「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
紙のノート、いいです。
140430s.jpg

イーですハンソン(?)。時代はパーシャルです(!?)。僕もいろいろなメモをPCで行い、ペーパレス化をしていたのですが、どうもやはり、アイディアを練る段階では紙の方がよいみたいで。さらに、たとえば一週間連続してある同じことについて考えるような時には、ノートが良いみたい。

PCで考えると、どうも、全体的に見れないと言うか、間違ってもすぐに書き直せる安心感からか、ウェイトの低い言葉が並ぶように感じます。なので、最近はノートを使うようになりました。最初こそ、タイピングに比べて文字を書くことが面倒だったのですが、今はもう、しっくりきています。もやもやぐるぐる同じことをめぐっていた考えが、きちんと整理されそうです。

さて。今週書くべきことは、先日の10周年挨拶における、キュアミントについてです。なんですかあれはなんですかあれは。ああいうおとなしいタイプがふと見せる色気のあるポーズは、公式がやっちゃダメです。光速の足払いを食らったかのように崩れ落ちた上に、最後「うふっ」とか。とどめを刺しにいらっしゃられやがりまして。なんなの。もうなんなの。一生ついていきます。

で、昨夜なんですが、恒例のコミケ前ミーティングありまして。結局オバマさんの腹のウチはなんなんだろうと。アセアンにおける日本の優位性は、どのように確保していけば良いのかについてということは、ひとつも話しませんでした。川村敏江女神の描くミントが超絶可愛いって話はしました僕が。

さらに、当日はそのミントこまちが、ビックサイトのイベントにお出になられてて。この二酸化炭素過多の会合に、顔出してくださいました。この癒し手が居るといないでは、なんて空気が違うのだろう。

ミントさんはモヒートというミントの葉を使ったカクテルをお飲みになられて、ああ、やっぱりそれなんだ……と妙に納得してしまい、でも、こういうのって共食いならぬ共飲みっていうのかなとかも思ったのですが、あまりそのあたり突っ込んで大地を揺るがされると僕の命が危ないので、我慢して、黙って見てました。

そんな感じで。今、頭の中は、漫画的な思考になりつつあるのですが、ノート化したことで、いろいろなものが同時進行できるようになっています。できればデジタル作品を先に出したいのですが、締め切りの問題もありつつ、なんとか。5月こそは。なんとか。……がんばります。
前略 絶望の淵より
140422s.jpg


ここ最近、体の疲れも抜けないし、目覚めもよろしくないからと、机の高さや棚の配置などをいじってました。考えてみりゃ、いじりすぎなんですよ。配置に、体をあわせれば良いのに、体に配置を合わせようとする。

そのとちゅうに、プリキュアの録画専用につけていた2TBのHDD、床に落しました。


おとしました


電源繋いだら、プー プー プー って警告音がなって、もう、認識しません。


……


……


闇が、世の中を、包んでいる

絶望が、すべてを、支配している




「始まったもの、いつか終わりがくるから……」





でも、それは今じゃない!!
くそおおおおおおおお!!まだ放送はやってるんだ!!
光よ!希望よ!あああああああああくそおおおおおおお!!
かあああああがあああああやああああけえええええええええ


近況いろいろ
140413s.jpg


朝晩はまだ寒いですね。この時期の町は、ダウンジャケットあり、半そでありで、不思議な感じです。服装で、その人が朝何時頃に外出したのかわかるのも面白いです。

近況行きます。ゆうゆうがクッソかわいいです。それか。まさか黄色になびく日が来るとは。あの落ち着いた声にもやられてます。あ、これは近況ではなくて、日常でした。てへ。(てへ?)

えっと。お部屋の春の模様替えです。これまでシンテック(馬鹿でかい液タブ)を机のテンバンにはめ込んで、「液タブ机」にしてたんです。紙作業も液タブの上でやる状態。でもこれ、細かいの描くとき、目を近くしようと、どうしても体を折り曲げようとするので、腰首によくない。また、スタンドつけて斜めにしました。ふーん。

次。コミティア原稿ようやく終わりまして。健全マンガというか、会話でつなげていく物語は、とても勉強になることがおおいです。誌面をトーンでごまかすクセがついてるので、もうちょっと絵に力を持たせたいです。そして改めて、マンガって、セリフと絵で続けるモノなんだなぁと。同時に、小説とマンガで描くものの違いについて考えました。

飲み、多めです。終電まぎわで帰ることも多く。先日、起きてたのに、考え事してたら降りる駅行き過ぎてしまいました。当然、登り電車はもうないので、一駅歩きました。ヘロヘロだったので、結構キました。もう歩けなーい。見上げた月がとってもきれいでした。月の近くに赤い星が。ベテルギウスの位置じゃないし。あれ、火星かしら?詩人は夜空をよく見上げるものなのです。

ひとつ、気がついた世の中の真理があります。まりじゃなくてしんりです。僕はアニメや物語、あと夢みたいなものに、お金で買えない何かを求めてるような気がします。お金は数ですから、数値化できます。数値化できないものが欲しい、そんな気が。報道される夢物語も、結局、カネか、になると、とたんに醒めます。

シューティングゲームに似ている気がします。僕は、スコアよりも、どこまで先に進めるかがすごく面白いのですが、スコアは気にしません。ゼビウスとか、マップが美しいものはすごく楽しいです。だから、高得点ねらうより、生き延びる戦い方をします。「何面進んだ派」と「スコア派」に分かれます。お互い、何が楽しいのか、理解し合えません。

物語の主人公は、自分の主張を代弁することが多いので、僕が作る物語は、金で買えるものにそれほど価値を見出せない流れになるかもしれません。でもこれは、ライバルが逆の主張をする者として登場することになるので、そこでもう一度、自分自身、お金の重要性について自問することになります。

そこで、ああでもない、こうでもないと書いていると、気がつきます。これは、お金vs非お金ではなく、ベキ思考とタイ思考の戦いなんだと。そしてこういった問題はあらたな疑問を生み、入れ子構造になって、物語は続いていきます。僕はどちらにつくのか。こういった思考の対立となると、絵が邪魔になることもあったりします。

以上近況でした。あれ新作情報は?フフフフ。はい。ハニーキャンディ。かわるんるん。
かっこいいおっさんって
140408s.jpg

先ほど、テレビで「今でしょ!」の人が株式のことやってます。僕は、株についてはよく解らないのですが、株を買って会社を応援するってことなら、お金をたくさん貯めて東映の株を買いたいなって思っています。絶対売りません。超応援します。プリキュアが続く限り。

突然ですが。最近、というか、ようやくこの歳になって、自分の見え方みたいなもの、他者に映る自分がどうあるのかについて考えたりします。なんか、いつまでも20代の気分じゃだめなんですね(あたりまえだ)。

実はですね。いつも行くスーパーはお弁当が豊富だからか、50~60歳ぐらいのおそらく一人暮らしのおっちゃんが多く買い物に来てるんです。いつも、そのひとたちの姿を見て、やはり、なにか、自分を省みずにはいられないのです。

なんというか。そのかたたち、着てる服も、汚くは無いんですが、なんか、おっちゃん感がスゴくて。姿勢も、動きも、髪形もそう。なんかぶつぶつ独りゴト言ってるし。そのひとの乾いた生活さえも連想してしまいます。僕は、そう言う人を見ると、自分も近い将来、その時代をとおるのかなと思うからでしょうか、強烈な拒絶反応がでます。

でも、そんなふうに思いつつも。エスカレーターの鏡に映る自分をまじまじと見ます。10~20代の人から見れば多分、僕とあの人たちはそれほど大差ないと思うんじゃないかなって。あわてて背筋をのばして、身だしなみを整えます。

でも、見た目をちょっとぐらい整えたって、滲み出る哀愁オーラは消えないんですよね。ほんと、普段の生き方って、とっても重要だなぁって思います。毎日何かに腹を立てて、一人でブツブツ言いながら暮らしてたら、あっという間にああなっちゃうんじゃないかと。

僕の予定では、10代はトムクルーズ、そのあとしばらくは福山雅治になっている予定でした。今の時代はハリソンフォードになっていないとおかしいので、カッコイイオヤジになろうと思います。コミケも回りは歳下の方多いですし。なんだこのオッサンって思われるのは嫌です。カッコイイ変態オヤジって思われるように、冒険のココロを忘れないようにしようと思います。

製作についてなんですが。コミティア原稿が思ったより強敵で。メカなんか描いちゃったもんだから、まぁ終わらない。時はまさに大後悔時代。でも、いい加減4月には出さないと……。最近、また、今日の挿絵みたいな感じの塗りが好きになってきて。こういう感じの絵で作品出せたらなぁなんて思うんですが、あんまりウケなさそうなので、ちょっと考えています。

あっと、ハリソンみたいなカッコイイ変態オヤジ志望でも、プリキュア好きは変わんないです。プリキュア好きでカッコイイオヤジの模索をしてみようと思っています。ご飯は愛のエネルギー。


何ツイートのまとめって
え こんな機能あるのね 昨日初めて機能したのかしら キノウキノウイエスタデイ(不明
さすがにこれはいらないかも……てか、どんだけ自分を知ってほしいねん!ちゅーかんじやー!

町で誇らしげに、大声で、エセ関西ことばを発する大学生ってよく見ません? なんで大学生ばっかりなんだろうっていつも思う……ってなんのはなしやー

140404s.jpg
04/03のツイートまとめ
Fue_lav

PCは、何かを清書するための道具であつて、もやもやに輪郭をもたせる段階では紙のほうがよいみたい。何も考えないでPCつけると、創造ではなく、処理ばかりする。
04-03 12:49

たおやかに決意しました!
140331s.jpg

お世話になっております。オフ名義ではらばた工房というサークル名で活動中の高石です。おかげさまでとらのあなさんのほうの在庫がほとんど売切れてしまったようで、残りは店頭分だけ(なのかな)のようです。まだ、敗北の町だけは数部あるようですが。メロンブックスのほうはまだ大丈夫みたいですので、お求めの方はそちらでよろしくお願いします<(_ _)>

いやはや、ちょっと油断すると、風邪っぽくなりません?これが昼と夜の気温さってヤツですかね!?寝て起きてもシャッキリしないので、なんか頭にもやがかかってるような感じです。そんなこといってる間に、製作のほうもすすまず、3月も終了。なにしてんですかね、まったくもぉーぅ!(←奏っぽく←奏に怒られたい)

最近の高石です。いろいろツイッターを触ってみてますなう!よくツイッターを「ミニブログ」っていうから、短いブログを書くものなのかと思ってまして。だったらこのブログとカブるし、存在意義を感じなかったんですけど、ツイッターは、自分の何かの情報を発信するというよりも、誰かとのやり取りすることがメインなんですね。知人の学生さんにやりかたもいろいろ教えてもらいました。

つまりこれは、バトルのないオンラインゲームみたいなもの……かな(違うか)?お題を提供しあって、それについてわいわいとやりましょうと。オンラインゲームより、ちょっとリアルが近い……みたいな? とにかくそんな感じならブログとは方向性が変わるから、共存できるのかな……どうかな。

しかし何で突然、ツイッテぃんぐしようとしたのか? ふふふ、よく解りません。春だからだと思います。このブログも更新するとツイッターに行くようなシステムにしてみています。でも、そうするとこのブログで、アレがいやだのキライだのと、毒を吐きづらいかもです。

いえ、これはちょっとよいことです。もともと、毒なんかワールドワイドウェブに向けて吐くものではないので、知ってる人にブログを見られる可能性がある!という、このくらいの緊張感は、ちょうどよいのかと思います。

4月になって、コミケまでの準備期間である残り3ヶ月がカウントされ始めます。一応、コミケは、受かれば、カラー本とマンガ出したいいと思ってます!……というか、コミケなかったら、これ、怠けまくりだな……。怠けるとご飯がどんどん食べられなくなります。昨夜のTVで刑務所の食事が映ってました。ウチより豪華でした。これはよくない!よくない!

まじ4月から本気出します。まじ。エイプリルフールの日だけど!これはまじ!