「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
白日会展
180327.jpg

大丈夫です、作品は従来のアニメ塗り系の絵です。ココの絵は方向性の練習も兼ねてるので……。

タイトルの「白日会展」。新国立美術館で今やってます。ルノワールのエレーヌが来てるので、ソレを見るついでに、好きな作家さんの絵をみてこようといったのです。結局、時間なくてルノワールはみられなかったんだけど。

で、その白日会展とは、公募展といって、プロもいますけど、多くが、街の絵画教室で油絵を描いたりしてる人たちの展示会です。すべてがハイレベル絵というわけではなく。また、目立つ一部だけすごく上手くて、ああ、ここは先生の手が入ってるなぁという絵もあって。全部見る必要は無いので、お目当てと、気になった作家さんだけで充分、って感じです。

でも、日展なんかにくらべたら全然絵の技術的レベルは高いですし、人物でもきれいな具象系が多いです。で。昨今、ツイッターなどでも若い油彩作家が、二次よりの絵を描いたりしてまして、TLによく油彩画の「上手い」二次絵が流れてきます。ヘタクソはこれまでも結構いましたねあたしも含め。

作家さんは美術的な面ではとてもジョウズです。影の色や、立体感など、予備校で散々石膏像描かされたタマモノが発揮されてるように感じますの。

で。ヘタクソな高石が公募展をディスるのが今日の趣旨ではなく。以前ちょっとココにも書きましたが、もう「CGの萌え絵」って、おなかいっぱいじゃないですか?えっと、目が大きくてキラキラレイヤーで光ってて、おっぱいがテカテカしてて大きくて、謎のポーズで空中に浮いてる絵、って言いましょうか、いや、ディスってんじゃないですよ、だってそういう絵、めっちゃ多くないですか?誰が描いた絵かなんて、まるで解んないほど似たようなのばっかりじゃないすか。

そこへ、鍛えられたデッサン力を持った作家たちが流入してくると。CGとは違う見せ方をすると。コレですよ。これ。次のビクトリーシナリオのような気がするんです。CGは比較的すぐ真似できますけど、美しい画カクや、立体的なデッサンはそう簡単じゃない。デジ絵は次の世代に行く……ような気がしてならないんです。

で、高石は何をやってるか。って、ウチはあんまり関係ないんですよね。そのテカテカの絵どころか、きれいなデッサン絵あたしかけないですし。ただ、消費者、買ってくれる人の、絵に対する、商品に対する見方が、変わると思うんです。

消費者じゃなく、「選別者」になると思うんです。

選ばれるために。今できることを。です。

人生のイライラについてのコラムを書いた
180320s.jpg

絵はこんな感じで頑張ってます。リアル寄りはちょっと怖い。マンガのほうは、とりあえず今はプリキュア本に掛かりきりなので、特にらばた新刊の情報もございませぬのです。でもせっかくなので、コラム的なものを書き記しておくことにしました。人生を生きる上で役立ちそうないやそうでもないと思う。

一人暮らしではなくなってから、いらいらしたり、こんなヤナ奴がいた的な事を、ここに書くことがすくなくなりました。というか、すぐ口に出せるのでここに書かなくなっただけかもしれませんが。でも、ひとりで戦ってる時は、そこらじゅうにイライラしてしまいがちな訳です。

じゃあ、「イライラする時」を突き詰めていくと、どういうときか。
例えば「電車で、音漏れヘッドホン」。このときは、単純に雑音が嫌なのと、対象を愚かしいと思ってしまうことに加えて、他者の迷惑(自分を含む)に対して上等キってきてること。
じゃあ、他には「何度言っても同じ間違いをする部下」これは単純に自分の作業が倍になること、自分の言うことをきいていない=無視されたということ。かな。
もいっこ。「スーパーの会計で一円をずっと探してるおばちゃん」(器小さいなオレ)。この時は、自分の時間がロスられる事に加えて、自己中的な人間に対する苛立ち。

以上をあげていくと「自分の利益の損失をしそうな時」にイラツクことが多そう。1は、自分の安らかな時間を。2は、尊敬されるという報酬?を。3は、自分の自由な時間を。って感じ。

で。他方、こういう考え方もあります。

「他者は自分を妨害してはいけない」=つまり「人は自分自身の行動に完璧に責任を持つべきである」これ、経済大国ニッポン、たしかにそうではあるのですが、正直、完璧に振舞える人間など、極少数ですよ。現在、自分の足の親指がどうなってるかを常に意識できる人間ばかりではないので、気づかぬところでやらかしてしまうのです。

となると、人はやらかし前提。前述のイライラも、やらかしのひとつである訳です。他者のやらかしは許せないけど、自分のやらかしはしょうがない、こうなってはダメですな。結局、他者のやらかしに対応できない=不安定要素に対応できない=未熟である、という結論になってしまうのです。

特に、ツイッターランドにはとにかく他者や政治、あらゆる世界に厳しい人が沢山いますが、他者が完璧でないと、自分が困る=対応できないからなんじゃないかなぁ……?って思ってしまったり。また、自分は未熟=子供、弱者のままなら、完璧でなくても許される、大人になるなら完璧であらねばならない、そんな方程式を感じます。

まとめると、イライラするのは、未熟だから。となってしまうのです。では、成熟とは?多くの不安定要素に対応できるようになること、人の不完全を許せること、と。今回は結論付けました。

あれ、思ったよりきれいに着地しました。以上、今日の生き方コラムでした。

アップをはじめましたよ
180313s.jpg

ここずっと油彩やってて。油彩はあんまり線画にたよれないので、面で塗っていくような感じになるんですけど、こうやって線に戻すとかなり気持ちが楽になります。楽というか、慣れてるというか。

油彩絵は、もう、なんというか、絵を志してずっと自分の前に立ちはだかってる壁で。いつかいつかやってやると思ってたものでして。もう、KAKUGO決めまして。ちょっと頑張っていきます。

で、DL用の作品お話でス。前回のブログでなんか「らばたの世界を系統立ててつづる」とか言ってるでしょ。このブログは、ここに書くと企画がぽしゃる「ポシャノート」なんですが(なんだそれ)、今回はポシャらせないでいきたしです。

で、その世界とやらの、描く具体的な内容は、モンスターの生態はもとより、この世界の仕組みだったり、どうやってみんな暮らしてるかって事を描きたいんですけど、それを、マンガでやろうと思ってたのね。販売用の。同人誌がそのままらばたの世界を旅できるガイドブック、みたいな。

でも、これ、マンガだと、かなりエロじゃない部分を描くことになるぞ?うーん。それはある程度必要なんだろうけど、実際にゲームにする訳じゃないし、描かなくてもいいことってあるじゃない。

ほら、ドラクエとかでもさ、その水はどこから来てだれが浄水とか管理とかしてて。だって、あんだけ毒モンスターいるんだから、湧き水ガンガン飲むわけには行かないでしょ。お風呂はどうするとか、とかってのを描きはじめると、膨大な量を説明しなきゃなんなくなるじゃないすか。そこにエロをはさむページ数もパワーもなかなかどうして。

うーむ。これはでも、ずっと抱えてきた問題ではあるのです。ぱんつ脱いで待ってる人にそれは渡せないよね、で。本編はこれでもかとエロく。やっぱ巻末に絵本的につけるのがいいかなぁー。いまそんなところです。

プリキュアはもう、最高のキャラが出てきてさあや最高なんですが、敵幹部にも気になる子がいてなかなかこれ目がはなせないのです。なかなか難しいです。いまそんなところです。
5月のコミティアには申し込みました。
180306.jpg 

コミティア、らばた工房で出るのは、随分ひさしぶりです。スライム君のお話描きます。でも、プリキュアイベントのすぐあとなんですよね。間に合うかしら。とか言ってる場合じゃない。描きましょう。何とか一冊、出したし。

で。今はもう、毎日油彩エブリディです。毎年、2~3月は比較的時間が取れますので、修行月間となりがちです。んでもその毎年、自分は改めて、何も解ってないで、デジの力だけで絵を描いてきたんだなぁと思い知らされます。てか「思い知らされます」とか言っとけばなんか反省しまして的になるけど、反省しようがしまいが、ちゃんと描けること。結果を出せること。ここ。今年はここ。とにかく結果。出すよーー!!今年は出すよおおおう!!!

で、その、いま作らんとしている新刊なんですが、ちょっと、ちゃんと「らばたのこと」を語ろうと思って。いや、今までも語ってますよ。でも、あんまり系統だててないというか、やはり、ある程度売れる=生活をすることがメインになってるのでどこかキャッチーで(そうか?)好まれやすい(そうか????)方向へ行きがちなんです。

でも、ほら、例の「漫画村」的なのとか、違法DLすごくいっぱいでしょ。作品をデータで販売する以上、ああいったものはどうしたって出てくる訳ですし、データによるマンガ表現が今後、どこまでお金に代えられるのか解ったものではありません。となると、いつ、らばたが立ち行かなくなるか、ってトコまで考えないといけないのです。

つまり、その「買ってくれそう」とか、マーケティング(もどきだけど)とか、売る努力的なものをいくらしたって、まったく概念が違うわけですから。ほんとにシャレになってないですよ。まあ、自分の場合、ガチ漫画家さんなんかの被害に比べれば微々たるもんなのでしょうけど。

で、今後のらばたを考えて。「違法ばっかで1冊も売れないからやめます」には、まだ、なりません(いつかなっちゃうかもだけどね……)。今のうち、まだ、マンガという商品がお金に代えられるうちに、みなさんに、ラーバタスという世界が存在したことを残さなければなりません。で、ちゃんと、系統だてて、エピソードをつづろう、と。始まりはいつだってスライム君です(なにそれ

以前から繋がった作品をやりたいとは言ってたけど、こんな、お尻に火がついて始めるなんて。なんてアタシらしい。とりあえずいけるトコまで行きます。倒れるときは前のめり。