「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
絵描きの2タイプ
170530s.jpg

おはようございます高石です。関東朝晩はまだ少し涼しいです。皆様のほうはいかがですか?

もっか、画力向上委員会が絶賛稼動中でありまして。オカゲサマで、HP更新は滞っております。その絵ブーム、なう自分でテーマを作りながら色々な絵を描いてみております。DL作品、前作が12月ですから、半年以上新作を出してないというのは、らばたとしては珍しい状態であります。でも、もうじきコミケ発表。いずれまた、ゲンコーゲンコーの日々がやってきます。いま、今しばらく……とか言って落選したら日々がやってこないんだけど。

さて、今週のトピック(そんなのあるのか)はですね、こんな出来事からです。只今、自分は毎週末にリアルでお絵かきサークルを主催しておりまして(3月までは雇われ。4月から独立)。中学生~大人まで、夜な夜な集まって描いております。そこでコレまでも本当によくあった質問で「私は何を描けばいいですか?」です。

この7年目に突入したお絵かきサークル、やる事といえば年に二回、部誌を出すこと。なのでほかは別に何してても良いわけです。同人やりたい人、落書きしたい人、好き勝手にすごしてます。で、この、絵を描きたい人が集まってるのに「描きたいものが解らない」という人の多いこと。当然、アタシは「好きなもの、好きなキャラ描きなよー」と言います。

その後、「描きたいものはない」「描きたいキャラはいない」と言われます。なにしにきた?以前は驚きましたが、もう慣れました。じゃあデッサンしよう花瓶描けというと、「それは描きたくない」と言います。これも慣れました。

これ。絵を描かない方には訳わかんない話かもです。吉野家来て「牛丼の気分じゃない」って言われてるようなものです。でも、これ、絵に関しては珍しい話ではなく。ツイッターにもいらっしゃいますのです。「自分は何を描けばいいか?アンケート」とか、よく見ますし。

なんでこんなことが起きるかっていうと、絵描きの方向性に「描きたい絵がある者」と「絵が描ける人間でありたい者」の二種があるのではないかと、アタシは考えております。

前者は精神的にとても楽ですし、健康的だと思います。「描きたい絵がある」→真似る、描けない、原因を探す、練習する、の繰り返しですので、不明な点は「なんで同じように描けないのだろう」的に、具体化されます。

でも後者は「私は絵が描ける人ですよね?」って誰かに認めて欲しいというのが求めるモノなので、その画力、実力如何に関らず、他者の視点が重要となる気がします。昨今よく言う「認証欲求」の具体的な例かも知れません。

この後者の場合、お題を出す事でかなり改善します。お題なら「あなたが言うから、求められて描きました」となりますし、そもそもその人にはみてもらえる率がかなり上がります。

「好きなキャラ」は、そのキャラが見てもらえる率が高ければ描くでしょうが、褒められる自信が無ければ描きません。また、花瓶はかなり上手く描いてもそれほど反響が無いだろう事も想像できるのだと思います。

自分はこの、認証欲求的な絵描きのあり方が、よくないとか将来的にどうだ~とは思わないですし、多分自分もそういうとこあったと思います。また、中高生にはあってシカルベシな時間だと思います。それに、絵を「いつかお金に」というものを考える時、他者の視点を取り込むのは必要だとも思いますし。

ということで。自分には今、描きたい絵があります。それで、HP更新と新作マンガほったらかしてこの挿絵みたいな絵ばっかり描いてます。今、自分が先ほどのような質問を聞くとき、毎回「自分に描きたい絵がある」というのは、すごく自然に見えて、実はとても幸せな状態なんだ、って思うようになりました。

ただ、このタイプの絵柄で中途半端な実力で作品化するとド爆死するのが目に見えてますので、どこかで融合しないと……。あ、そんな勉強のために昨日、国立美術館にミュシャの企画展を見に行ってきました。休館日でした。くそ。

でも、森アーツのエルミタージュは見れました。おばちゃん客の団体にあたってしまい、オールドマスターの名画が下世話な批評にまみれてました。くそ。

つーけまつーけま
170523s.jpg 


この時期は体が気温に慣れていない上に、湿気がすごくって、なかなかつらいものがありますねえ旦那ー。ごきげんいかがですか、らばたの高石です。趣味はおそうめんを食べる事です。

さて、今週はですね、ちょっと忙しかったです。まず、大事件(でもないけど)、背中に「粉瘤(ふんりゅう)」とゆーものができまして。巨大なイボみたいのです。親指のつめぐらいの大きさ。柔らかかったです。ネットで調べたところ、手術を要するなど、かなり怖そうなのもあったので、肌クリニックへ。

化粧バチバチで、ツケまつげーな女医さんだったのですけど、見てくれどおりのなんかすごいテキトーな診察で。30秒くらい見て、また翌週来てくださいお薬だしまーすって。そんなもんかと。で。今週行ったところ、また同じ事を。「これ、切ってもらえないんですか?」と聞いたら、そこのクリニックでは取れないと。紹介状出しますと。なんだよそれー。最初に切ってくれって言ったじゃん。

てかねー、その女医もアレだけど、それより受付の若作りしたオバさんがさー必ず語尾に「・・・でヨロシかったですか?」って言うの。アレすっごい嫌いなの。なんで過去形なの。今はじめて聞いたっての。しかも人の話にかぶせ気味で喋るし。

もう二度といかねーわーばーかばーかって憤慨したクリニック話ではなくて……あ、そうか、クリニックって医師免許いらないじゃん、女医じゃないなアレ(決めた)。そりゃあ優良なところもあるだろうけど、あたしはもうクリニックと名のついた所には二度と行かないぞー(゚д゚)

そうではなくて。そんなイボ程度で病院に駆け込んだのはですね。土曜日マイウェディングで。貸衣装を血だらけにする訳には行かなかったのです。で、滞りなくやってきました。はい。そして仏滅です。そーゆーの気にしない派です。知人の1/4の金額でおさまりました。でも、とりあえず終わったので、ちょっと気はラクになりました。

それと、HP大改装の進行はなかなか進んでいます。過去の作品の紹介ページがどうしても手数かかるのですが、少しづつやって行こうと思っています。

絵のほうはごらんのように、こういう感じで塗ってます。時々線の絵も描かないとなんですけど、立体ぽく描くのが少し解ってきたので、というか、どのツールを使えばいいか解ってきたので、ちょっと描きやすくなってきてはおります。やっぱ時間掛かるなー

そしてまだ、もうちょっと、涼しいとイイナー。欲求ばかりね。ね。

形をとりたいのです
170515s.jpg

暖かく、どころか暑くなってまいりまして。ようやく、体も動きやすくなってきております。皆様いかがお過ごしですか?紫苑の海賊まったりーシュバンです誰

今週の高石はですね、また模様替えとかしてまして。ついにお部屋の机配置の理想形を手にいれた気がしますよ!只今ご満悦なシステムを構築しつつあります。机をアッチいったりコッチいったりであっという間に一週間が終わりました。この、「今週の高石」書いておくと、後から見直したときにすごく何かと便利なんですよアタシが。だから書くことにしましたの。

また、先週書いたHPリニューアル作戦は、ぼちぼち進行しております。当面、過去作品の紹介だけでも早くやらないとと思って、今日にはアップする予定だったのですが。今、ちょっと手が動くので、絵ばっかりかいておりまして。上の絵みたいに、ちょっとこっち方面の書き方をしています。今日のトピック(何それ)は、この「こっち方面の絵」について。

ちょっとリアル感?っていうんですかね、こんな感じのぬりです。今後、このスタイルの描き方になりますか?ということですが、多分それは無いです。また、元の輪郭線を使ったいわゆるキャラっぽい塗りになると思いますが、ここを一回通っておくと、塗りの理解が全く違うんです。いままで一瞬で終わらせていたところ、バケツ塗り一撃で処理していた所に、えらい時間がかかる。理解が無かった証拠です。

その理解とは何か?って話ですが簡単に言えば「形を取る」ということです。立方体の面は、6面ですね。だいたい解ってます。だから描き易いです。といいつつ、正確に書くのは難しいです。なんじゃそりゃ。で、解りやすい例では、りんごです。リンゴは、球体の仲間ではありません。5角柱です。それが見えないで描くと、林檎のような形をしたゴムのおもちゃになります。

同じように、人間はどのような形か。キャラ絵は「キャラ絵とはどのような記号か?」が解れば描き易いのですが、それではキャラ絵から出て行けませんので、せめておっぱいぐらいは触りたいおっぱいでありたいなと思うのです。

その描画を実現するのは、まず、形だと思うんですよね。そのあと、色。で、いま、こんなふうに描いておりますの。それと、あ、そうだ、全く関係ないですけど、今週末、式なんです。新郎ですあたし。このヤマ超えれば、ドタバタの日々にようやく一区切り。頑張ってきます。


着々と水面下で……!!
170509_bgs.jpg

この高石日誌、ブログの表示が少し変わった事にお気づきですか?聡明かつ賢明な愛すべき常連の皆様には、既にお解りかもしれません……そう!サーバーが変わったのです!(変わってない)ちがくて、表示欄とか、少し広くなりました。さらには、HPの大改装も水面下で進行しております。これには、こんな理由があるのです……というお話しますよ。え!?興味ない!?するもん

もともとらばたHPは、2000年代前半当時のデファクトスタンダード(なのか?)である「4:3モニタで、IEの左のお気に入り欄を出しながら閲覧できる」ことをメインに作られていました。当時は、今よりさらにHPの横幅が細かったのですとも。まさかの480px。これスマホみたいな細さですよ。必死こいてようやく出来たらばたHP。めっちゃ時間掛かかった覚えがあります。そこに、幾多の波が襲います。ざざーん

最初の波は、Googleクロームが登場の頃。お気に入り欄の常時表示が流行らなくなりまして。その分、すこし横に広げました。この時既に「フレームスタイル」のHPは検索結果に有利ではないという理由もあり、過去のものとなっていたのデス。でも、検索などを使わないローカルの作品表示には便利なので、この頃のHTML作品は、フレームで横にメニューが来る、この昔のHPスタイルのものが多いです。

次の波は、モニタが16:9になっていった頃。広い画面があたりまえになり。それまでの細さだとなんかスカスカ感だったので、メイン幅をさらに広くしました。それが今のカタチの720pxです。これは、このらばたノートで使ってるFC2の仕様でも、最も多かったサイズです。

ところが。モニタの大きさはそれほど変わってないのに、今のHPは横幅900~1000以上あるモノが多いです。ホントの理由はワカリマセンが、自分の想像ではタブレットの普及だと思うんですよ。モニタの大画面では気にならなかった余白も、小さい画面では、余白とか取らずにドカーンと出すほうが良いんからだと思うんですよね。

んで。ガッツリ効いたのが、今年始めのFlashの無効化&HTML5ですよ。これが噂のビックウェイブ。クロームでは現在既にFlashを表示できなくなっています。この変更は2010年ごろから噂では聞いていて。うわあ何とかしなきゃ、と。らばたからFlash作品を作らなくなっていった大きな理由でもあります。

そして……ついに。HPをスマホで見られる方が半分ぐらいとなりました(当社調べ)。約半分の方に見づらい=ご迷惑をかけているというのなら、おもてなし大国日本人として看過できないわけです。実際、自分もやはりデスクトップじゃないと情報を得づらいのでモニタ閲覧メインなんですが、これからの時代を担う若き者、もしくは、時代に対応している者たちにサービスを届けなくてはと……!なんと、レスポンシブ(見る媒体によって、スタイルが変わる)HPです!!すっげもう全然わかんない。難しい(T_T)

あ、思ったより長くなりましたぞ。まとめます。ただいまHP改装してます。コミケ当落発表前には終わりたいです。その先行としてブログが変わりました。次のHPはスマホとかでも見やすくなります。

二行で終わるものをこう長ったらしく書けるのは、もはや多分、才能です。そう、ジーニアス。






おれサービス論
170503s.jpg

プリキュア原稿終わりましたよ!また漫画システムの更新を図れましたよ!えへん! んで、色紙とかも描いたんですけど、やっぱり二次は、キャラ愛が強いです。あたしの描いたヘッタクソなイラスト向こうに、美しきキャラをみてくださるので、一番多いので、1枚に16名があつまる抽選となりました。もうびっくりですよ。これが二次の力か……!!!と。

実はけさ、NHKで素敵なお話を見まして。千利休の弟子(はじめて知ったの日本史弱し)の、古田織部の「織部焼き」のお茶碗が、いろんな形にゆがんでるんってことなんです。斬新さであるとか、日本人の好きなカブキ感とかあるのかもしれませんが、当時の陶芸作家達は、ある程度美しさを競っていたりすると思うんですよね。

そこで、あえて、カタチをゆがませたりして求めた物は、「茶室に招かれた者の緊張をほぐしてあげる」こともあるそうなんです。あの狭い茶室(入った事ないけど)、ましてや初体験の武将とかは、どうしたって、ホストが優位です。そこをリラックスしてもらうことは、最高のもてなしだなぁなどと、あたしは思いました。そこからこんな事を考えました。

プリキュア本をやると、やっぱり「二次に強い人」っていることが解ります。絵柄が公式によってたり、キャラの誇張(キャラ同士をキスさせたり脱がせたりも含む)の上手な人です。でも、これはどうしても、その正解=公式ありきでの、いわゆるモノマネ芸やイジリ芸なので、その1次を知らない人にとってみれば、他の要素で判断されざるを得ません。

そこで描き手はやはり、「デッサン力」「色使い」的な、画力の部分の要素っていう方向に、いかざるをえないのですよ。ただ、ここにも隠れた分岐があって、「オレはこんなに描けるんだイエィ」に向かうの?というところでその例の古田織部理論が出てくるのでして。「見る人をもてなす為の、画力向上」に向かうのかです。

じゃあ、「もてなす為の画力」とはどうあるか、というと、これはアテクシ、サービスをナリワイとしてきた経験が生きますのよ。サービスとは、500円のビールを300円にすることでは決してないし、へりくだってペコペコすることでもありません。ではその答えはまた来週ーーー!っていうとどうせ忘れるので自分の覚えとして書いておきます。

本来の、サーブ(提供する)を考えると解りやすくって。ビールをオーダーされたところに持っていくこと。つまり、「ビールを欲しい人にビールを出す」=コレが本来の意味のサービスです。だから、モノマネが欲しい人のところにモノマネをもって行くのも立派なサービスだと思います。

んでも。生き残る為には、それじゃ埋もれます。だってどの店だって同じサービスを受けられるんだから。お店が潰れてしまいます(潰したけど)。若い自分がチーフバーテンダーから教わった「サービス」とは、「ビール、ってオーダーされてるうちは三流だ。おつまみ、服装やその人のお仕事、その人の今の欲求を読み取って、こちらが提案することをまず考えろ」ってヤツです。

当時は、このジーさんかっけーなーって思いました。でもそのチーフ、自分も酔っ払ってよく客と口論してたので、それはどうかなーって思ってましたまる