「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
はぅあっ!? ちょっと気抜きすぎてた!?
140527as.jpg

雨上がりの関東平野です。今日は少し過ごしやすいですが、明日からはしばらく夏のような暑さだそうです。でも、すんごい暑いのが早めに来た年は冷夏になるイメージです。ああ、麗しのれいか。頭を使う作業は今日中にまとめなくっちゃ!方向性を決めなくっちゃ!などと焦れば焦るほど決まらぬものです。

先日のブログに書いたのですが、なぜかこのブログに毎回描かれる挿絵について。圧倒的なプリキュア率だったのですが、プリキュアはツイッターで愛でるとしまして、こちらは、ちょっとアダルティ~な感じでいこうと思います。女の子模写とか妄想とか。今日のは夏菜ちゃんです。モビットの宣伝イイ。

で、最近は究極の自分大好きツールである「ツイッター」をやってみてる訳ですが、いろいろな面が見えてきました。なんとなくウマが合う人(といってもネット上の文字のやりとりだけですが)の記事や、その人たちとの会話は楽しくて、ああ、ハマっちゃうのも解るなって気がします。

ツイッターは本来、「今、自分が何をしてるか」を言うことが目的らしいので、みなさん自分について語ります。僕もブログでずいぶん痛い自分語りしてるなぁと思ってたんですが、全然ひよっこでした。自分大好き猛者達がうようよでした。なんか、気分的に随分ラクになってしまいました。

で、ツイッターで絵を上げているひとは結構いまして。ブログはどっちかというと「自分の家」なので、結構気楽な絵を描けます(見返してみてそりゃもう驚くほどに)。見てくださる方も、なんらかで僕のことを知ってくださってる方が多いですし。

しかし、ツイッターは、公道というか、らばたにまったく興味ない人の目にさらされる訳で。とすると、自分の絵が良いかどうか比べられる相手は、プロを含めた絵描き達です。これはちょっと、気が引き締まります。自然と、この「我が家」に描く絵も、丁寧になります。これはいい刺激になりました。

でも、正直いいますと、このツイッター、自分が思っているなんでもないことを活字化して誰かに、見て!聞いて!と言う行為は、常に自分を見て欲しい幼稚園児みたいで、この歳の男がやるには気持ち悪いです(女児向けアニメは大好きだけどな!)。日本人として育てば、この感情はいくらかはあると思います。

でも、同様にこの行為は「自分は何を今考えているか」を活字化することで、自分は何者であるかを考えるチャンスでもあります。ツブヤキという小さな積み重ねではあっても、その発言にある一定のかたよりが出てくると思います。ブログは、文章を作る中で校正できてしまいますが、ツイッターは言ったら最後ですもん。

自分は、なぜ、ネットに発信するのか?自分を見て欲しいのか?何を見られたいのか?それとも誰かに迎合して、楽しんでるつもりになりたいのか?せっかくバーチャルでできるのですし、いい歳してやるのですから、そういった部分も経験してみたいと思います。

こういうのが、知ったふうなこと、ってやつです。
みんなきいてくれ
140522s.jpg

最近よく、ツイッターを頑張ってます(←変な表現ですが)。事実上、ほとんどプリキュアです。だからツイッターじゃなくプリッターです。洋風の天ぷらです。

これはひとつのジレンマを解決しました。ご存知の通り、僕は女性のおっぱいが好きです。大きくてだらしない人が好きです。小さくても、感度がバカみたいにいい人は全然好きです。

こういう話を、プリキュアと同列に語るのが自分の中で割り切れなくて、結局、ブログの記事はどっちかになってしまいます。結果は、現状の有様です。

その、僕の駄々漏れのプリキュア愛を、垂れ流せる場所を、ツイッターに見つけられたような気がします。

さんざん、みなさんにもプリキュアファンになることをお勧めしてまいりましたが、らばたの世界にはプリキュアはいません。いたら、作品描けません。だから、らばたにきていただいてるのに、みなさんには、他の事を話していたわけです。解ってましたけど、話したくて仕方なかったので、許してください。

皆さんに失礼を承知でプリキュアを描き続けた理由は、もちろんまず、嫁への愛情です。夫が嫁を想う、当たり前の気持ちです。そして他に、心のどこかで「二次創作は絶対通ったほうがよい」という意識もあります。らばた作品の精度を上げるためです。で、ピクシブを利用してたのですが、もっと気軽に、もっと手早く、「自分勝手に」かきなぐりたい、というような欲求がずっとありまして。

らばた作品は、どうしたって「お客さんを考えて」作ることになります。これは、僕の本来のスタンスです。気を使いすぎだとか言われようがなんだろうが、買ってくれた人が楽しんでもらえるかどうかを一番に考えて製作してます。だからお金を頂く以上、「同人だから好きにやれ」って台詞は嫌いです。

その「同人だから好きにやれ」は、自分勝手に出来ることです。すなわち、これは「自分で責任をとる」、「自分を出す」、「自分とは何者だ」を考えることです(ここを見ないようにする自分勝手は、ただの子供なので論外ね)。 だから、自分発信が強くなります。アート系といわれる人々は、この塊ではないかと。社会性の逆のものだと考えます。絵を描くようになるまで、僕はこういう人たちを全否定して生きてきました。責任が取れないなら、社会性がないなら、社会に出てくるな、と。

まさにどっちが身勝手なんだ状態ですが、この相反するように見える二者は、実はどこかで通じるものがありまして。「面白いもの=作者自身が出たもの」となることも多いです。でも、「つまらないもの=作者のひとりよがり」という事は明確な事実です。両者は通じるのに、ダイレクトではいけない……なんだこれよく解らない。そしてやはり、この二つに精通するべきだ、という結論に至りました。

ツイッターは比較的、好きなことを好きなようにつぶやいてる人が多いので、そのドサクサに紛れ込みやすいです。「自分の、自分勝手な部分」をよく見てみようとも、思っています。事件は起こさないようにしますが。

まとめです。
・当面、プリキュア絵はツイッターで行こうと。HNは「Fue」にします。
・らばたノートはエロ系絵、オリキャラ系も上がります。従来どおり「高石ふう」です。
両者は、ピクシブで見れるようにまとめておこうかなと考えています。

この簡単な三行のお知らせを、さも、偉そうにかけるのが、らばたのーとの醍醐味です。うひょう。
愛という名のもとに
140518bs.jpg

最近は、ツイッターで開催?される、1時間で絵を描く的な物に参加してます。これがとっても面白いです。ひとつは、題材が愛するプリキュアであること。もうひとつは、皆さんの、ある意味本気というか、ごまかしてない絵が見られることです。

同じ時間で描いてるので、自分がそこまで出来なければ、自分は周りと何かが違うのでして。それが、いわゆる実力ってやつだと思います。なんていうか、ぶつ切りでちょこちょこ一枚絵上げてるだけでは、突破できない壁みたいなのがあるんだって、ようやくわかってきました。……いや、前からわかってたけど、目の前に突きつけられた感じです。見ろバカ、って。

コミケ参加を始める前に感じた「漫画家万能説」です。同じキャラを何回も描くマンガは、実力が、0.1上がると、すべてのコマが0.1上がります。3.0も上がれば、その集合体としての作品は美しいものになります。

一枚絵だったら、ジツリキなくても、時々5.0スマッシュ出ます。上手く行かなかった絵は、忘れてしまうというか、なかったことにも出来ます。キャラも違うし、タッチも変われば、過去絵と明確な比較がしづらいから。上手くいった絵だけを記憶でつなげて、おいら結構描けちゃうぜベイベ気分に。

逆に言えば、マンガを美しくしようとしたら、ジツリキを上げるしかないんです。僕はこれ、無意識に逃げてたのかもしれないって、よく解りました。商業のすごいマンガとかを見て、こんなふうに自分が描ければなぁって考えた時、一番先に出るのは「でも、めんどくさそう」でした。

これはつまり「ラクして、見た目よさげな、絵を描きたい」ってことだったんですよ。自分の好きだと言ったことにつばを吐く、僕の一番嫌いなタイプの人間です。いい訳先行。逃げて逃げて、でもがんばってまーす、って。ああ、なんてキモチワルイのだろう。

今、ちょっと変わってきてます。出来そう、難しそうの前に、楽しそう、が芽生えてきてます。いえ、以前もあったんですけど、最近は手ごたえとして感じられるようになりました。多分描けないであろう描写に挑戦するのも、その結果が微妙でも、楽しく感じています。

なんがきっかけで、どんなタイミングで、変わってきたのだろう?環境?道具?描き方?

いえ多分、愛です。愛。
こういう自分のキモチワルさは、好き。
嫁持ちの方に朗報!!
140513x.jpg

ひびきぃいいいーーー!ひびきいいいいぃーーー!
以上、いつもの。

先ほど、今でしょの人のTVをみてたら、若年性アルツハイマーのことをやってました。現在の医療では、始まっちゃったら治すのは難しいそうです。だから予防しようと。で、予防には何が良いか、と。

ときめき が最高らしいです。

で、さらには、

相手がリアル人でなくても良い

らしいです!!すごく好きな対象があれば、ボケないらしいです!!うーーおーーーー!!キタ!これ来た!!怖いもん無いぞこれ!!やっほーーー!!ビバ!プリキュア!アイラブ!ユーラブ!・プ・リ・キュ・ア!(人に恋する気は無いのですか

さて。この一ヶ月間は、アナログとデジタルの作画について、マジ本気で考えてます。で、ある程度見えてきた僕仕様が、やっぱり、ペン入れは、アナログのほうがいい。でも、ネームはPCのほうがいい。

なぜか?ペン入れはもう、コレ、全体を見ながら描けるのと、紙をバンバン回せるの。
ではネームは? なんといっても、やり直しが効きまくること。そして、ネームの決定稿をそのまま下書きに回せる事。セリフを早い段階で文字に確定できること。

これは具体的にどうするか? ネームをPCでやって、プリントアウトして、それを見ながら下書きに?うーん、枠線はPCが死ぬほど便利なんだよなー……

うむ、もう少し詰めて行って、一番合うやり方を探そう。なんで今までのやり方じゃダメなのかってことですが、それは、このままじゃいつまでもヘボいままだからです。もう少し、質の良いものを。お届けしたい、と。

挑戦すること、も、ボケ防止に良いらしいです。まだ、そんなとしでわないけど。動けるうちには動くべきかしらと。プリキュアが応援してくれている(と信じきっている)今のうち!
ちょっとちょっと
140511as.jpg

カンバン娘のわりになかなか登場しない美歩ちゃんですが、これ、主線を墨汁にGペンで描いてます。ええ、最近マイブームのアナログ描画です。……えと、常連の皆様、なんかこの感じ、昔のらばたの絵っぽくないですか? 自分では結構そう思うんですけど……いえ、なんていうか、好きなんですよ。こういう感じの絵。

やっぱホントにアナログにダウンシフトしようかしら。ダウンシフトって、年収さげてものんきに暮らす的な最近の言葉らしいです。ちょっと使いたくて使ってみました。数年前から実践中だってのヒーハー。

アナログ、楽しいんですよね描いてると。で、いまちょっとブログの、去年の今頃を見たら、やっぱりアナログがどうとか言ってます。あれ、その前もだ……うげ!その前の5月もだ!!なにこれ5月はそう言う時期なのかしら!?

特にニュースはありません。あ!10周年のキュアメロディがもう、くっそ可愛くって。


くっそくっそくっそ可愛くて。


あー。しあわせだなぁ。プリキュア知る前って、しあわせじゃなかったのかもなぁ。

あー。みなぎるワンダフルデイズ。
線画にこだわりたい的な
140506s.jpg

GWもおわりですね。皆様はいかがお過ごしになられましたか? 僕のほうは、それほど変わらない日常の中に、イベント参加がちらほらとありました。昨日はコミティア&トレフェス(同日にやってたフィギュアのイベントです)、今日はレイフレ行ってきました。やっぱいいなぁ、あの空間。他に空いた日は掃除洗濯日用雑貨のお買い物。主婦か。

で、そのコミティアのほうなんですが、自分も参加した合同誌が出来たんですよね。それ見てみて、まぁ。なんと自分の原稿の見にくい事。醜いとも。なんていうか、デジタルにおんぶにだっこ感がすごくて、完全にツールで描いてる感じがすごくて。

僕が、この人生の後半、多くの大人として生きる時間の代償として、描き続けたいのは、これではない。すごくそう感じました。お話の内容については、まぁ、僕っぽいなとは思うのですが、やっぱ、絵が……。違う。いえ、ちがくないんですよ。普通にいつものように下手なんです。でも、描きたいの、とは、違う。

というのもですね、コミティアのカタログ見たことある人はご存知かもしれませんが、サークルカットがとにかくおんなじ顔が並ぶんです。健全だからってのもあると思うんですが、どれも似たような顔。大きな瞳に、髪型が多少違うくらい。

これ、会場のポスターも、見本誌も、見事にそんな感じです。可愛いヒロインがドジッこでわぁ~な感じ。もうお腹いっぱい。ディスってんじゃないですよ。ただ、僕はそう言うのは描きたくないってだけで。でもなんか、デジタルで描くとそうなっちゃうような気が勝手にしまして……。

って言っても皆さん僕より全然上手いので、敗者の遠吠えではあるのですが。ええ、弱い犬ほどよく哭くモノなんです。背中がすすけてるぜ(は?)一枚目の北から行きますもん(オタ風だよ?)。 えっとそこでですよ。今日の挿絵は、そのコミティアでみつけた「ガラスペン」で描いてます。はいはい懐古趣味ねとばかりに、触った瞬間ですよ……ッ!!!!ブラック&ホワイトサンダー!!なにこれこの、相性の良さ。まるで自分の指で描いてるみたい。うっわなにこれ。スパーク。

僕が描きたいのって、こういう感じに近いです。今っぽい絵柄じゃないんですけど、こういう感じのマンガを描きたいんです(違いわがんねえよ)。プリキュアはプリキュア。エロチックファンタジーの絵柄としては、こっちです。でもガラスペン、手に入んないんだよなぁ……生命線が供給不足とか恐ろしすぎますし……。

うーーーーーーーん。やっぱアナログなのかなぁ。で、コミティアでの出費はこのガラスペンと、見た目一撃でおとされた可愛い絵柄のサークルさんと、あと数冊程度で、トレファクは鬼のように可愛いキュアピーチ(¥18000)を血の涙で振り切り、生活費へのダメージは避けられました。よっしゃ乗り切ったぜ!

で。翌日の今日、あれえ。お財布から2万ぐらい無くなってるよ……? っかしいなぁ……そんなに買ったかなぁ……でもバックすっごい重いし、買ったんだろうなぁ……とかニヤニヤしながら帰ってきました。

いっぱい読んで、パワー充填! また明日から頑張ります。