「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
斬りますよー!
161026bs.jpg

今日も暖かい……いや、ちょっと暑いくらいの関東平野です。皆様のほうはいかがですか?北海道雪ふったとかいうじゃありませんか。あれ、ことし紅葉前線って聞かなかった気がしますけど、四季の移り変わりも矢のごとしなんでしょうか。

さて。今日は人気シリーズ、エロ同人作家が社会を斬ります。全然人気じゃありません。最近、よくNHKでやってる「資本主義の崩壊」についても、さもありなんでちょっと語ります。わお!

その「資本主義の崩壊」は、アタシのアタマで理解できるうわっつらで言えば、これまでの、金持ちと貧乏人が出来てあたりまえだよねーって世の中で、貧乏人がいっぱいになって、その人たちがガチギレしてきたからまずいよなー、ってことなんでしょうか。もっと深いところには、国より企業が強くなってしまった、みたいなのもあるのでしょうが、そんな感じでとにかく、今、コレまでのおかねの仕組みがどうなんだ、ってことになってるようです。

ただ、こういうのって、その偉い人たちが、「自分たちに都合が良くなるかもしれな」ければ言い出さない訳で。言い出したほうが得な人が言い出してるわけで。その最先端が海外の、強い言葉、カゲキな言葉で政治を行おうとする、もしくは行う、あの人たちだと考えます。

どういう考えかといいますとですね、多くの人って、イヤだなーと思ってても声あげないんですよね。我慢を我慢と思わないと、あんまり不満に直結しない。でも、だれかが言ってくれるとそうだそうだーってなる。しかも鬱憤晴らしになるとすれば、先のことなんか考えないで同調する。そして問題なのは、この騒動の先に、だれもが「自分の想像する今より良い未来」があるとぼんやり感じている。

唐突ですが、たとえば、あなたが、ケンカを売られたとします。相手が刃物を出しました。でも、コレは同時に、ナイフを出した本人も、そのナイフで自分が傷つけられる可能性があることを意味しています。素人のナイフなぞ、多少の格闘術経験者相手には、なんのアドバンテージにもなりませんし、やらなきゃやられる、って相手を本気にさせるだけです。そこにナイフが存在しなければ、自分だって切られはしないのに。カゲキなことをいう人についていっても、最後はその刃は結局、支持者に向けられる可能性が存分にあります。

そしてナイフで勝ち取った未来は、常にそのナイフで脅され続ける未来です。このナイフは「カゲキ思想」と変換できますが、もしくは「お金」とも変換可能です。それが現代社会ではないかと。じゃあどうするか?ナイフを全て取り上げるか、全員にナイフを渡すか。

……いや、そうやって「平等である」必要ありますかね?みんながみんな、リッツカールトンでご飯食べたい訳じゃないでしょ。おうちで食べるしょうが焼きサイコーでしょ。ナイフを出した相手が「オレはこれから、このコンビニでじゃがリコを買いしめるんだ……!!邪魔するな!」って言ってるんだったら、邪魔しなくても良い場合があるんじゃないかしら。人を屈服させるのが好きな人はずっと好きだし、のんびり暮らすのが好きな人は、それが正義だし。

でも、こんなふうに思うのは、今の自分が「そんなに不幸でない」と思ってるからだと思います……が……着地、ヘタですみません。ただ書いただけになってしまった。でも重要な事だと思うの。だから書いたの。ね。

金曜コミケ発表です。おみのがしなく!!

豪華客船と手漕ぎボート
161019s.jpg

暑いの?寒いの?よくわからない日々が続いております関東平野ですが、いかがお過ごしでしょうか。
原稿のない今こそ、やるべきことをやっつけてます。原稿といっても同人なので、自分の都合でいか様にも調整できるのですけど、そこはやはりALL自己責任のフリーランス。作品を作ってないと無意識に焦ります。

今日はですね、そんなフリーランスのスーパー弱点である社会的信用について記録しておきたいとおもひます。実は、このチャンスに、少し大きな仕事場に引っ越したろって考えておりまして。製本在庫が置ける場所……って本末転倒ですが(゚д゚) そうでなく。作業スペースが狭いのはそれなりに空想のアウトプットがしづらく、やはり自分の表現の幅を狭めているような気がしています。

で、じゃあどこに引越しましょうかと。自分は作業で日中部屋にいるからというのもあるんですけど、なんというか、民度?みたいなものが低いトコだと嫌なんです。ゴミぶちまけてたり、友達たくさん連れてきて夜中じゅう騒いだりとか困ります。誰でもそうでしょうけど。

なので、ある程度静かな場所がよくて。とすると、ちょっとお高めの物件になってくるんです。環境はまじ重要なんです。んで、こういうしっかりめ?の物件は、クレジットカードを作って、そこから家賃が引き落とされるというスタイルが多く。ここです。クレカ審査ですよ。自営業の頃からの強敵です。お店やってぶいぶい言わせてた時も、新人サラリーマンさんが通るところを落とされましたし。同人作家ですとか、ありえないわけです。

でも、行った不動産屋さんで、これがまたちょっとアレな感じのお兄ちゃんに当たってしまいまして、が、ダイジョブダイジョブ審査とおしてみましょー!とか言うもんだからヘラヘラと通してガンガン落ちてます。この審査落ちって、それなりにダメージでかいんですよね。ちょっともう、引っ越さなくっていいや……(T_T)とかなってます。なう。

しかしですよ。社会的に見てこの「フリーランス」という信用の低さですよ。てか大会社につとめてたって、いつどうなるかわかんない時代ですよ。フリーランスならどんな仕事だって出来るし、危ないと思ったらすぐ引けるんだから、未来のリスクという面ではそこまで虐げられるものかなぁあああと、嘆いております……が、この蔑視?が今の安心安全な日本をつくりあげてるとも思うのですよ。

だって、会社辛いでしょ。理不尽な事も言われるでしょ。でも、こっち側来ると、こうですよ。だから、みんなアレは嫌だ!と思って、会社で頑張るんです。もちろん、お仕事楽しいいいい!って人も居るでしょうし、自分も結構、お仕事好きなんで、会社でもそれなりに頑張っちゃうと思います。

たとえれば、豪華客船の上から、手漕ぎボードでえっほえっほしてるのを上のほうから見おろしてる感じでしょうか。自分は、その自力で進む感じというか、漕ぐ感覚とかみて、「アレ楽しそうだな」って降りちゃったクチです……いや乗ってたか? 笑いたければ笑うが良いですヒャハハハハハハハハ!!!笑うな!!!(お約束
ゴジツダン
161012s.jpg

めっきり涼しくなってまいりましたね。風は秋色です。結局、5月のイベントから、9月末まで原稿漬けだったので、最近はお部屋をきれいにしたり、ちょっと充電中です。まあ、原稿漬けといったって、同人用なんですけどね知ってる。

次はコミケ用マンガなんですが、モンスターに抱かれてうっとりする子を描きたい、というのは決まってて。じゃあ、そのお相手は、という時に、自分の中のモンスター図鑑の連中が、オレガオレガと手を挙げてる状態です。うーん。誰にしよ。

あ、そうそう。ちょっと聞いてよ奥さん。先週のエントリー(このブログの記事のことね)で、自称漫画家おばさんムッキーの件ちょっとかきましたが、後日談が……って、あ、ちょっとネガめな話続いちゃうけど、うん、でも、これも見返して絶対役立つから書くね。ゆるしてね。

で。ようは、一番構ってくれそう(に見えるのか?)なアタシのトコへ色々言って来てて、ちょっと挑発的な言動もあったのです。台詞として簡単にまとめると「私は仕事が出来ないのは、フォローしないあなたが悪い」。

自分は出向なので、独立採算でして。人のことまで面倒見てられないんです(頑張る人なら見ますけどね)。今までだったら、アタシも売り言葉買い言葉で、その矛盾点を追求してたかもですが、今回はとにかく、のらりくらり全スルーしてみました。すると、「あの人が(=アタシね)この状態では、今後仕事は難しい」と、雇用者に進言したようで。

で、実はその雇用者さんもかなり手を焼いていたみたいで、「無理なら仕方ない。最長、今年いっぱいで終了で」と。まさかの爆死です。代わりの人もすでに調整済みと。ムキ子さん、プライドは高い人なので撤回できず、職を失うことになりました。

学びましたよ今回は……。この一連の流れの中に、自分の中にひとつの言葉がずっとあったんです。それは「バカとケンカをするな。はたから見たら、どっちがバカか解らない」です。挑発に乗って取り合ってたら、自分もバカに見えていた筈。ああいう人は、待ってれば自爆するんだ……という顛末でした。

別グループのひとのはなし
161004s.jpg

今日の関東はメチャ暑かったですね。さいたまはぼんち効果の夏ですよおさむちゃんでええーーーす!(?)皆様のお住まいのところはどうですか?ここノースカロライナではいやさっきさいたまって言ったじゃん

今は特に急かされる事も無く平和な日々なのですが……あ、いや、平和でもないぞ。仕事先に居る自称漫画家のオバサンがちょっと精神的にヤバくなっちゃったみたいで、ムッキー!されてます。あたしはフリーランスなせいか、「アテクシ~どこの誰さんと友達なの~」とかって台詞、あんまり聞いてないんですよ。で、結局あなたは何が出来るの?って純粋に聞いてしまったのがいけなかったみたいで。

あんまりこんな話し続けたくないですが、記録程度に。なんというか、世の中に10人に1人ぐらいの確立で、何言ってるか解らない人っていますよね。でも、それらはグループ化されてて、そのグループの中ではそれは正論なんだと思うのですよ。お互いに、宗教が違うから、よくわからない。

例えば、昨今の都議会VS小池さん。都議会が「なんでおれたちを軽視するんだ」という主張に対し、小池さんは、やり遂げたいことがあって、その中で不要なものを切ってるだけ、に感じます。自分を認めろ!VS目的達成の感じです。

この、自分を認めろが最優先のグループに生きる人は、自分を犠牲にして目的を達成させる事など、到底信じられないことで。その逆の人たちもさもありなん。僕はどっちの味方というわけではないですが、真っ先に保身に走る人間はヤラレキャラであった時代を生きてきたので、なんとなく都議会の主張は気持ち悪いなぁと思います。

で、とにかく、人間にはこの大別すると二種のグループがあって、それぞれがグラデーションしながらその宗教を確立していると思います。アメリカの死刑囚のほとんどが、自分は全く悪い事をしていないと考えているという本も読みました。

もう少し若いときは、何であの人はああなんだろう?ってよく考えたりもしましたが、これだけたくさん居ると、ああ、もう居るんだ、と。で、自分もあっちからみたら不思議人なんだと。外国の外人は日本人ですから。自分の悪いところは、そう言う相手にも、自分のグループと同じ人間として厚遇しようとするところです。だから、相手も仲間だと勘違いしちゃう。

話し戻って。そういえば、今回のそのムッキーおばちゃんももともとは、僕の余計な気遣いとか、誰ちゃんが可哀想だからオレ頑張る、的なくだらん感傷がほったんですがな。別グループなんだから、話せば解る、とか思わない。手を伸ばす必要なし。向こうは向こうで解決するものです。

あー結局こんなお話ダー。 えっと、じゃあ、今から描くんですけど、挿絵頑張ります。何描こうっかなー。