「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
点と点をあつめて
150204s.jpg

なんか突然暖かくなったりしますね。昨日も普通にコート来て出かけちゃって、あまりにムレムレなので腕まくりしたかったのですが、それはかなり痛いビジュアルになると思いましてずっと我慢してました。脱げばいいんだって彼が気づくのには、まだもう少し先。

新作はマンガです。不思議なもので、マンガやってると「HTMLの方が組みやすいなぁ」って思うし、その逆もシカリです。HTMLは、どちらかといえば、静止画という「点」を置いていくかんじで、点と点を繋ぐ部分は、あまり書き込まない方がいい感じです。

対してマンガはむしろ、その「繋ぎ」こそが主で、点が従みたいな。つなぎの面白さあってこその点のような気がします。なので、二次創作なんかは好きなキャラがわちゃわちゃしてれば満足ですし、むしろその決定的な「点」は無い方が読みやすい気さえします。

この二つの考察については、我ながら、真意を得たり、ナタリーはポートマン、ぐらいに思ってます。これは、それぞれの作品形態を立ち上げる際に役立ちます。点が描きたいのか、つなぎが描きたいのか。

僕は、自分のらばたマンガ作の中で一番好きなのが「マーガレット・マイ・ラブ」なんですが、これは、前述の考察によれば、「繋ぎ」を描きたくて描いた物です。だから、マンガとして描きやすかったように思います。点となるべきエロシーンは、代替が効く物ですが、繋ぎの部分は代替が効きません。

でも、いちばんヌケたのは(←作ってる最中に枯れる直前になることもあるのです←要らん情報)芋虫のとか、敗北の町とかで、その直接的な「点」が、作用してるように思います。といいつつ、自分は作り手なので、その点に到達する過程も、作中に書かなくても脳内ではきっちりなぞってるので、それが余計にヒートするのかもです。

自分作品以外でも、好きな作品、と、抜ける作品、は、違う感じですが、欲しい作品というくくりにすると、自分の中では同じかもです。

あ、その新作なんですけど、本に出るのが、5/2のCOMIC☆1というイベントなので、原稿はもっと前に出来上がるのですが、イベントとあまり間が開いちゃうのもどうかなとか思いまして……ただ今調整中でございます。

あっ、それとプリキュアの方の新刊は(聞いてないよ
やりかた、じゃなくて、そのモノ次第
150217bs.jpg

今日の関東地方は、小雪舞い散るみぞれしとしとな日でした。そんな中、自営業主でもある高石は、税務署まで、確定申告を提出しにちゃりで爆走してきました。何で郵送しないかって? まぁ、税務署がそれ程遠くないということもありますが、これは、僕の昨年一年の頑張りをきちんと書いたモノなんだから、あんた達に手渡しするぜ!俺の税金、しっかり使ってくれよな!というややめんどくさめな意思表示でもあります。

しかし!なぁあんと。税務署はお引越し済み。オレに内緒で遠くへ。うっげーーーー!!もう寒いわ雨になってくるわで、またヒーヒー言いながらおうちに戻りました。あしたポストに投函してきます。意思表示はどうした。

話チェンジで。じつわ。先ほど、昨年末にあった「THE MANZAI」の録画をようやく見ました。博多大吉華丸さんが一等賞とったやつです。年の瀬のCMがいっぱいで、なんか不思議な気分でした。自分も、華丸さんたちが一番面白いなぁってみてました。

それでですね、ビートたけしさんが、「今の若い奴らのスピード漫才じゃなく、こうやってゆっくり聞かせるのも良いよな」みたいなこと言ってて。いい面と悪い面を思いました。

悪い面から。人間は年を取ると、時間の流れのゆるいものを好む傾向にあるらしいです。たけしさんがよくても、どの世代が喜んだら良いのか。それは1つの正解じゃなく、多様性もあっていい、というか、エンタメなんだから、なきゃダメくらいに思いました。だから、華丸さんたちが面白かったのは、スピードが遅かったからだけじゃないのです……って、セカイの北野もまぁ、そんな感じのこと言ってたけど。素人のいいたいことはそれだけか。はいそうですすみませんでした

で、いい面。つまり、古臭い手法でも、何を語って、何を見せるかさえきちんとしていれば、それを良いという人はいるということ。僕は、とにかく流行のCGらしい塗りが好きじゃない、っていうか、ヌケないので、もっとゴテっとした塗りが好きなんです。でも、古臭く感じるってのは、すごいわかってて。でも、その華丸さんたちのように、何を伝えるか、が、重要なんだなって思いました。

そんな流れで、新作情報です。今、キャラを描いたりしています。挿絵のイメージです。マンガなのでモノクロですが。内容はカンタン。スライムにやられて、最後には喜んじゃう女の子です。じっくりねっとり、描きたいと思います。

あ、それと、らばた工房のピクシブ、作ろうと思います。現在のアカウントは、やっぱもうプリキュアに乗っ取られましたから。らばた工房のツイッターもありますが、開店休業状態です。そのあたりはまたいずれ、何枚かあがったらお知らせします~!
オフはベッドで楽しめる物を
150210bsl.jpg

ごきげんよう。寒いですね。でも少し、冬に慣れにし つましあれば はるばる春の カーニバルぞ思ふ 現代文に直すと、もうじき春ですね嬉しいですねってことです。3月のプリキュア映画が楽しみで仕方ないという意味ではありません、ってこともありません。

上の挿絵なんですが、雑に見えます?テキトーにみえます? 自分としてはテキトーに描いてる気はそれ程無いのですが、とにかく今、絵が「ラクに」描けます。なんというか、構えなくなったというか。

以前から、ブログに上げる絵は長くて60分、それ以上かからないようにと決めてはおりました。これは、大作を上げて、ブログでやったった気分にならないためです。でもちょっと前までは「さぁ描くぞ!」といって、気合をいれないとでした。

でも、何がそうさせてるのかわかりませんが、絵を描くことが日常というか、ご飯を食べるのとあまり変わらない、コレがいいたとえか解りませんが、そうなってきてる感じです。本当の意味で液タブに「慣れた」のかなぁ。これは多分、イイコトだとは、思うデス。ハイ。

新作についてです。続いてしまいますが、マンガです。でも、今度の漫画は、すこし昔っぽい感じにもどります。自分にとって「本にする」ということは、「ベッドで楽しめる」ということでした。寝ながら、らばたのセカイに、ってことです。

なので、前回はちょっと物語風にしてみましたが、コレだと結局、人と人の物語になってしまうので、別にらばたへお招きする必要が無いのです。現実世界であることを、らばたでやっても。だから、次は、がっつりです。パンツ脱いで読めるようなのにします。

あらすじは出来たけど、まだ、余計なトコそぎ落とせそう。いらないトコは、いらない。この作り方は、楽しいです。
前向きが鍵ね
150203s.jpg
みなさまごきげんよう。二月に入り、はるも目の前ですがいかがお過ごしですか。昨年末の原稿中は何とかゴマカシ乗り切ったのですが、1月はホント体調崩しまくりで、今手帳見たら、まともに作業できたの6日ぐらいしかないです。コレはマジ痛い。

熱とかは出ないのですが、体のだるさ(ってこれがそもそも熱なのかもですけど)、と咳がずっととまらなくて。夜眠れないのが辛いですゴホゴホ。こうなると、お薬買いにいくのですが、自分が辛い時は金銭感覚あまりなくなるので、バカ高いお薬を買ってきましたよ。あんま効かないし。病院ちゃんといったほうがいいのかしら。でも、病院行ったら自分は病気だと認めてるみたいで、なんか嫌なんです(行けよ

んで。今日の挿絵なんですけど、こういうのやりたいんです。女の子とモンスターがペアなの。モンスターが女に力を与える代わりに……みたいなのなんですが、どうしてもバトルとか謎解きがメインになっちゃって、商品になりにくくって。エロシーンあんまりないのです。だから、そういうのはピクシブとかでやろうかなって。結構前から言ってるけど出来てないですよねそうですよね

なう、漫画的なものを描いています。COMIC☆1というイベントに出る為です。なんか、マンガにしようとすると、マンガにすることがいっぱいで、描きたいものがぼやけちゃうので、マンガ的になったらなったでいいやぐらいにして描いてます。別にマンガ形式だから欲しいわけじゃないもんねウチの方たちは。ね。昨今はそんな感じです。

それと。例の、ツイッターでやってる、一時間でプリキュア描くヤツはなるべく参加するようにしてます。体が辛いからと、あまりにも描かないとやはり良くないと……。で、僕がこのブログでやるような、キャラがテキトーに立ってニコってしてる絵をみんな描くので、そうじゃないのを描こうとしてシコウサクゴして見ています。

誰でも描けるような同じようなの描いたところで……でしょ。でも、そう思ってるんですけど、見る人はそのキャラがテキトーに立ってニコってしてる絵の可愛いやつを見に来てることに気が付きまして。割り切ればいいんじゃないかしらと最近ようやく。正確には昨日。気づきました。

創作者スピリッツとしては、今まで誰も見たこともないようなものを!ってのは常にありますけど、その結果、それが何かわからないのでは宜しくないのです。「あんなの描いて喜ばれたって……」とか卑屈になるのも最低です。決められた枠の中でベストを尽くすのもひとつの勉強。前向きに参りましょうと思う2月の始まりでした。

それではみなさま、また来週お会いしましょう。ごきげんよう!