちょびっと泳いできました。なぜか僕の体は、水につかると、滅菌に使う次亜塩素酸ソーダの濃度がわかってしまう体なのですが(なんだよそれ)、そこはめちゃめちゃ濃かったです。法定濃度的なものが変わったのかもしれませんが、まぁ、こんだけ濃ければ雑菌はかなり駆逐できてるのではないかと(でもそうしなければいけない理由が少し怖い)。

 でも結局、次亜が濃いということは、水が強いアルカリ性になっていくので、いわゆる「水が重い」という状態になります。水を掻いた時は、もさああーって進んだ気分になれるのですが、その分抵抗も増えているので、やはりタイムは落ちる気がします。

 つまり、コンマ何秒の争いについての話を僕は言っている訳でそこんところは良く考える必要はまったく無くて、ただ体重落としたーいって行ってるヤツが何を言ってんだって話です。でも久しぶりに泳ぐと、ドカッて疲れます。で、お昼寝します。自由生活。束縛と保障にさよなら。

 すごしやすくなって来たからか、運動のおかげか、PCの前に居られる時間がすごく伸びてます。10月は新作出したい。出すぞ!コミケも受かりたいぞ!