「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
「独特の色気があるね」
160927s.jpg
 
おとといの日曜日に、プリキュアの同人誌イベント、レインボーフレイバー15にサークル参加してきました。そのレイフレは、作品発表の場所であることはもちろん、同好の士との再会や、ふだんツイッターでしかお話しできない方に直接お会いできたりと、とても楽しい日です。しかし、あたしには、他にも重要な目的があります。

実は、レイフレには、自分の絵ココロの師匠(勝手にあたしが思ってるだけです)的な方がいらっしゃるんです。最初は、絵がド好みなので、その描き手として好きだったんですけど、お話させていただいてお人柄にも結構ヤラれてまして。数少ない年上の方というのも、自分としては接しやすく。その師匠が作品を出したり、普段の仕事絵を開陳したりしてくださるので、めんたま巨大にしてそれを盗んできましょうと。

そして今回は、ド失礼ながらも、自分の絵もポートフィリオみたくして、持って行って。みてもらいました。質問者が何をめざしてるのかわからない状態で「ぼくの絵どうですか?」ってコレ最悪の質問なんですが、師匠は快く見てくださいまして……。手に汗握るとはこういう状態なのねと。

で、それで、今日のタイトルのお言葉を頂いて、耳から血が出そうになって、いや、変な液は出たかもです、キャッハーーーーってなって。そのあと、いろいろ、絵の練習方法などをお伺いする事ができました。これでまた、年間のラッキーを集結させて使ってしまいました。これはやばいです。

で、もうその日はぽワーンとしてて何がなんだかよく解らなくなって、家に戻って、言って頂いた金言をソッコーまとめて。自分の絵の方向性みたいなものを洗い出しました。やってることは、今までもあったりしたのですが、そういう人に言われると、なんか、肯定力が違います。燃えてます。あたし。

実はですね。師匠には、以前にこんな事もあったんです。かなり前に、その師匠の絵好きなので、握手してもらえば絵うまくなるかなって思って、握手とかしてもらったんです。で、その1年後、少し上手くなったので、「握手して頂いたおかげで少し上手くなりました!」って言ったら「君が頑張ったからだよ」って。そんな事いわれたら泣くでしょ。泣くに決まってるでしょ。

あ、で、その師匠がやっぱり実写模写いいんじゃないかなっていうんで、やります。今までもやってたけど、ちゃんと時間とってやります。 コピックはほめらりたので☆、プリキュアワンドロで続けます。DL作品の方は、当面、マンガ……あそっか、カラーが良いかなぁ?をやってみます。あ、コピックっぽい塗りでマンガ……?うーんよさそうだけど、イラストになっちゃうかなぁ。細かい描写描きたいなぁ。

はい。今後の予定です。あと2~3週間くらいすると、コミケ発表です。ゆっくり、マンガを一本描きたいです。時間をかけて、丁寧に、しゃなりしゃなりと。今回は、女の子が気持ちよくって、モンスターにとろけていくお話を描きたいです。丸呑みマンガ!と銘打つかどうかはわかりませんが、身も心も同一化したいという強烈な慕情は丸呑みと結構相性いいんですよね。ページ数もあまり長くならないようにして、ひたすら、モンスターとの欲情に溺れていく、女の人を描きたいです。

早めにメド立てて。慌てて最後いい加減にならないように。早めに入稿して。時間が余ったら、年内もういっぽん、カラーやりたいなー。とりあえず冬コミです。

おちたりして。運使い切ったから。お ち た り し て。 イヤアアアアアアアア
ユクサキヲ キメテ クダサイ
160921s.jpg

本日午前中にですね、プリキュア原稿終りまして。完売しても赤字確定状態の本なのですが、趣味とはいえですね、いい加減なものを出す訳にもいかず。ついうっかり、DL作品並みのパワーを使ってしまいました。今は、ぐったり中です。

で、その原稿をやりながら、いろいろ考える訳です。自分は、この短期間でこれを仕上げられるようにはなった。でも、これは、どれほどのものなのだろう? これは、何が、どうなのだろう?と。いつものヤツです。とにかく、二次をやると良いのが、「自分の立ち位置」が解るという事なのだと思います。そんな話行きます。

らばたは創作メインなので、内容や絵柄は、あまり比較されないというか、好きな人は買ってくださるし、ましてや漫画だと、創作同士?何と何をどう、比べるのか、比較しずらいのでして。で、自分も、決定打を出されないまま、ずるずるとやっております。

二次は、ようはお題決めて、誰が一番上手いかー!よーいどん!です。上手いってのも色々です。で、自分の出走コースとしては「絵が上手い!」コースではちょっと難しそうなので、「内容が面白い」とか「しっかり読ませるマンガ」コースとなる訳です。

ただ、二次は特定のキャラがイチャイチャしてたらそれは「面白い」となりえるのですが、自分はそう言うのやらないので、ある程度お話の作りこみをします。でもそれがかえって、「だったら二次の必要が無いじゃん?」ともなりますし、買い手さんの求める「面白い」では無いのならそれは、「面白くない」となります。

自分の得意なコースとしては、「お話としての面白さ」……なのかなぁ……でもこういうの、自分で言うもんでもないし、どれだけ伝わるかってことでしょ。だとしたら、もっと解りやすく「絵のウマさ」行ったほうがいいよね。絵のうまさってなんだっていったら、やっぱ、実写模写描けてのキャラ化だよね。

いつまでも挑戦者でありたいですけど、それが「おれ挑戦者だし上手く行かなくても仕方ないウェーイ」等と言う甘えとなるなら、いかんのです。足元をよく見て。自分が何をするべきか、何をしなくて良いのか。時間はそれほど長くない。

でもこないだ漫勉で、池上遼一先生72歳だって。すごいなぁ。まだ、多少は時間あるか……いやいや!すぐ始めなさい!すぐ……すぐに……何を? 

こういうとき、Siriに聞いて、答えてくれたら良いのになぁ。
LOOK AT ME
160914s.jpg

涼しくなってまいりましたね。高石はあと一週間ちょっと、プリキュア原稿です。ほら、プリキュアって今45人いるんですよ。多いんですよ。自分は、れいかちゃんをはじめみんな好きなので、プリキュアマンガ描くと、とにかくキャラをいっぱい描くハメになります。しかも、正解があるから、好き勝手に描けません。オリキャラ単体漫画が主流のあたしとしては、おっそろしい修行となっております。

最近、ちょっとまた、いや、結構久しぶりな感覚ですが、イヤーなコトがおきました。コレ読んでくださる皆さんを嫌な気分にさせるのもアレなので、オモシロオカシクやんわり書きます。自分がいつもイヤーンになる対象はほとんど決まっていて、無条件で「私を見て!」という人間です。るっくみー。

で、今回もお仕事のほうで、「あなたは私を見てくれない!」という主張を、ご自分自慢を織り込みつつ、A4プリント二枚びっしりのお手紙が届きましたよ。二行で終る文が、細かい文字でびっちり。お金出した本だって、数ページつまんなかったらもう読まない人間なのに、主語がどこなのかさえ解らないような自分語り文章をどうしてあたしが読むのですか。

でも、だいたい、このパターンで来るの、女性で、おばちゃんなんです。いえ、自分、女性、おばちゃん、好きですよ。えろい感漂う人はとくに。ただ、なんというか、社会とあまり接してない人っていうんでしょうか、謎の自分ルールを相手に適用しようとするおばちゃんは苦手です。

見てくれない、って言うのも「本来、私はもっと気にかけてもらえる存在であるのに」ってことじゃないですか。女性同士はこのフォロー上手いですよね。みんな均等にいじってあげる、みたいな。でも男性社会、ましてやフリーで生きてる僕は、興味のない人間に構う時間はあまりとりたくないのです。

しかし、何故か昔から、この手合いにはモテるんですょぅアタシ……。あ、ちょっと可愛いな、好みだなっておばちゃんには見向きもしてもらえないのに。アテクシ語りを聞いてくれそうに見えるのかなぁー……水商売の遺産なんだけどなぁ……。そりゃあ、気に入った人の語りなんか延々聞きますけど、「無条件で私を認めろ」って相手には積極的に反発します。あ、そっか、最初っからそのオーラを出せば良いのか。

人の社会で暮らしてる以上、いろんな人がいます。いつもは、決定打を出さないで距離を取ることで解決して、いや避けてきましたが、それやると結局、自分の行ける場所が限られてくるので、めんどくさがらずに、ひとつずつ向き合って……いやいやいやいや、そんなことに費やす時間など無いぞ。あぶな。

自分はこうである、っていうのを、ハッキリさせればいいのね。あなたに興味はありませんが、一緒に仕事することは可能です。以上、って、あれ、これスゴイ普通の社会だよね……言われたらいい気はしないけど、すごい普通の事だよね……。

でも、嫌われるべき人に嫌われるのは、正しいことなのです……が……あれ? 嫌ってるのになんで近づいてくるの……!!?え……あ……うわ うわ それはイヤああああああ

強敵と戦っています。
160906s.jpg

アレですよ、プリキュア原稿です。ちょびっとずつですがアタクシ、こういうマンガを描きたいなって思ったら、それをカタチにできるようになってきました。でも、えろ本、というかあたしのは、おっぱいを描きたいカットが多いので、実は、描くポーズって結構決まってくるんです。はい。

しかし、プリキュア達はおっぱいあんまりかけないので、普通に、マンガとしてのアクションを描くことになりますが、これが奥さん、結構難しいのですよ。いえ、ふだんはワンドロとかやってますけどね、それで描くイラストは、とりあえず立たせるか座らせるかして笑わせとけば良いのですが、マンガはそれじゃお話進みません。

で、今回、ヒトコマに、複数人入ってる事が多いんです。これもマンガならでは。背の高さや、何かに乗っている場合。それが工業製品の場合、きちんとパースを取らないと、子供の落書きになってしまいます。

でも、はい、そうですね。これがいつもの高石のオレスゲー修行の一環ですね。いま、とにかく、書き直しするのが多いんですよ。それは、とりもなおさず、完成のイメージが上がってきてるからなんだと思うのです。

これですよこれ。自分が「描けてない」ことが解る事こそ、ステップアップ。この絵は恥ずかしい、と思うことが、成長。また、ひとかわむけて帰ってきます。

とりあえずこのあと9時から!もう負けられないアジア予選!がんぱれにぽん!