「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
開きました夏の扉
140731lavs.jpg

多分、運動不足だとおもうんです。いくら寝ても、疲れがとれない。少し自由な時間が出来ても、寝ちゃう。ちょっとPCやるともう、疲れちゃう。エアコンで部屋は27度くらいと涼しいのに、体だけ、なんか暑い。そういうのみなさん、大丈夫ですか? これぞ自宅警備員の怠け病なのかしら。

自宅警備員といいつつも、案外ちょこちょこ出たりしてます。週末なんかはきまって、健全サークルのほうに顔出しますし、隔週で奥様体操の集いの手伝いなんかもしています。結構カオスです。まぁ、出てるといっても、普通にお仕事されている方の半分、いや4分の1以下の量だとは思いますけどん。

そしてこれらの活動は基本的にいくらのカネにもならないので、事実上の趣味の時間になってしまっています。でも、さすがに永遠に引きこもるわけにもいかないので、まぁ、なんとか、できるうちは、と。

そのナマケルだー的な毎日の中で、今週の更新も遅れてみました<(_ _)> すみません、というのも変かもですが、すみません。こっち静かぎみでもツイッターのほうには多分いますので、もしよかったら話しかけてください。らばたから来ましたよっておっしゃって頂ければ、100%フォローです(←こういうのも最近覚えた

そんなわけで、おまえプリキュアばっかりでこっちのほうやる気無いだろ、と思われがちですが、そうでもないでござます。ご存知のように、らばたは収入と生活に直結してまして。今はこれまでのたくわえを食いつぶしつつ、毎月赤字で生きています。コミケあっても本つくれなかったなこりゃ。いや、消費者金融という(やめろ)。 このままではもうじき、ガチアウトです。でも、いまこのチャンスに、描きたいものを描けるようになっちゃいたい、というのもありまして。

そのツイッターのほうは、ほぼ、お絵かき交流ですが、どうしたって上手い人と比べられます。それに、プリキュアは公式があるので、ソレにまねて描くから、自分が下手なのが如実にわかります。オリジナルだと、そのあたりがぼやけるので、今は、めいっぱい恥かいておこうと思っています。

それと。やっぱし。運動しないとダメよね。よし。走ってこよう。いや、走るのはしんじゃうかもだから歩いてこよう。いや、今日はやばいから明日から(言ってろ
古い絵がでてきまして。
140722s.jpg


HDDの修復ついでに、すんごい昔の絵が出てきました。9年まえの絵です。今描くとどうなるのかなと思って、やってみました。9年でこの程度の進歩かと、当時、予想できたでしょうか自分。いえ、当時はきっと「自分は描けてる」と思ってたろうから、進歩とか考えなかったんじゃないかな。恐ろしいことです。

先週から、やっていた部屋の模様替えが、結局今日まで掛かりました。大きい机を買ったのはいいのですが、なかなか上手く配置が決まらなかったり。さらには、PCのHDDがもうアウチギリギリで、換装、データを受け渡しなどですんごく時間を食ってしまっていました。僕の生活もその本社と一蓮托生なので、ベッドで寝れなかったり、コンビに弁当続きだったりで、相当疲れも溜まっていました。

ようやく、なんとかこうして、PCに向かえる状態にはなったのですが、今度は梅雨明けです。ぎんぎんぎらぎらの、夏なんです。疲れはたまりんぐです。もしコミケ受かってたら、いまごろは原稿だったでしょうから、どのみちヒーヒーは言ってる筈ですが。まぁ、お ち た し 。(根に持つなよ

今年は、なんか、いろんなことや、自分の考え方が変わってきている気がします。絵の描き方はもちろん、マンガの作り方や、DL作品で描くべきこと(←つくってねーじゃねえか)、偉そうに言えば生き方みたいなものまで。歳のせいなのか、マヤ暦が新周期に入ったからなのかわかりませんが、PCも中身は一新し、作業場も新しい環境になりました。仕切りなおしていければなって思っています。

あ、体重もちょっと増えたと思います。やたら食うんです。なんか。最近。そんなの一新しなくていいのに。
ご……ごめんなさいっ
140717eros.jpg

ほんとなんも発表できなくてっ……!! ひぐううう!!!
らばたメイン作業スペースに会議机を!と思ってたのですが、僕のカモシカのような足を組めないので、ここはいちばん!1800のでっかいワーク机お願いしましたよ!ひゃっはーー!到着が明日か明後日かでちょっとまだ、我が社は復活しきれていません。外したシンテックの上でアナログ原稿です!上の原稿はトーン以外全部アナログです!どう?ちょっと地力上がってない!!?あんまかわってない!!?そうですか

うっきーーーー!(何しに来たんだよ



夏の配置換え!
140716inus.jpg

――けだるい朝に、マービンゲイのソウルが心地よくシャッフルする。スピナッチのコンフェにありつくオレは、まるでクラインベルトのオーディエンスのようだ――

はい、おはようございます。一週間のご無沙汰でした。冒頭のワッツゴーインオンな詩は意味わかりません。単語も思いつくままの造語です。ぱおーん!それは象語。近況リポーツ行きます。

上の犬マンガ(で、すみません今日)のように、本社は模様替え真っ最中です。また!?なんで? ふふふこれは今日のプロローグにすぎません。

液タブにしてもうじき1年ですが、とにかく狭い部屋なので、現在机の天板、兼、液タブ状態でして。この上でキーボードやらアナログ作業もしています。液タブですので、結構高い位置に天板来てます。これで手をのせると、常に肩を突き上げられてる状態になります。ひどい肩こりに。

んで、液タブの向こう側にキーボード置くので、モニタが遠ざかります。それをガンくれるようににらむので、目の筋肉がキンチョーして、ひどい頭痛に。これらが要因(だと思う)で、ちょっとPCキツくなってたんです。

それで最近、この近所に新築アパートがガンガン建ちまして。引越しも考えてたんですが、大家さんに思わず家賃下げてもらっちゃって。物件はすごい気に入ってるので、これはここでなんとか!と!

プリキュアのほうは描けるのに、なんで本業ができないんだろうって、ずっと思ってて。これはタマシイがやられたのかなって悲しむ僕はちょっと意気消沈、でもキミ昇進、ィェア、してたんですが、なんのことはない、プリキュアは一時間限定だから、肩や眼が辛くなる前に終れてるだけでした。なのでためしに、画板買ってきて、抱えながら紙にエロ絵描いてみたらもう楽しいの何の。何枚か溜まったからまた出すね。

ということで、また、もうほとんど趣味と化していますが、本社配置(模様)替え実行中です!で、ツイッターでプリキュア描きまくってるおかげか、絵の描き方や、それにマンガのくみ方なんかも、アナログノートに記録するようになってきて、見返す時間が長くなって、いろんなことが解ってきています。伸びちゃうかも!この歳で僕もうすこし伸びちゃうかも!

来週には模様替え終ってる模様!今日も真夏の空模様!オレとアイツの恋模様!ホームセンター行って来よう!ィェァ
社会を斬る高石(最近多め
140708des.jpg

また線画アナログです。んで、今日は暑かったですよ!さいたまシティ。夏は嫌いじゃないです。いつもは自転車で行くお買い物も、今日は徒歩で行ってやりましたとも。で、うっかり重くなって、おかげで四葉牛乳かいそびれました。あほか。ただ、暑くなるならがっちりなってもらえば、こころおきなくエアコン使えるのですが、今だとちょっと気が引けるのも事実です。で?

そういえば、先日、NHKでストーカー問題の番組やってまして。流し見ではあったものの、いま、ツイッターやってるせいか、すごくリアルに受け止められました。え、何の関係が? それはですね、ツイッターにもこんな共通する思考を持つ人が、思ったより多くいるのではないかと思うからです。それは「自分の世界の出来事はすべて自分で決められる筈なのに!」という思い込みです。おお。斬る気だ。

このブログを見に来てくださる方は、結構年齢イってるかた多いと、勝手に思っておりまして。そんな皆さんは既にもう、世界は全く平等ではなく、欲の強いいろんなヤツの意思によって左右しているのはご存知と思います。平和に、のんびり暮らしたいと願う者は、どうしてもそのアオリを喰らうことになることも。

つまり、自分で決められるのは、今日の夕飯ぐらいだったりしたり。いやさ、それすらままならなかったり。で、たとえばそれが思い通りにならなくっても、まぁ、自分の心の中で処理します。それに対して、ある種の人間たちは、自分が不幸であることを高らかに叫び、さらにそれを後ろ盾として、なんらかの行動をしたりします。

ストーカーは、自分の思い通りに行かない理由を相手に無理やり押し付けます。恐ろしいほどの自己肯定。ツイッターも、つぶやき程度とはいえ、雨だれのように不満を積み重ねて、いつの間にかストーカーと同じような思考に染まってしまってるんじゃないかという気がしてなりません。

「電車なう。前に立つやつが目障り」「コンビニのレジ遅い」「眠すぎ」「この先生の講義退屈」 普通に生きていれば、全部、あって当たり前のことです。こんなの、何も不思議ではありません。自分の周りに居る人間すべてがイチロー級の生活のプロだとしても、自分にとっての不都合はおこります。反面、その自分本人は「コミュ障で、友達がいなくて、寂しい存在である!」と、堂々宣言する。まるで世の中は、そんな自分に優しく、いたわるべきだ!とでも言わんばかりに。

ああ、こんなストーカーやら未熟な思考の人間!こんな日本!いやだなぁ~!……なんて、じつわ。あんまり思っていません。ある一定層の、しかも操作しやすいといったら語弊があるかもしれませんが、そんな消費者の動向が大まかに同じ方向を向くというのは、経済にとってもまんざら悪くない状態ではないかと思います。

また、のんびり暮らしたいと願う僕やみなさん(決め付けた)にとって、彼ら彼女らのように年中何かに苛立ち続けているのは非常に疲れます。これらの声は、僕たちの変わりに、日本経済を大きく動かしてくれてるチカラにもなってくれてるのデス。

おかげで、どこにいっても冷房は効いてるわ、人に会えばある程度の笑顔はかけてもらえるわ、道はきれいだし携帯はつながるし、電車なんて5分おきに来るんですよ。得ている利益のほうが圧倒的に多いですよね……などと、ちょっとまた素人が偉そうに語りましたが、もし、皆さんの周りにも自分と合わない、ムカツクとかって人がいたら、ちょっとまてみてください。こっちが静かに本を読んだりしてるときに、その人はネットなどで代わりに声をあげてくれている人かもしれません。

――って、ツイッター見てておもったことを、ハナにつきまくりで偉そうに書いてみました。自分は違うグループから世の中を見てるぜ的な、いつものアレです。あ、ツイッターやってない人は、また高石がほざいてるよ、とお見受けになられるかも知れません。事実、ほざいてますが、でも、あんまり誇張はしてないつもりです。そう言う世界なんですあそこ。その中に、ああ、お話できてよかった、という人がポツンと紛れ込みます。そこがすごく嬉しい瞬間でもあります。

「野々村議員、スマブラ参戦!!」には腹抱えてしまいました。
それなそれなそれな
140701as.jpg

いつも出先で行く、ひいきのお蕎麦屋さんがありまして。値段も¥1000上ですし味はそれほどでもないのですが(失礼)、他はマックとかばっかりでゆっくりできる場所が他に無く、しばらく通っていました。そこが、どうやら最近、近くの老オヤジ集合団(囲碁仲間かなんかかな?)に目をつけられたようで。近頃はいつも大騒ぎの居酒屋状態。マックのほうが静かだこれ。

でも、まぁ、ウェイトレスさんたちが気を使ってくださっていたので、我慢して利用させてもらっていたのですが、ついに先日、サービスデザートを頂く際に、混んで来たから場所変わってくれと、そのオヤジたちの荷物いっぱいのカウンターに誘導されました。まかない飯か。ニコニコしながら今日は結構ですよ~と、退席してきました。

お姉さん、次回の時にサービスさせてもらいますとか言ってくれたけど……次回は無いですよね。あーあ、また他の店探さなきゃ。愚痴始まりでしたが、もいっこぐち。許して。

楽しいツイッターの日々です。いまさらはじめて楽しがってるのもどうかと思うのですが、正直、プリキュアありきです。プリキュアなかったら多分やってません。基本的にはその中で知り合った人たちとで、お話しするのが楽しいのですが、ふぉろーふぉろわーという性質上、ほとんどお話しない人でも、その人の発言は読める状態になったりします。

でですね。じつは僕、「それな」と「~マン」という発言に鳥肌が立つほどのキモさを覚えるんです。ご存知ですかこの言葉。「それな」は多分同調同意に近いと思います。「~マン」は、たとえば「オレ誰か並んでるとつい並んじゃうマン」みたいに、自分のことを言うように使うみたいです。うぁ例出すだけでもうぇぇぇ。

いえ、最初は、ツイッターの中での使用は別に、流行なのかな、ぐらいに特に気にしてなかったのですが、リアル知り合い、まぁ、若い子ですが、が、普通の会話で連発してくるので。もう、お願いだから黙ってと。恥ずかしいやら逃げ出したいやらで。あとは電車の中で大学生風の子が大声で連発してるのを良く聞くようになって。ツイッターのほうでは年齢解らないこともありますが、多分、学生の方ではないかなと思っています。

解りますよ。僕たちの若いころの「ダセエ!」や、キムタクの「ちょw待てよw」とかも、大人たちにしたら嫌だったのかもしれないですが、当時の大人たちは、若いころの僕たちと同じ土俵には居てくれなかったから、それほど直面してはなかったと思います。

じゃあツイッターやるなよ、というのは、どうせ死ぬなら生きるなよ、みたいなもので。その中にも、楽しいことや勉強になることがあるので、自分はその場所にいたいと思っています。絵のほうは、そのツイッター上で一生懸命やってます。

ようやくお仕事の話します。絵が描けるようになってくると、作品もマンガも描きたくなってくるのですが、その前に強大な壁が立ちはだかります。それが「ストーリー化」という作業です。ただ、モンスターとやってるだけのCGを何枚か描いて作品でぇすっていうなら、毎月出せます。んでも、そんなもんピクシブに行けばいくらでもありますし。これやるくらいなら、お金いただけません。

ストーリー化は、なにも小説作品みたくしろってんじゃなくて、お客さんに持ちやすいように、取っ手をつける作業=商品化だと考えています。もやもやとした妄想を、どう、お客さんに伝わりやすい形にするか、これで毎回毎回毎回毎回ド悩む訳です。

で、さっき。正確には19:38。神が降りてきて、イイコトを耳打ちしてくれました。吐息が耳にかかりました。なるほどおおおおお!!!その手が!!!これは描きたい!!!これは伝わる!これはダイレクトだ!!ありがとう女神様!!ありがとうプリンセスビューテ(自重