「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
I PAD がつええです。
180130as.jpg

今年は描いてますよ。スタートダッシュで出遅れて(風邪)、盛大に巻き返しを図っておりますよ。それを可能にしてるのが、IPADとクリスタです。とにかくドコでも描けるんです。どんなカッコでもかけるんです。巨大な液タブの前で正しい姿勢を維持し続ける必要がないのです。いい加減な体制で描く、これがこんなに持続力にプラスになるとは……。

描いてるのは上の絵みたいな感じで、いつものアニメ塗りぼかしよりは、ちょっとリアルかっちりよりです。このあと、色を上げるなどをして描き込んでいきます。また、IPADのナイスポイントのひとつに、ペンと画面の差異があんまりないというのがござりもうす。液タブ戻ってくると、「すげーペン先とカーソルが離れてる!!!」って感じますモン。

この大きな差異というのが自分には、細かく描き込みたい!質感を出したい!という欲求につながってるみたいです。すごく言うことを聞いてくれるし、なによりも、アナログの油彩技法が結構使えるのが嬉しいです。

でも、ソフトはクリスタで今までと一緒なので、同じはずなんだけど、いい加減な姿勢、描きやすいペン、が、これほどまでに素敵なハーモニーを奏でるとは、お兄さんも驚きです。

あ、そだ、今年の予定ですが、夏コミ前までに、コミ1は見送って、コミティアに出ようと画策しております。それに向けて、色々動いてます……ふふふ。また言います。でも言うとぽしゃるから見えてきたら言います。すっごい描きたいマンガがあるときはこうやってカラーやってるっていう、今年もこの矛盾には悩まされそうですが作り手とはそういうものです!!はい!!!
絶賛進行中
180124.jpg 

「人を描く」ですよ。今年の一大ページェント。ページェントってなんでしょうかググらない!!オレはググらない!!(なんだそれ)

上の絵は先週描いたもので、ツイッタにも上げたものなんです。昨日新しいやり方でやってて、上手くいくかなと思ったんですけど、、残念ながらでこっちを上げることになりました。求めてるものは、この感じのタッチに近いです。よって、この絵も気に入っています。が、ふぁぼとかはまた数個です。ふふふ。

で、もう一つ進行中?なのが、ネーム……「みたいなもの」です。次作なんですが。現時点で、ネームといえる程お話がないのです。前作の骸骨さんもかなりお話なかったですが、ひたすらヤってるだけで、もうほとんどエロビデオに近い状態です。これでイイのかな……?とイチマツの不安を抱えてしまいますが、ひとつなるほど、と思う発見がありました。

それは、お話に乗せないので、エロ描写に集中できるということでして。お話の流れというより、彼女の体の感じ方の流れ、とでも言いましょうか、ああ、これ、ヌキやすいぞ……とか思ってしまいます。でも、こんなの、ホントに自分が楽しくて描いてる感が振り切っちゃって、果たしてエンターテイメントとして成立するのか……?そして、絵の力が、どこまで使えるようになるのか!? 高石の挑戦は続く!それが進化理論!!ガンガンズダンダン!!
2018年の抱負。
180116.jpg

ようやく、風邪がなおってくれたみたいで。風邪の時って本当に何も描く気にならないんですよ。歳とってくると「これが衰えか……?」なんて思っちゃって、焦りまくりました。安彦御大や青山先生なんて60とか70で描き続けてるんですから、まだまだ老け込む訳には参りません。

さて、計算をしてみましたのです。なんのかって。自分は、1年=12ヶ月で、6本の作品を作る時間を取れます。プリキュアモノを含めて(まあ、これ含めるから圧迫なんだけど)。およそ2ヶ月で1作。で、その2ヶ月のなかで、製作に当てられる時間はおおよそ240時間。自分は今、1本に掛かる時間は200時間なので、40時間ほどおつりが来る計算です。以前はこれをプリキュアのワンドロとかに充ててました。

で。今年やりたいことは、以下の3つです。①DL作品の製作。これはやる。飢えちゃうし。 ②ツイッターでマンガを連載する。これもいつかやってみたいのです。 ③油彩画のパワーアップ。これは趣味です。

これらを、どう、配分するか。2ヶ月(240時間)の猶予のなかで、①に、200時間。これはどうしてもとられます。のこりの40時間で、マンガを、って考えてたんですけど、今年は10月に、上野でルーベンス展が開催されます。そこで、③油彩画。やりたしです。

②のマンガは。ツイッタで連載して、コミティアで製本とか考えてたんですけど。それ、2019年にやります。DL本もツイッタマンガもって、やっぱちょっと時間が足りない。

その、③は趣味なんですけど、もう、ここでやらないと、ずっとやんないから。やります。やりたいの。この時点で、今年の赤字決まったようなものですが、我が王の来日を天啓とし、やれるトコまでやってみます。リアルとマンガの中庸を狙った絵になっていくと思うので、ブログ絵もこんな感じで、ちょっとキモイ感じになっちゃうかもですが、ゆるしてたもれ。もう決めたんだ。きっと、いつか、自分の力になるはずさ。

なるかな。

ずびばぜんんnーー
陽だまりのコミケリポーツC93

180103s.jpg 

新年明けましておめでとうございます。今年もラーバタスらばた工房をよろしくお願い致します<(_ _)>
さっそくですが、年末の(といっても一昨昨日だけど)コミケリポートまいります。

【会場】:今回は、すごく人が多かったです。普段、うちらの特殊性癖島は、そこまで混まないのですが、今回はぐちゃぐちゃでした。移動もままならなくて。自分も一度出たら、スペースに戻るまで大変でした。でも、14:00ぐらいからばったりと人が引いて、なんか参加始めたばかりの10年前みたいな感じでした。

【自分のスペースと新刊】:それと、東1はやっぱり良いです。前回東7だったのですが、活気が全然違います。おかげさまで、新刊もそれなりに数が出まして(〃▽〃) ほんにみなさまありがとうございます<(_ _)> DLで伸びないのはオフで伸びるというこの謎の伝説も健在です。欲求が違うのかなぁー。

また、最近は告知にはツイッターも使っているのですが、らばた告知ツイッターなんか、まず二桁ふぁぼ、RTも行くことないのです。フォロワさんもそんなに。でも、現物はきっちり出てくれる。チェックして頂いているんだなぁと。人に「欲しい」と思っていただける絵を描くというのは、自分の活動の根幹なので、これは素直に嬉しいコト、というかいや、いちばん嬉しいコトです。ありがとうございますみなさま愛してます。

【色紙】:それと。上の写真よく見ると解るのですが、色紙の値段。このくらいに設定させて頂きました。相場はかなり幅があるみたいで、ヤフオクとかでは1万オーバーざらです。なので、自分がこの値段なら譲っても良い、という値段から、愛するご常連様価格として少しお値引きした設定、にしましたです。だって、みんなすごく気に入ってるから、自分で持って帰る気も満々ですもの。……はい。お買い上げ頂きましてありがとうございます<(_ _)> この価格を払っても良いと思っていただける方に譲ることが出来て自分も嬉しかったです。

【骸骨兵士ご感想】:今回は、レスポンスを多く頂いております!本当にありがとうございます<(_ _)> 自分が気にしてた「こんなの、ただ、ヤってるだけじゃん!?」というご指摘は今のところありませんでホっとしてます(って書くときちゃうかしら(T_T))。詳しく書いてくださってる方もいて、「お話」という部分の「一般的なストーリー」にあまり振り過ぎなくて良いんじゃない?というご意見は複数頂きました。すごいうちの本読みこんでくださってるうううーーー(T_T)

また「ヤッてる描写の良かったところ」について書いてくださってる方が多く、ということは、そこがいちばん求められてるのかな、って。そもそもなんで高石は「ストーリー付けたがるか」っていうと、まあ色々あるんですけど、いちばん大きいのは、「みなさんの記憶に残りたいから」なんです。おお、偉そう。

ウチの本をみて、そのあと少しでも残った記憶が繋がって、皆さんの頭の中に、ラーバタスという世界が出来ていけば、と。その空想のなかで遊んで欲しくって、エピソードより少し踏み込んだ「ストーリー」というものを作っています。

ただ、皆さんの「頭の中に印象を残す」というのが目的であるのなら。まるで事件解決のようなストーリーをメインに据えなくても? それをヤってるなかで感じさせるだけで良くないか? というちょっと自分にとっては高度なステップにシフトしたかったのが、今回の骸骨兵士です。その連続性(世界の、ね)を維持させるために、既存キャラ登場という保険も掛けてみました。

結果は、今のところ、お読みいただけた方には受け入れていただいたみたいで。次作品の製作に、大いに支えになる結果となりました。DLで売れてない、ということは受け入れられてない、のかもしれませぬが……買ってくださる人を向くのです。

こういうのは自分では、「よかったのかな……?」って思っていても、活字で、しかも文章を考えて送ってくださるという事実があるとないとではまったく違うのです。本当にありがとうございました。皆様愛してます。

あ。それと、今回のコミケ現場では、骸骨本は女性がすごく多く買ってくださって。多分、1割ぐらい女性な感じです……!?これすごくないですか?アウラ人気だなぁ……。本当にありがとうございます<(_ _)> 

【次への1歩】:作品の方向性は、今回のガイコツみたいな、体(とココロ)の物語をメインに据えて、やっぱりマンガか、カラーの「製本対応可能な」形式になると思います。これならスマホ勢も大丈夫ですし。ゲームとかはもう、いつPCで出来なくなるか解らないので、怖くて作れません。夏コミはもちろん申し込みますが、コミティアも最近はイイと聞いたので、ちょっと顔を出してみようかな……?などとも思っています。いやどかな?時間が許せば!

で。高石が好きな「事件解決的なストーリー」は、また別のトコで、やりたい……と。ふふふ。あれ?去年も言ってなかったか?やるの!!今年はやるの!!

2018年は「結果」だ!結果が欲しい!結果を出してやる!!がおーーー!!「欠陥」がでたりして!!不吉な!!!そういうこといわない!!!!!不吉は実力で押さえ込むのだあああーーー