「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
オレ この戦いが終ったら
150630s.jpg

なんか、今年は嫌な梅雨ですね。なかなか体がなじまない。オフの日は寝て起きてとダラダラしてしまいます。まぁ、同人家業にオフなんて無いんですけどね。へへん(?

結構前にもこのブログに書いたのですが、自分のらばた作品の中で、自分で好きなランキングのかなり上位に入るのが2008年に描いた「マーガレットマイラブ」というマンガです。これは描いている時も夢中だったし、すごく一気に描いた覚えがあります。

でも、コミケではあんまり売れませんでしたし、DLさんでも、当時は微妙でした。なので、DL作品は方向性を見直していくことになるのですが、やはりどこかで、マーガレットみたいな作品を作りたいなぁと思っていました。

で、そのマーガレットみたいな作品とは、どんな作品?何がイイの?ってことなんですが、実はコレまでよく解らなかったんですが、プリキュア漫画描くようになって、解りました。マーガレットはいわゆる「物語してる」んです。カラダの描写だけではなく、ココロの物語になってるんだって。

例えば。エロビデオに求めるものは、カラダ描写です。女優のエロいカラダです。ココロ描写とか、全然いらない派ですし、インタビューなんか見たことありません。刺激重視。今描いてるのも、そんな感じのエロ描写メインの作品です。丸のみですしね。

でも、そういうのは、方向性を絞って、カラーCGでやればいいんだなって。最近なんとなく整理できて来ました。漫画という形式は、もう少し、読み手のココロに踏み込む力をもっています。せっかく漫画なんだし、ココロのやり取りをもう少し描きたい……って思って作ったのが昨年末のアデルなんですけど、まぁ、やっぱしコレもDLさんではあんまり人気でず。

そのアデル、コミケでは、お客さんとして付いてくださった常連さんが中を見ないで買ってくださるので、あの時のマーガレットよりは出てますが。おうちでご覧になって、楽しんでいただけていれば良いのだけれど……とイチマツの不安を抱えてしまいます。

つまり、らばた作品の方向性として、漫画作品はどういうものか、カラー作品はどういうものか、って、バチッと打ち出して行かないと、お客さんも買いづらいと思うんですよ。なので、このあたり、きっちり区別して。今のが終ったら、また、その、マーガレットを超えるようなお話作品を描ければなぁ、て思っています。

先生……オレ、やっぱり、お話を、描きたいみたいです。エロ同人屋なのに。でも、しょうがない。描きたいんだから。ねぇ。
あ、進捗。締め切り延びたと思ったら、今週ちょっとサボっちゃいました……からだがダル重なんです……梅雨のせいです……(T_T)

仕上げ時とわ
150624bs.jpg

作業椅子が壊れかかってて、新しいのをさがしていたのですけど、ついに王者の椅子に手を出してしまいました。全然王者じゃないのに平民以下なのに。お値段15万。バカでしょアホでしょ。5000円以上の椅子を買ったことが無かった自分が。ただ、やっぱ、お値段の価値はあったみたいです。まぁ、その金額払ってますから、無くてもそう言いますけどね。えへん。風邪か。

進捗状況です。月末の発売、のるかそるかなんですが。何で月末発売を予定していたかというと、製本の際に、印刷の早割りが効くからなんです。安くなると言っても1万ちょっとなんですけど。今、金銭感覚狂ってるので(やばくない?)、別に合わせる事無くね?とかなってます。元々製本版はオマケですし。DL用がメインですし。ちくわ大明神。ちょっと懐かしい。

で、今日の挿絵は開発中のものですが、いつもはこんな感じの塗り、仕上げで、良いかな、ってトコなんです。1枚だけ描く訳じゃなく、とにかく枚数描くので、1枚に1週間とかかけていられません。なので、はい次、はい次、って感じで進めていきます。

でぇ。ここからなんですよ。あの、話しちょっと飛びますけど、ツイッターのほうで自分「ワンドロ」ってのをやってたりします。1時間で絵を描こうっていうやつです。で、これ、ちょうど1時間というのが、最後のCG的な効果を入れるか入れないかのタイミングで終るんです。

僕は1時間で描くというルールでやってるものを、90分とかで描いたらイカサマだと思うのでしませんが、半分ぐらいの人は遅刻上等でやってます。この残りの30分を使えるかどうかで、CGはバケるんです……というか、微妙な絵を、エフェクトで超キレイに誤魔化せるんです。

なので、遅刻組は、このあたりの力をかなり使ってきます。骨格が崩壊していても、見た目派手になりますし、顔以外は異世界でも、それっぽく見えます。ワンドロというルールにおいて、これはダサイと思うのですが、今、自分がやってる製作は、1時間で描く必要は無いので、もうすこし、キレイに出来ないものかなって思ってるんです。

ええ、ゴマカシ、といえば、そのとうりです。自分に、極少数の線で魅力的な絵を描ける才能はありません。でも、見る人にとって、製作過程でどうあったかより、出来上がりがえろければ良いと思うので、ここはダサかろうがヘボかろうが、えろいのを追及しようかなって。それに今回、印刷の早割り無視すれば、各ページにそのいわゆる「30分のアディショナルタイム」を設けることが出来ます。

ホントはこのあと、マンガやりたかったんです。でも、その時間をきっちり仕上げにまわしたほうが、良いかなって。たまにはいつもの倍かけて作って見るのも……なんて思ってます。

……でもね、ホントのホントは、その椅子で生活費爆発したので、早くリリースしちゃいたいんです……でもそれじゃ、いつまでたっても同じだし……うーーうーーーうーーーという葛藤中です。

うーーーーうーーーーうーーーわわんわーん
キミ、はどう思う?
150616s.jpg


進捗状況、椅子が壊れかけてて、背中めっちゃつらいです(T_T) なんとかやってます!以上です!今日はちょっと語りますよ(エー

僕は脳科学者の茂木先生が好きです。というか、自分の父親ぐらいの年齢のオジサンで、きっちり自分の意見を持ってる人はカンタンに好きになります。理由は、自分に父がいないからかなって(大丈夫、そんな重い話じゃないです)漠然と思ってましたが、今朝、茂木先生のツイートを見て、またひとつ、自分の謎が解けました。何でオジサンが好きか!でわなく、何故僕が「自分の意見を持っていない」か、という事です(ほう)。持ってないんですよ、ええ。

とかいって、ありますよ、そりゃ。「OOOって良いよね」的な、誰も傷つけないヤツ。でも、誰かが「私はこう思う」って言ったら、僕は、まず反論しないです。するときは、もう、この人と会わないなという時だけ(最悪)。とうとうと語る相手の意見を聞きながら、「ああ、コイツ何にも解ってないな」、「論拠ナシのすげえって思って欲しいだけ話だな」とか思いつつ、そうだねー、うんうん、って言ってます(結構最悪)。

最初は、水商売の名残なのかなって思ってたんです。酔っ払いの話を聞くアレです。でも、茂木先生のツイの中に、「……日本の風土病の中に、人は同じ意見でなければならない、という奇妙な同化圧力があって、だから、違う意見の人に対してウェットな反応をしたり、抑圧したりする……」という文があって。コレを拝見したときに、いろんなものがバババって繋がりました。この風土病、まるっきり自分の母親なんです。

この歳になって解ったことですが、ウチの母は、いわゆる痛い人だったんです(大丈夫そんなに重い話では…)。外面は良いので、周りとは上手くやっていますが、家ではとにかく誰かの悪口。子供の頃、僕が好感を持っていた人に対しても徹底的にdisってました。

なので、僕が「あの人、そんな悪くないよ」なんて言おうものなら大変です。1週間くらいクチ聞いてくれないですもん(笑) 小学生の自分に、コレはキツかったです。父親がいなくなってからは母の独裁ですから、逃げ場無いですし。しょうがない、僕は自分の意見を言わないようになり、だんだん意見を持たなくなりました。

これ、恐ろしいのです。自分の意見を持つ必要がないと、人の話を聞かなくていいんです。適当にウンウンって言ってれば。だから、酔っ払いの話相手は、ある意味天職だったのかもです。 ただ、こうやって創作を発信しているというのはどこかに自分の意見を伝えたい、という欲求があるのかと。お店も最後は結構キツかったですもん。

ちょっと長くなりました。今、そういった過去のトラップがだんだん見えてきて、他者との意見が平行線で良いんだ、というのはある程度解ってはいますし、その意見の違いに面白さも見えてきています。でも、無意識に「同調しよう、自分の主張はしない、じゃあコイツの話聞かなくていいや」システムは発動してしまいます。そして、孤立まっしぐらです。

そして思いました。僕が親になったら、自分の意見を言った後、「キミはどう思う?」と、子供の意見をアウトプットさせる時間を絶対作ろう。子供の頃から自分の意見を考える癖がつくのは、どれだけ有意義なことか。その前に、僕の中ですっぽり抜け落ちてる部分を、これから大急ぎで、回収しよう。

いや、さらにその前に、まぁ、親になるかどうかがギモンだがな!
ガンバレニッポン!
C88 当選しました!!
150613s.jpg

◎貴サークル「らばた工房」は、日曜日 東地区“ア”ブロック-28b に配置されました。

今年も夏にお席をいただけました!!よっしゃああああーーー!!ありがとうございます!全方位にありがとうございます!!新刊は2種出せる予定です!!がんばりまっし!!
ちゃんと進捗情報
180609s.jpg

前回の日誌に書きましたキュアビューティの中の人のお話の続きをしたいのですが、我慢します。ライブ会場にて手売りされていたCDの在庫が尽きてしまった為に後日郵送しますということになったのですが、僕への宛名やメッセージが全部ご自身の筆跡で、そのままポスト前で膝からくず折れて泣きましたがココで話すのは我慢します。自分にとってはコレ衝撃の(我慢するって言ったじゃん

らばたの次の作品は、大雑把にいえば、小話がいくつか入ってるもので、見た目はカラーマンガに近いです。でもほとんど文章先行なので、短い文章に絵がきっちりついてる感じでゴザイマス。解りやすい短めのお話と、マンガのエロ描写のイイトコドリーミングです。

当初は、以前やったモノクロ図鑑的なものをカラーでやろうと思っていましたが、丸呑みテーマなので、どうしても呑み前、呑み中と最低2枚必要になり、それでやると、こないだの丸呑みLOSTと同じじゃん!(゚ロ゚;)、と。

DLコメントでも、呑み直前が欲しいというコメントも頂いたので、だったらお得意の小話スタイルにして、呑み前→呑み中→呑み後(→内部)と、数ページ使って描こう、と思った次第であります。進行状況は、5話中の一話で、枠とか飾りとかの体裁を見てる状況です。

考えて見れば、このカラー漫画(コマ割絵本?)的なものは、らばたスタイルにバッチリ合うハズなのに、なんでやってこなかったんだろう……?多分、以前は今より手が遅かったので、1P内にカラーでいくつものシーンを描くことが難しかったのかもです。今は、昔ほどの苦も無く描けるので、人は成長していくのだなぁと。大変には大変ですけどネ。

成長といえば、またひとつ歳をとってしまいました。若い時、今の自分の歳の人間は、もう別世界のオッサーーンだと思っていましたが、自分がなって見ると、気分は結構若者です。プリ仲間も20代後半が多いので、なんか気分が若くいられます。

でも、それはいけません。大人になったなら、大人らしい振る舞いを。自分のことばっかり考えない。自分に自信を持つこと。……しかし、なにに自信を持てばいいというのだろう。こんな時、肩書きがあると便利なんですが、逆に思考停止しないですむので、もう少しそのあたりも考えつつ製作にイソシングいたします!

いそしむ、ということです。
オレ史上最強バースディ
150602s.jpg


新作進捗は、今月末リリース予定ね。以上です。それどころじゃなくって(こら)。

5/24は自分の誕生日でした。5/30に西村ちなみさん(キュアビューティ)のLIVEに行ってきました。そこで、今月誕生日の人~!的な流れになって、直接プレゼントを頂く事が出来ました。これを出来事として書くと


れいかちゃんに誕生日プレゼント頂いた


未だに、キーボードを打つ手が震えます。ちなみさんは、普段の声がかなりれいかちゃんなんです。ステージに行く時帰る時、ヒザがわらっちゃって。多分、マイ人生最強です。どのくらいのハッピーかというと看護婦さんとお付き合いしてた頃にナース服着てくれた時と(ゲスいのやめろ

だから。人を好きになることについて語ります。アニメキャラを好きになるのは、一方的に好きになればいい。キャラは自分を嫌いと言わないから、どんな自分であっても嫌われない。でも、人を好きになると、その人に好かれたい、嫌われない自分でいたいと思う。ここで初めて、自分を、鏡にうつす。

自分を鏡にうつすと、そこには、何の魅力も無い、独りよがりの、未熟で幼稚な肉塊が(うぉ)いる。ここがダメ、ここがイヤ。そんなトコばかり目に付く。これでは、あの人に好きになってもらえる訳が無い。なんだコイツは嫌だなぁ。自分って、なんなんだ。結構オチる。

でも、あれ、自分の好きな人は? って考える。いやあの人はカンペキでしょ!って感じるけど、でも、よく考えればダメなところいっぱいある。でも大好き。だから「あれ?ダメなとこは多少あっても、どこかすごい好きになってもらえばいいんじゃね?」ってちょっと光に目を向ける。

若いときは、「ダメをゼロにする」ことをすごく考えていて、多分それは出来ないことだから「お前は失格」って審判されるのが怖かった。万が一、あこがれの人と付き合えたとしても、必死で隠したダメな所がいつかバレるから、本当に好きな人とは付き合えない、と。

だから本当に好きな人に「好きだ」と言う事は、その返事によって自分が裁かれる――そしておそらく勝ち目の無い――ことだと思っていた。

ああ、振り返れば、これまで自分が付き合ってきた人は向こうから来てくれていた(なんだよミサワ自慢かよ)。優し人たちに囲まれて、子供は男にならなくてすんでいた(ひとのせいかよ)。

話し戻す。光を。つまり「自分はココ一生懸命です!」という部分だ。これは、仕事とかが解りやすいし、伝わりやすいと思う。だから、仕事に夢中の人は、輝いて見える。ただ、その夢中さが「世界の貧困をなくす」のと「おっぱいをえろく描く」では、ウケのよさという点ではかなり違うと思う……が、いや、後者をカッコイイと思ってくれる女性は相当に魅力的ではある。っていうか、そういう自分価値観を持ってる人がいい。

僕にはまだ、人生を貫く「仕事」に出会えていないかもしれない。だからやはり……あ、違うぞ。「一生懸命」は、形容詞ではない。名詞だ。今、自分の毎日は、大きく分けて「おっぱいを描くこと」「ちびっ子たちの面倒を見る事」「おばさまたちの健康体操を指導すること」の繰り返しである。この三つの中から、もしくはこの3つ以外に、なんて考えていたけど、そうじゃないぞ。「一生懸命であるかどうか」だ。

「何を」するか、は、それほど問題ではない。「一生懸命かどうか」が、つまり「好きな人に好きになってもらえる」ことなのかも。キモいとこは、極力、治したい。でも、それは、有ってイイ。それよりも、一生懸命の部分に力を入れないことが、かっこ悪いんだ。

誕生日は生まれる日。ハロー新たな日々。The Day OF REBONE。

ちなみさんに、「あなたは魅力的な人ですね」って言ってもらえるように。一生懸命を頑張ろう。そこなのか。