「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
今年も一年ありがとうございました!
131230s.jpg

明日のコミケは東イ-16aでお待ちしております! ご来場される方は健康管理十分ご注意で、明日お会いしましょう!

じつはですね。昨夜、突然まぶしくなって目を覚ましたら、りっか大天使が降りてきて、しばらく一緒にいてくれました。なにをしてたのかはないしょぐへへへへへ(きもい)。

嘘です。この挿絵は、ネットで見つけた印象的な絵を見ながら描きました。光と影。劇的な瞬間。バロック。解像度低いので描きはじめちゃったら、細かいトコがすんごい描きづらかった!素敵な絵(元絵ね)なんで、また大きいサイズで時間かけてかいてみたいな!なぁああ!りっか愛してるよ!はい!それでは年末ですので、今年を振り返ります!

◆作品!てか、結局今年はみんな、コミケ関係ですよ。まったく。でも、2月にPCが変わって、ペンタブも今年だけで2回変わって。メインソフトもクリペに変わって。これはとってもストレスです。なんです。その中で原稿だけは仕上げている僕を褒めてください。嘘です。褒めなくていいです。うちはメインはDLです。忘れてるわけじゃないんですけど、すぐ時間がたっちゃうんだもん(きもいわ

◆絵!液タブになりましたゆえ!今後に期待!先日知人の板タブ使ったら、良くこんなので描いてたなってくらいやりにくかったです。でも体が慣れてて、すぐ普通に描ける様に。どっちやねん!でも、期待してください。がんばりますゆえ。

◆物語!小説を出せましたが、もっと突っ込めた。話を面白く出来たハズ。余計な部分をそぎ落とせなかったのは自分の弱さ。面白いってのは、解りやすいことがまず重要。解りやすくするためには、自分が120%理解してる必要がある。日々勉強!

でも、物語=小説だと思い込んでいたのが、液タブで劇的に変わった。絵のほうが説明しやすかったり。このあたり、どうなるかもうちょっと熟成を!

◆年末の事件簿1!DLさんのプレゼント応募したら「無加水鍋」当たったんです(何に応募してんだよ)!!ヤッホーーーーイ!!水溶性ビタミン流失削減!まじブロッコリとかほうれん草とか、水無しで茹でられるとか!なにその人類の知恵!まさに叡智の光!

◆年末事件簿2!!さっきお財布壊れました!うおおおおおびっくり!小銭とお財布のトコがばっくり破れて、じゃらじゃらじゃら。5年使ったコードバン(嘘。多分合皮)。辛い日も楽しい日も一緒だった。ありがとう。ぐっすり眠ってくれ。で、いま、急いで新しいの買ってきました。コミケで壊れなくて良かった。

そのコミケ!いよいよ明日!!絶対寒いですが、体調管理万全で頑張りましょう!そして!ヒートテックだと思っていたのが夏用インナー「夏技」だった!ガーン!でも、汗とってくれるほうがよくない?代謝もあがるし!よし実験!冬に夏用インナー着てくとどうなるのか!?スペースで鼻水だしてぶっ倒れてたら笑ってくださいってそれ、シャレにならん!もこもこ着用けってーい!

このテンションのまま、明日につなげます!
来年もよろしくお願いします!よいお年を、よいガキ使を!
BOOTH えろOK!
121219dsd.jpg

「年齢制限商品 (R-18商品)の登録・販売について- 2013年12月27日
この度、利用規約を一部変更し、年齢制限が必要な商品の登録・販売を解禁いたしました。」


だそうです!ああんもう振り回されまくり。既刊の少ないの、コミケ会場に送っちゃったよ・・・orz

とにかく!通販可能!!小説本も通販可能(多分コミケで完売はしないと思う)!当初の予定通り、コミケにいけない方もらばた同人誌をゲットできる体制を整えられそうです!!

コミケから在庫残ってきて、すぐに(でも翌日は疲労で動けない)BOOTHさんに送って、そっから1週間くらいかかるらしいから、年明けそんな感じで進行していこうと思います!罠はないか!?罠はないか!?

ニュー情報来たらまた出します!ヤッター!通販が存続できそうぅぅう!
C85お品がき!
131226s.jpg


・新刊:ローパーのいる小部屋 
・新刊:王乳マドハンド
 20名さまに「表紙A3ポスター」プレゼント!
・既刊:敗北の町(2013夏)
・既刊:エルフイーター(2013夏)
・15名さまに「らばた10周年バッジ」!(いらんて)
・既刊本ちょいとあります。

お品書きはトラップじゃないです。多分(おい)。と、これで、コミケの告知関係は終わったのかな……?ピクシブのサンプルと、お品書き、あと、WEBカタログ(これ、ピクシブのマップのほうが使いやすかったなぁー)。 DLさんの登録からはじめて、同じ作品の紹介を、形式も画像サイズも変えて何度も登録します。が、こちらは何度目かでも、そこではじめて見る方もいらっしゃる訳で、同じ作業といってもどれも気を抜けません。

あ、そのまえに。たくさん新作買ってくださってありがとうございました!なんか最近、マンガ多めになっちゃってますが、付き合ってくださってありがとうございます<(_ _)> もともと線だけで勝負できるほど絵は達者じゃないので、もうすこしCG作品を増やしていければと思っています。でも、マンガ1本やると、すごくいろいろ上達するのよほんと(T_T) 頑張ります。

さて、年末も近づき、ぼちぼち今年を振り返ったりします。知人に「自分は過去を振り返らないゼ!」という人がいますが、これ、多分よろしくないです。僕もちょっと前までそうでしたが。特に、絵とか作品とかは証拠として残るので、振り返らないんじゃなくて、怖くて振り返れないだけです。つまり、自分のヘボさを認めたくないだけ。

でも、ヘボいのを認めないまま過ぎていくと、ヘボループに嵌ります。それは安穏とした悪くないループなんですが、僕はそういう生き方ではないほうが好きなので、なんとかイッシ報いてやりたいのです。今は同人誌やってるせいで、紙になるとCGのモニタで見る作品よりも、はっきりと自分のヘボ具合が解ります。

前回のコミケ作と、今作と決定的に違うのは、液タブの存在です。いやもう「絵が描きやすい」ってのは、何もかも違います。仕上げはもちろん、作品への取り掛かりもそうだし、アイディアの段階や、ラフの組み立てなんかも。もともとラーバタスは変態異種姦ありきで、「絵を上手く描いてやろう」というのは二の次なんですが、適度には見れる絵であった方が良いとは思うのです。

あれ、長くなっちゃうかな、なるべくまとめて書きます。実は今回の新作、評価がバックリ別れてます。普段、今ぐらいのDL数(200ぐらい)だと、低評価はほとんどつかない(ついても真ん中)のですが、今回はビシバシ入ってます。低評価をつける人の多くは常連さんなのかなと思っています。期待値が大きかった分、裏切られ感も、ってやつかなと。ちょいと買いなら、3つけてグッバイですし(僕なら)。

多分、絵は描きやすかったので、誌面はそれなりに悪くないと思うのですが(悪いのかな)、やはり組み立てが、いつものらばた作品とはちょっと違うのは認識してます。ゲート開いた瞬間からムチ入れてるような。ご面倒でしょうが、もし良かったら、気に入らなかったトコのコメント添えてくださると勉強になります。です。

つまらないのはココがつまらないと言って下さって大丈夫です。文句言ったらそれっきり疎遠になるような仲じゃないでしょ僕たち(は?)。というか、誰がコメントしたか解らないのでOKです。良かったら後からでもコメントできるので、ビシっとご指導ご鞭撻をお願いします<(_ _)>

話戻りますが、同人誌を始め、過去作を「振り返れる」ようになったのはとても大きいです。自分のを作品を、他の作家さんと比べられます。エロだとLINDA先生の絵が好きなので(誰と比べてんだよ)、自分の絵にないものってなんだろう、と。

そして、もちろんキャラだって、川村女神(スマイルのキャラデザですが)、ヤマト2199や聖剣3の結城先生のキャラとどう違うんだろうって(だから誰と比べて)、ストーリーテリングは安彦御大や宮崎監督と(お前もう黙れ)どう違うんだろうって。

今まで、文字とモニタで見ていたものが、絵と紙で確認できる。これはハッキリシャープネス。ヘボいとは思っていましたがこれほどとは。でもそれはつまり、まだ成長する楽しい時間がそれだけ残されているということであり。それはみなぎるワクワクさんじゃないワクワク感です。

それと今年で、大厄後厄も抜けます。フフフフフフ。オレ20歳なのに。この厄イヤー3年間、年収とかでみれば確かにビック厄。でも、そんなに辛くはなかったゼッート。

頑張ります。
「射精搾乳循環 ローパーのいる小部屋」 販売開始しました。
射精搾乳循環 ローパーのいる小部屋

DLさんで販売が開始されました。¥525です。どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

ただひたすら、ローパーと絡む作品です。ずっとそういう描写が続きます。大柄で可愛くない女の子、を描きたかったんですが、ローパーがさらにでかいので、大柄という属性はあまり発揮されておらず……。描き手の表現力の問題です。精進します。なお、本作品は、年末のC85にて製本版が頒布されます。内容は同じです。
★ラーバタス10周年記念バッジ★
131222sss.jpg


エースとレジーナの戦いを見ていたら、胃が痛くなってしまいました。お願いだから、二人とも消えないで……。

えっと、ラーバタスも10周年を迎えまして、その記念バッジ的なものを作りました。自分で自分を記念するのが今のトレンドです(そうか?) サイズは直径3cmくらいの小さなモノです。今度のコミケでお配りしようと思います。もちろん無料です。えへん。

でも、問題がひとつあります。誰がいるんじゃこんなもん。ということです。知ってた。いや、これはつまり「下には下がいるよ」ということで、いま、一生懸命仕事してる皆さんに、頑張れーっていうエールのつもりです。辛い事があったら、犬も、犬なりに何とか生きようとしているのを思い出してください、一緒に頑張ろうぜ、的な感じでしょうか。もちろん、10周年記念バッジではありますが。

でもよっぽど物好きしか、いらないだろうし、と予想して15個しか作ってません。もし、会場にいらっしゃる方で欲しい方いたら、とっておきますのでメール、ツイッター、ピクシブメッセージのどれかで、ご連絡ください。

あ、あと、マドハンド小説本の表紙絵もA3サイズのポスターにしてもってきます。原画と同じサイズです。あ、原画は、アラブの石油王にお買い上げ頂きまして(誰)、既に手元になく、展示はありません。ポスターは、小説買ってくださった方にプレゼントです。これも20枚しかありませんので、前もって取り置き希望の方は、バッジ同様、事前にご連絡ください。

あさってくらいにピクシブでも宣伝しますゆえ、ご希望の方はお早めにおねがひします。……予約なしでもしっかりあまりそうな気もするけど。

オ ー マ イ ガ
131221s.jpg

先日、へらへらとお伝えした「BOOTH」によるらばた工房通販に関するお知らせですが、現時点において、BOOTHはアダルトを扱えませんでした。しっかり読んでなくてすみませんでした。

いずれ扱うようになるかどうかは解りませんが、公言どおりBOOTHが、運営にとって「赤字覚悟の儲け度外視システム」なら、無修正を売る者がいるという危険性のある、アダルト関連を扱うメリットはまるでありません。でもアダルトを販売するという枠組みはいろんな会社が持っていますので、難しいことではないかと思うのですが・・・どうなるのでしょうか。

ということで、本当にすみません。現時点において、「王乳マドハンド」製本版(および新刊マンガ)をゲットする方法は冬コミ会場のみです。どうしても欲しいのにいけない方は、なんとか知人に頼むなどして、ゲットして頂ければと・・・って、いえ、まぁ、そこまでして頂くほどたいした物でもないのですが・・・。

また、同人堂さん閉鎖の後、らばた工房新刊などを本の状態で手に入れる方法も、コミケ会場のみとなっています。同人ショップへの委託は・・・うーーーん・・・そこまでするほど需要はないかなとも思うのですが・・・他に方法がなければそれしかないのかなぁ・・・と言うところです。

どこがいいんだろ。文教堂さんとか置いてくれるのかな(はい?
本当にすみませんでした<(_ _)> そんな上手い話あるわけないとは思ってたんです・・・(T_T)
「BOOTH」について
131219b.jpg

公開されました。おお、なんか、悪くなさそう!って、あ、その前に、新作マンガの予告開始されました。12/23の祝日に発売開始だそうです。どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

それで、先日も書きましたが、このBOOTHとは、ピクシブさんが提供する(んだよね)、クリエイターと買い手さんを結ぶ場所、みたいにしたいようです。その、ご利用になる場合の手順です(まだ実際にやったことないから、情報から読み取れる範囲ですが)。

まず、僕がらばた工房の同人誌をBOOTHに送って、宣伝をします。それをみて、もし、欲しい方がいたら、普通のショッピングサイトみたいに、カートに入れます。でも、今の時点では、本の在庫数が表示されてないんですよね、注文しても「すみません倉庫見たら売り切れでした」とかにならないのかな?そのあたりはまだ解りませんが、多分そんなに難しい仕組みではないと思うので多分いずれちゃんとなるとは思います(予測)。

で、買い物が終わったら、お会計です。送料は一律¥700だそうです(これをどう見るかですが、コミケ会場への往復と労力よりは安いのかなと)。よーするに、フツーのショッピングサイトみたく使えそうです。

で、その今回の小説本ですが、12/31にコミケ会場で僕も初めて手にします。で、会場で売れ残った分を(大丈夫。思いっきり残ると思う)、年明けにBOOTHへ送ります。で、こちらで宣伝(=アイテムの陳列ってことです。手作業なの)して、販売が開始されるということです。

なので、小説本をゲットできるのは、多分1月2週め以降になるかと。そして、1/15には同人堂さんからの返本もくるでしょうから、そこらへんも追っかけでBOOTHに並べようかなって思っています。

と、そんな予定です。もちろん、まだ何も始まってないので事件が起きるかもしれませんが、一応、そんな予定です。はい。
新刊こんな感じです
131218.jpg

とりあえず、入稿も間に合って、コミケに荷物も送りました。DL版の発売は、来週くらいになるかと思います。あとはそのDL版のおしらせや、コミケのお品書きなどを作りつつ、来年の予定なんかを立てていこうかしらと。新刊の内容についてはDLさんの予告にも出ますが、HPのオモテにも詳細を書いておきます。

で、その来年の予定なんですが。いわゆるDL作品っぽいものを作りたいと思っています。紙面ではできない、動的なコンテンツ(アニメじゃないよ)それがFLASHになるか、吉里吉里的なものになるかまだ考え中ですが、ここでちょっと逆算をしてみると。あれれなことがわかります。

年に2回は、夏冬と、コミケマンガを作るわけです。そして夏は新刊2種にしたいから、イラスト集も出したいと。さらに、年に2回コミティア原稿参加も決定、今年はレイフレにも。これを来年もやるとすると、最低でも年間5本のマンガと1本以上のイラスト本を作る羽目になるわけです。各1ヶ月かかるとして、半年は「紙面」関係だけで終了。

そのDL用「動的作品」は残りの半年を使って、やるわけですが、じつはそのさらに半分は例の「物語」に当てたかったわけです。ただ、漠然と「らばたの背景となる物語を作りたい」とはずっと言ってるものの、主人公はどの視点か、テーマは何なのか、まったく見えていません。というか、どれにしようか状態で。でも、なんらかでやりたい。

となると、その「動的作品」に当てられる時間は年の4分の1で、3ヶ月です。ええ、これじゃシステム組んで終わりです。また昔みたいに、システムに時間を取られて、絵がイマイチな感じになるという宜しくない繰り返し。うーむ。

でも、システム自体は、以前のVF文庫的なもの程度でいいのかなと考えています。だったら行けるかな。クリックで進む、絵がスライドする的なギミック程度。選択肢作るとデバックがまたアレですが。でも、ボタンを押して、何かが動くというだけでも、結構気持ちイイじゃないすか。DLのコンテンツってのは、そういう部分が重要だと考えマスオ。

うーん、でもやっぱ、どんな形でもいいから、「冒険」が描きたいんだよな~。遺跡にいったり、迷宮に入ったり。そういうの描きたい。動的コンテンツの力で解決したいのは、見る人がいかに「めんどくさくなく」、冒険を「楽しめて」、「興奮できるか」。これがパワーアップ出来なければ、動的にする意味ないもんねぇ。製作期間は3ヶ月。システムに使えるのはさらにその半分。やっぱ足りないかなぁ……。

う~~む。また考えます。今日は問題を確認してみました。前回もそんなんですけど。う~む。
「物語作品」についてどないしょの考察
131214s.jpg

原稿製作時の早起きサイクルからまだ抜けられません。グモニンジャペァン(おはよう日本)。

実はですね。小説作品(「王乳マドハンド」)は、同人堂さんで通販できることありきの作品だったのでして。ラストのほうに設定のページがちょっとあるんですが、今後小説作品が続いていくよという、薄い予告のつもりだったんです。それが出来なくなってしまうと、やり方を根本から考え直さねばなりません。現在、DLじゃなくて本で買おう!と思ってくださっている方には、こんな事態になってしまい申し訳ありません。

先日書きました「Booth」ですが(12/19からだったみたいですすみません)、まずその会社に、こっちが本なり何なりを送ると。で、ピクシブで宣伝すると。見てる人が注文すると。そうすると、その会社が、その人に発送。こちらには、売り上げ金を振り込みますよというものらしいです。そして手数料が4%程度(DLさんは約40%)と……。

うーん、こんな上手い話あるものかなぁ。ほんとにこの通りなら、ピクシブなんか完全に実験台ですよ。日本の流通ひっくり返せちゃう気が。クロネコさんや佐川さんが通年繁忙期になる。ヤフオクもみんなこっちくるでしょうし。てか、既得権益のひとたちが規制法作るんじゃないかしらほんに。

それに、このBooth社の手間って、ルール無用の個人相手ですし、売り上げの4%程度で出来るほどじゃないと思うんですよね。それこそ40%ぐらい取らないと、成り立たないような……。海外でこの手のやり方の成功例あるのかしら。とにかく、今そんな感じで、ちょっとまゆにツバつけた状態ですが、活目してはおります。個人発信の時代なんですかねぇ。アンチ組織の僕としては、まぁ、やっと時代が僕に追いつい(黙れ

そこで、その小説をどうしても出さなくてはいけないのか? 自分のやりたいこと、らばたの表現したいことを整理してみようとしたのが上のマリーナです。ストーリーをやりたい。文字がいい。でもモニタで長文は読みにくい。じゃあ紙で、っていうのがこれまでの考え方。文字が読みにくいなら、絵では?ってちょっと思ったところ。

いわゆる小説にしなくってもいいのかな。「彼は、その燃えるような赤いバラを手に取ってまじまじと見つめ、光にかざしてみた。まちがいない、これが求めていた魔法の花だ!よし、これをもって帰ろう!」 → 「彼は花を持って帰りました」 にすればモニタでもなんでも読める。横に絵があればなおちゃん(尚、いいという意味)

でも、長文の独特の言い回しも嫌いじゃないんだよな~。うむむむー。

らばた工房同人誌通販について
131210as.jpg


冬コミの新刊製作終わりました。締め切りに5分も残しての余裕入稿です(は?)このまま行けば、予定では、コミケで販売できると思います。で、新刊情報はまた詳しく書きますが、今日はちょっと、お知らせが。

オモテにも書いておきますが、同人堂さん、年明けぐらいに通販から撤退するそうです。なので、それ以降らばた工房同人誌の、同人堂での通販が出来なくなります

いつまで買い物が出来るかっていう詳細は解んないですけど、サークルのほうには、年明けちょいで、在庫の返本をしますというメールが来ました。現在はまだ買い物出来るみたいなので、もしご入用のかたがありましたら、早いうちにお願いします。


では、それ以降のらばた工房同人誌通販はどうなるのか?ということですが。いちおう、ピクシブが絡んで開始すると言うBoothというサービスに期待をしています。システムなどまだ不明ですが、通販的なことが可能のようです。でもいまのとこ、クレジットカード決算のみみたい(でもネット決済もたぶんいずれ行くと読んでいます)。

12/14かららしいです。なので、今回の小説を通販で、とお考えの方、ちょっとお待ちください。どう転ぶか。たぶん、同人堂さんはもう新アイテムを取らないと思いますが、何か他の方法を模索中です。

では、とらのあなとかメロンブックスとか、そういうとこは?ってことなんですが、あれ、システムよくわかんないんですよね。それにウチは二次じゃなく創作なので、そんなに歓迎されないんじゃないかなって思っています。そのBoothがいまいち君なら調べてみようと思います。このあたりもまた決まりましたら。


軽くですが、レイフレリポーツを。写真は取ってませんすみません。どれだけ幸せな時間か、ってのは、想像してくださればそれで正解です。ずっとプリキュアのOP&EDが掛かってて。そしてとにかくコスプレの子たちの完成度がすごい。レジーナはこの子がモデルなんだろうなってくらいの方もいて、頭おかしくなってきてしまいました。

で、スマイル島だったので、となりになおちゃんやみゆきちゃんがいたのは前日も書いたのですが、そのみゆきちゃんのコスプレをした子がなんか落し物をして、気づかないで踏みそうだったので、拾ってあげて渡すときに、ふつうに「あ、みゆきちゃん、これ落ちましたよ……」って言ってしまって、2秒後に我に返って耳から火でました。怖い。レベルの高いコスプレ怖い。普通に彼女たちがそこにいるっていう認識になる。

頒布については。二次のオンリーイベントって、結構みなさん儲けなしでやってるみたいです。ウチも、送料入れたら完売しても赤字という設定で臨みましたとも。それに、なんていうか、広く大人数に向けてというより、本当に好きな人へ向けての、ウチウチのクローズドな感じがまたよかったです。ああ、本来、同人イベントの空気ってこうなのかなって、ちょっと思いました。でも、あたしゃそれだけじゃ生きていけないのよ。ね。

今日の挿絵は、レイフレで皆さんの本を拝見したとき、なんというか、オリジナルに似てるっていうより、その人の絵柄が合ってるかどうかってすごく大事だなーって思いまして、僕が自分の描きたい絵柄ってなんだろうって思いながら描きました。ちょっと少女マンガ風?な感じの顔、結構好きなんです。

でも、自分の絵柄、あんまり大事にしてこなかったなぁ。これじゃ、買い手さんも判断しづらいよなぁ。今後は、もうちょっと、自分の絵柄について、絞っていければなって思っています。

原稿終わったからまたちょくちょく更新しますね(予定