「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
大事なもんは幾つもないさ
140225d.jpg

昨夜、電車に乗りました。いつもどおり、仕事帰りのスーツの方たちが多かったのですが、何名か同じ方を向いてぽかんと。僕もそっち向いてみると、その視線の先に、プレイボーイの中吊り。表紙の大島優子さん。あら、これはいい写真。

僕は大島だと森三中……じゃなくて、大島麻衣ちゃんが好きです。性格とかはお付き合いしたことないので存じ上げませんが(だろうよ)、笑ったときのあの前歯が好きです。なんというか、いいですよね。よく笑う人、よく食べる人、マエバーにはそんなイメージがあります。

って、僕のげっしもくびいきはおいて置きまして。先週の高石作業日誌です。2月末に出す作品の大詰めでしょうか?、いいえケフィアです。 は? ええ、すみません絶対出せません。グダってしまいました。何もお伝えできる新情報がないので、おわびに今後の大戦略をお伝えします。んなもん知らん、とか言わないで。

ラーバタスでは現在、大きく別けて、3種の作品を創っていきたいと考えています。

1つは、DL販売の軸となる作品。以前のVF文庫を踏襲した、物語をお見せするものになると思います。実は、先週はこれをゲームっぽくしてみたりして、いろいろトライしてみました。うむ、何とかなりそうです。

でも、¥1000売り以上にしたくないから、あまりゲーム要素を持たせると、あれも入れたいコレも入れたいになって、結果、よくないかも。買っていただく方に、¥1000で、短編映画見たような気分になってもらうことが、この作品の至上命題です。とにかく、らばたはコレ。やるの。

で、2つめはご存知コミケ用マンガ。これは、もともと「趣味の」コミケ参加だったのですが、マンガと言うスタイルの創りやすさ、アイディアをダイレクトに描ける小回りのよさが魅力でして、きちんと製作計画の中に組み込んでいこうと考えました。販売は¥500を守って行きたいです。僕だったら、よっぽど好きな作品以外、¥500以上出して買いたくないから。内容も、「コマ割のアダルトビデオ」ではなく、「マンガとして面白いもの」にしていければなと。

3つめ。最後は、ちょっと以前にやったソルイソンブラというシリーズの、簡易版です。このソルソンはFlashだったのですが、Flashはバージョンアップやら何やらが面倒なので、HTMLかPDFという確実性の高い形式で出していければなと思っています。ソルソンシリーズの魅力は、オムニバス式で、連続した物語性を無視できるので、内容的にかなり無茶できることですフヒヒヒヒヒ。¥700予定。

結局2月は、このおおざっぱな方向性を決めるのに使ってしまいました。ゲーム、アニメ、小説、RPG。「可能性という名の道が 幾つも伸びてるせいで」って、バンプが歌ってます。若いころは、「技術的に自分が出来そうなこと」に飛びついていしまいますが、それらがすべて自分のすべきことか、本当にやりたいことか。

大人になると言うことは、やらないことを決めること、と知りました。これが「不惑」ってヤツでしょうか? いいえ、ケフィアです 

僕は永遠に28歳なんですけど。
雨宿りと、あってりング
140218a.jpg


さいたまのほうは、そろそろ道路の脇によせられた雪も、小さくなってまいりました。皆様のほうはどうでしょうか?まだナウの方は、ゆきかきで腰ヤっちゃわないようにお気をつけ下さい。

今年は早めにと、確定申告をやっつけました!どこかで気合入れないと、どんどん先延ばしにしてしまうので、やる日を前々から決めて取り掛かりました。去年の計算書をまとめたら、びっくりするほどの低年収。この歳で新卒以下ですとも!へへん!

よく「好きなことやって生きていけて羨ましいね」って言われます。実はひとつき2万5千円で暮らしてる月が2回ありましたとも。ともにコミケ前でしたが。光熱費は別ですが、食費は1日MAX¥800程度。本を一冊買ったら、1日断食です。これでも羨ましいですか。んふふふふ僕は気に入ってますけど。

ブログの下のほう「すぴばる」で朋美ちゃんが「新作は2月」とか言ってますが、例によって遅れています。でも実は、真実の発見があった、いやあってりング(現在進行形)なんです。実は前もちょっと書きましたが、作品の悩み相談に乗ってくれた友人に(って言ってもいつものゴロちゃんなんですけど)「高石さんは、えろいもの=エロビと思ってますよね?」って言われたんです。おどろきです。え。なんでエスパーなの?

まったくその通りで、僕らの時代は、小林ひとみから始まって、AV女優がべらぼーに可愛くなった全盛期です。僕は前原裕子という子が大好きで、ちむこが血まみれになるかと思うぐらい(やめろ)。そして今の今まで、エロい気分になれば、そういう動画を当たり前のように見てました。

でもそれは、エロビ監督になるならまだしも、静止画やマンガのエロさとはちょっと違うんですよね。なので、お気に入りのおっぱいサイトが閉鎖されたこともありまして、1月終わりからエロビ断ちしてみています。すると、なんというか、エロの感度が鋭くなるというか、なんでもない絵にエロさを見つけられたりするようになりまして。

さらになんとまぁ。自分の手元に「ヌケる静止画、マンガ」の無い事。何もそれらしい物がない。こうなると、飢えます。資料用の週刊誌のエロマンガとかもあるのですが、驚いたことに、ヤッてるシーンは思ったより使えないことが判明。で、結局、ピクッと来たのがなんと、ゼータガンダムのエマ中尉。もちろん、エロシーンじゃないです。

無いんですよ。絵がきれいならいいってもんじゃなくて、もっと、こういう、なんというか、わかんないかなー!?もっとこーゆうのが!こーゆうのが欲しいんだよねー!ってのが、無いかなと。うわっ。キました。これです。無いから、描くんです。自分にとって最強のエロシーンは、自家発電に限る。偉い人も言ってましたね(言ってないと思う)。

挿絵は、雨宿り中の体育器具庫にもうひとりお客さんが来たと言う想定です。お互い気になる存在です。「あ。いたんだ」的な。いいなぁ!いいなぁあああそれいいなぁ!

あ、えろい気分の時、プリキュアは鉄壁のガードで妄想しないようにしています。夢にあぐりが出てきたときの自分の狼狽っぷりたるや。ムリですムリです。無意識下で想像するだけでもうアタクシめは幸せでございます。
メロンさんも始まりました!
140213s.jpg

いやあああああ「川村敏江プリキュアワークス」!すごいデキです!多分2万ぐらいでも買う!!いやああああああもおおおいやああああああああ!くっそ可愛い!みんなくっそ可愛い!今クリアファイルでブックカバー作ったろと試行錯誤しているところです。てかもう一冊買う。買う。

で、なくって、メロンブックスさんでも、らばた工房同人誌の通販はじまりました。「同人誌」のページからも行けます。これで、「らばた工房」通販体制はばっちりです。どうぞよろしくお願いします<(_ _)>

あああくっそ可愛いなぁーーーーもうーーー!!
とら続報と都知事選と作業記録
140212s.jpg

まず、有権者の皆様に訴えたいことは、このミント様の衣装が公式設定であるということです。いえ、ネットでひろった画像のミントなので二次創作かも解りませんが、その絵が上手すぎるので、おそらく川村女神の犯行かと思われます。背中ばっくり。作中でも、こういうシーンはほとんど無かったんですけど、衣装の構造としては、間違っていないんです。うわぁ。これはもう、いくらでもおかわりできます。うわぁ。うわぁ。うわぁ。

そして、ミント様のお背中の次に重要なことを発表します。「とらのあな」さんで、3種の通販が始まりました。「ローパー」「敗北の町」「エルフイーター」です。ヘッダメニュー「らばた工房同人誌」から行けます。なお、ローパーは現在、在庫アカ表示(少量ですということ)ですが、追加で発送しておきましたとも!えへん!

でもこれでわが社の倉庫(=自宅カラーボックス)には、次のコミケに持っていける在庫が、ほとんど無くなりました……それはそれでどうなのかなぁ……いや、売れ残ったら返本してもらえると思うし……いやそれはそれで(なんなんだよ) メロンさんも、もう少しで始まると思います。

先週の日誌では、うだうだと世の中を語ってしまい、痛すみませんでした<(_ _)> 読み返すと超削除したい欲求にかられますが、削除すると無かったことになって繰り返してしまうので、削除しないで置かせてください。なので今週は軽めに世の中を語ります(お ま え わ)

都知事選挙があったのでそれを。枡添さんが都知事に。僕は、あの人、嘘つきに見えます。なぜそう思うか?僕も嘘つきだからです。また、自分に都合の悪いことは人を見下して処理しようとするタイプの人間に見えます。なぜそう思うか。略します。

枡添さんが都知事になって、嫌だなって思う人は、不利益をこうむる人、そして、見た目が嫌いとかの人かなと思います。でも、仮に彼が嘘つきだろうとなんだろうと、そして生理的に嫌だとしても、利益を受けられる人は、喜んでると思います。政治ってきっとそう言うもので、利益A組VS利益B組に、傍観者C組。

政治は、自分に都合のいいようにしたい人たちが集まったものなので、弱者という威を借りて、なにもしない者は蹂躙されるのが慣わしなんだと思います。それが政治だと思います。でも、利益を受けたものでも、彼が馬脚を現したとたんに、総叩きして彼を無き者にするでしょう。それがあのギョーカイだと思います。おわり。

今週の作業記録は、ちょっとしたことに気がついてしまいました。僕は、エロティックファンタジーとして、物語を描きたいのです。イメージは、ロードオブザリングにエロがある状態という感じです。だから、小説が良いかなって思っていました。でも、どうしても、ああいうきっちりとしたテーマの中に、エロを点在させれば良いのかどうか。答えは否でした。

ロードオブザリングにエロをほおりこむのは、違うんです。パンツ脱いで読んでるのに、シリアスなシーンきたら、どうすればいいのよ。そこで、エロいロードオブザリングというのは、どういうものか?となります。ロードは、弱者の善が強大な悪に立ち向かうモチーフです。これをえろくするには?エロティシズムとはなんぞや、から入らねばいけないのです。

でも、多分、何年もかけてエロティズムを学んでみても、ミント様の背中にはかなわないのです。自分はどういう物語が読みたいのか?と、もっともっと自分に、突っ込んで聞かなくてはいけません。
寅さんメロンさんのおしらせ
140208aw.jpg

かねてからご要望のあった同人誌委託通販なんですが、とらのあなさんとメロンブックスさんに置いてもらえる事になりました。 え?BOOTH?なんですかそれ?(ぅぉ) で、寅さん(っていうとなんか柴又)にいたっては多めのご発注を頂きまして、これはもうごひいき決定です。

メロンさんも、すごくご丁寧なメール下さって、なんか、同人誌委託屋さんのイメージ変わりました。実は、ネットの噂とかで、いー加減な感じだと勝手に思っていたんですが(失礼だなオイ)、イラネーて言われるまではお付き合いさせて頂こうと思っています。よろしくお願いします。

で、とらさんでは、エルフイーターだけは始まってるみたいですが、このあと、敗北の町とローパーも開始する予定です。メロンさんは、昨日ようやく梱包できて、今日送ろうと思ってたのにこの雪でえええええ(T_T) こちらが発送して、メロンさんのほうで仕分けしてからの販売開始だと思いますので、もう少々お待ち下さい。

*こちらからのリンクは、ブログなどで紹介のあと、「同人誌」のページからジャンプできるようにするつもりです。
シャイニング・ストリーム!!
140204.jpg

先ほど、変身されました。初めての変身はどうしてこんなに緊張するんだろう!しかし……うーわー……かっ……かっ……可愛いかも……ッ!!? こんばんわ。どうやら敬語キャラに徹底的に弱い高石です。

ただいま関東はでっかい雪が降ってます。粒がでかいんです。べちゃっっ!て感じ。朝のニュースでは積もらないって言ってたのに。ただいまものすごい勢いで積もってます。そういえば、予想が外れても日本人は怒らないですよね。予想だけじゃなく、企画なんかも、だいたいにして、失敗しても偉い人は責任を取りません。取るのは、命令されてやらされた、末端。

この責任をとらない日本人というのは、戦争のときから変わってないようで。今更ですが、百田さんの「永遠のゼロ」、読みました。戦争の描写と、姉弟の会話が変わりばんこに書かれて進んでいくのですが、まるで、見てきたような戦争描写の凄さに比べ、あまりにも稚拙な姉弟の掛け合いの描写に、不思議だなと思ってたんですが、戦争描写はどうやら過去作の引用のようで。ああ、そういうことなのね。なるへそ(死語

その戦争中の描写の中で、上官は無茶な命令ばかり、自分の保身ばかり。失敗しても死ぬのは、兵隊。しかも彼らは立派に死んでいく、というのが多かったです。今と変わらないですよね。政策の失敗があっても、政治家を引き締める法律は絶対に作られない。責任も問われない。

これって、戦争の前、たとえば、戦国時代とかもそうだったんですかね。「直接、自分のことにならないと、考えようとしない」的な。ジョンレノンの歌った「イマジンしよう」という部分がないのかも。だから、日本は礼儀作法が多くうまれたんですかね。明文化、一般化することで、毎回その度に、相手のことを考えることをしなくてすむようにした、と。

こういうの、日本人に根っから染み付いているんですかね。そうは思いたくないですけどね。ただ、ズバ抜けて考えたがらない人種であるような、気はします。デモとかまず無いし。従順であるということは、自分の意見が無いことにも通じるんですかね。なんで考えなくなったんですかね。きっと考えなくても、暮らしていけるようになったからでしょうね。むしろ、考えてしまうと生きづらくなる気がしますし。

ふふふふふ。はっぴっねっすチャージプッリッキュアっ幸せのっバイブレーション!の話すると思いましたか。これが徒然なる記述の恐ろしさです。一瞬のスキをついて浮かぶエセ社会派トーク。それを臆面もなく書き記す勇気。多少痛くなきゃ、同人作家などつとまりませぬ(そうか?)

みんなと同じように、同じ方向をむいて。同じ痛みを。僕らは日本人。みんなが死んだらボクも死ぬぅ~……?わかんない。これがいいのか悪いのか、わかんない。文化的に見たらちがく見えるし、生物的にみたら、その方が生き延びやすそうな気がする。

また考えて見ます。イラストのルミナスがあんまり関係ない記事でしたが、それは、いつもの事です。きょとん顔がめちゃめちゃ可愛くて、描かずにはいられませんでした。 

関東人は雪になれていませんので、きをつけませう。