「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
来週アタマには新刊が!割り切り3年火気発煙
(挿絵すみません。おやすみであります。)

新刊をただ今作っております。今回、コミティア合わせなので、部数少なくていいと思いまして。昔よくお世話になっていたPOPLSさんのギリギリまで描ける入稿でお願いすることにしました。と言っても、来週月曜が締め切りですが。間に合う予定!

いま、もう、完全に液タブを外しております。アナログと板タブです。描画スピードは絶対的に落ちますが、結局、速く描いてると、自分の絵をしっかり見てないのかなあって思いまして。直して、描いて、なおしてって、今更やってます。こういうのは描き始めた時にやるのに。ね。

で。なんせ新刊薄いんで(……といっても20Pなので、他のサークルさんでは普通かもですが)、ちょっと迷っておりますがいちおう、DL版も出せればなぁと思っています。

んで。今回は、また、ウチの本を読むときに既にパンツ脱いでる人に届けられればいいなって思って描いております。ちょっともう、割り切っていく事にしました。色々描きたい世界はあるのですけど、それは自分のわがままなので、なんかの「作品として」やります。「商品」に余計なもの混ぜないようにしようかと。

こういうこと言うと「高石さんの雑談ページスキですよー」とか嬉しいお話してくださる方もいらっしゃるのですが(ほんにシアワセモノですよあたしゃ)、多分今後、DLさんもカタチを変えて行くと思いますし……。

この、先の見えない時代なのであんまりこんなこと言うと可哀想ではあるんですが、なんというか、DLさん昔はもっとガンガンで、うちらが必死に着いて行く感じだったのに、割引セール連発し始めたあたりから、迷ってるように見えます。頼もしい感じがないというか。

でも、これ、自分にも言えます。サークルは何かを「発信」してこそサークルです。アレが売れそうだから、こんな絵柄がうれそうだから、は、受信ですし、その焼き増しなんか劣化コピーです。もっと旗を振って先を走って、買ってくれる人に「こんなのあるよ」って見せたいです。

うちもあっちゃこっちゃ行ってしまいましたが、ウチは異種姦サークルです。モンスターに女の子がよがらされてる、喜んでるのがウリです。もう少しコレを描き込んでいこうと。腹くくってみました。

新刊情報はまた追って。5/5のコミティアには出ます。残はとらのあなさんには行くと思います。


DLさんの「Ci-en」


 180417s.jpg 

本当は「はじめましたー」ってURLでもやろうとしたんですけど、うーむ、よく考えても、誰がどういうメリットがあるのか解らんのですよ。

どうなのかな、結局、ファンクラブみたいなものなのかな? 「月額いくらで入って、ファンクラブの情報誌みたいなものを読める」……?でもこれは、その情報誌を作品として売れば良いわけでしょ?

それに、ファンクラブ入っておいて、つまんない情報誌ばっかり見せられても困るでしょ……?販売作品なら「今回はスルー」ができるのに、何でわざわざお客さんがリスクをとらなきゃいけないの?

作り手側としては、毎月確実にその情報誌を出す必要があって、それは製作と平行してやる必要があるわけ……かな?結局、作品作れなくならない?

「クラウドファンディング」って本来、一人じゃどうにもならないものを、みんなの力を借りて、っていう方向性のものだと思ってたから、本来ひとりで出来るものに関所を設けてカネを取る……では、筋が通らない感じなんですよね。

以前、自分がクラウドで支持したのは、声優さんたちがやるライブのCDを豪華にしようー!ってヤツで、支援しているというより、まだ完成していない商品を予約して、先にお金払うような感じだった。「CDは製作のリスクがでかいから、先にリスクを回避したい」という気持ちは解ったので、特に躊躇はなかった。

でも、DL販売の場合、主なリスクは「時間」で、日本ではあまり浸透してない概念だと思う。というか、ここを「リスク」としてしまったら一般的なマンガ誌なんか成り立たないよねぇ。「OO先生の新作です!これから作りますからお金下さい!支援してくれた人に売ります!」になる訳でしょ?そればっかになったらもう、読まなくていいやって、絶対なる。

でも、「無料プラン」というのもあるみたい。ここのブログより、そっちのほうが色々連携など便利なら、ちょっと考えてます。さらに、今回のDLさんのおかげで、とらのあなさんがやってるFantiaというものも見つけたので、もう少し並行して勉強してみようと思います。とにかく、業者の利益がメインで、お客さんのメリットが無いようだったらやらない。業者がみんな利益メインになったら、自家通販にまた戻せばいいだけだもの。

あ、なんか、忘れてたぞこの感覚。DLがあってあたり前になってた。何とかしてオレの本を届けたい、じゃなく、出したい、ことがメインに……なってなかったか?

なってなかったかな……?

うおー。絵まで手が。回らなく。
先ほどプリキュア原稿上げまして。この後何枚かの色紙をかくことになるのですが、なかなか手がまわらず。ここも、絵を描かないと更新しない、にしてしまうと、本当に更新止まってしまうので、とりあえず文章だけでも更新します。

・次のコミティア、コミケと違って多分、製本してもほとんど売れないんですよね。なので。ページ数と冊数を絞ろうと考えています。でも、ズボン脱いで待ってる人に届けようと思います。

・DLさんの「Cien」というのが始まるそうです。とらのあなさんのFantiaみたいなヤツ。これ、チョと考えています。今のあり方は、いろんな部分で飽和状態です。レッドオーシャンに住むには、なにかを削らなくてはいけない。青い海へ。

・「商品」について考えていました。もし、それに深遠なる意味があっても、伝わらない、解らない→つまらないになる。つまらないものは商品にはならない。どうしたら伝わるか。何を伝えるのか。それを、どのプラットフォームで出すのか。もう一度、洗いなおす時期だ。

以上、3点です。キャップ。
うむむむむ
うーーーーかなり疲労困憊で。またわけのわからない文章垂れ流してもアレなので(いつもじゃん)、後日改めて書きます。あ、5がつこみてぃあ決まりました。H26aでっす!!