「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
買った、読んだ、で…、
180530bgs.jpg


ごきげんよう、あなたの高石です。梅雨に入りそうな昨今、皆様いかがお過ごしですか。わたくしは、キュアぱず漬けの日々を送っておりますおぉぉい!(←これはツッコミです。

インターネット創世記的なツッコミは置いときまして(爆)、(←いやもうなんか恥ずかしい)、今日は新作のお話からです。で、結果は、ええ、ご覧のとおり、まだペンイレ最中です。出す出す詐欺ずみまぜん。遅れまくってる理由を言います。

今回、コミティアに出したのは、製本で16Pですから、本編は12Pです。といっても、ネーム量(台詞とか、読む文字の数)は多いので、ゲンブツの本だと、あんまりみじか!!って感じないんですよ。でも、デジは画像一覧でみると、やっぱページ数の少なさは、ちょっと物足りなさを感じてしまう人もいるかなと。

んで、加筆の必要アリ、って思ってるんです。今回の本、実はちょっと「オハナシ」してたんですよ。でも、コミティア用には、それのエロシーンを中心に描いたので、またヤって終わり感あるものになってます。せっかくなので、元々のフルサイズのお話に戻しまして。12Pの加筆となってしまいました。はい。結局、倍描くことになってしまったのです。本来、二回に分けて出せる勢いです。でも高石、人気作家でもあるまいし。誠実に。お客様には誠実に。遅れてるけどね。これで言い訳を終わります。

さて。前回はなんか色々語ってて、ああ、おれ何があったんだろうと自分で心配をしてしまいました。大丈夫です。自分語りをこじらせてるだけなので、正常な高石です。今週はその語りが少し整理されて、エッジが効いてきたのでそれを話します。やっぱ話すんじゃん。うん。

作り手ってのは、どうしても「どうやって完成させるか」「どうやって売るか」を主に考えてしまうと思うのです。自分もそうです。あと「どうやったら売れるか」。んでも、こないだの文章を書いて、にんじんたまねぎ色々入れて煮込んだ結果、「買ってくれて、読んだ後、どう思うんだろう」って所に到達しました。

感想とも、読後感とも、ちょっと違うんですよ。自分は、ばっさり二つに別れます。「もっと欲しい」「もういいや」です。欲しいもの以外は要らない、「どっちつかずのもの」は要らないに入ります。もういいやの作家さんは、ツイッターならリムーブします。そのくらいハッキリな、次に買ってもらえるかどうか、です。生命線ですよこれ。

なので、お客さんの「また欲しい」に入れてもらえないと、自分に明日はない訳です。結論から言えば「好かれないと」ダメなんですよね。幸いなことに、ウチの場合、買ってくださる方の多くは読む前は好印象を持ってくださってる訳ですから、そこから大マイナス採点がなければ、ワタクシは死なないですむのです。

とすると、チマタでよく言われる高石の画力云々はもう、皆様におかれましてはご存知のとおりなので。いきなり安彦良和レベルになれってのは求められておらず。なので、皆さんが好いてくださってる部分をきっちり返していく、できれば、楽しさを上乗せしていくことが重要、と。これは製作というより、商売の部分かもなんですけど、自分はそっちの方が合ってる気がするので、そのあたり、見失わないようにしたしです。

で、好いてくださってる部分ってのは、異種姦とかの内容に加えて、前述の「販売に誠実であること」も入ってると思うのですよね。ぼったくらない。描き飛ばさない。DL作品ってのは、立ち読みできないので、買い手さんにとってはギャンブルみたいなものです。出来る限り、応えたい。少なくとも自分は、そういうサークルが好きですし、自分もそうありたいです。いい加減でチョーシこきまろのサークルは好きではないですもん。

ってゆーかー、販売日に対してももう少し誠実になれよって(核爆)

うっわ。まじすみません。今週のオレ論でした。


人のプリみてわがプリ見直す
180522s.jpg 


この頃の風は気持ち良いですね。皆様いかがお過ごしですか。先にお伝えしておきますと、新作編集、まだ終わってません。。。今週「色について」というマイ課題の突破口が開かれてしまい、影色と光の色についてあーだこーだしまくってしまいました。おかげさまで、ひとつ上の世界にいけた気がします。いけたら良いな。

さて。今日はこちらでは久しぶりに、プリキュアの話です。先日の日曜に放送された回は、ツイッター上では「神回」と大評判でした。んが、自分にとっては、こんなプリキュアみたくなかった、というのが本音です。自分のツイッターでは「気持ちわるい演出」だと、プリキュアに対してはじめて「気持ちわるい」なんて言葉を使いました。

きれいな作画、テンポのよいギャグ、コミカルな崩し絵。わちゃわちゃした演技のあとに、重いのがドカンとくる。アニメをたくさん見続けた人にはよく解るような描写の数々。

「深夜アニメかコレ?」自分の感想はこうでした。自分にとって深夜アニメとは、オタク向けの、自分は特に見る必要のないもの、というぐらいの位置づけで、あまり褒めておりません。なんかこの回、製作チームが違ったみたいで、深夜の人たちだったと誰かのツイートで見ました。でも、誰が作ろうが、どーでもいいんです。プリキュアが、オタクの方をしっかり振り向いたと思える、記念すべき回(?)だといえると思うのです。

なにがどう、とかではなく、全体の「ツクリ」が、深夜アニメなんです。奇をてらった構図、もったいぶった描写。そういうの、自分のプリキュア観では要らないんです。主役は、演出やアニメーターではなく、プリキュアたちであり、それを喜ぶチビっ子な訳で。そこよりも作り手達のオレスゲーがあぶりだされてくるモノは、どうしたって気持ち悪いのです。オタクの人たちはそういう「OOさんが作画監督ー!」とか大好きなんだから、それこそ深夜アニメでやれば良いのに。

ほら、最近のガンダム、モビルスーツが猛スピードでガンガンぶつかって、ろくに機体見えないでしょ。あれは何やってるか解らない。多少作画が崩れても、何をやってるのかがしっかり解った方が自分は好きです。

で。

わがフリを直しますよ。「プリキュアってこういうものだよね」ってのから、「外れた」上に、「作り手のエゴが出てきた」のが気持ち悪かった、と。

自分に置き換えます。「らばたってこういうものだよね」から「外れる」。上手かろうが下手だろうが、外れた、とする。「らばたってこういうものだよね」は、異種カンであることに加え、いつものあの感じ(なんだそりゃ)みたいなのがあると思うのです。

さらに「作り手のエゴが出てきた」これは、同人だから、というか、高石が結構語るのはらばたの芸風でもありまして、これを置き換えると、対応するのは「テキトーにつくって、お金を稼ごうとするのが見えた」ぐらいが合うのかなと思います。

なので、つなげると「流行りものの二次同人を描き飛ばして、お金を稼ごうとするらばた」をやってしまうと、この、自分がプリキュアに味わった喪失感みたいなものをお客さんに感じさせてしまうのかも。。。いやそこまで愛してくださってればもう既に本望なんですが、って、まって、それ、昨今の二次同人本そのものじゃん(゚Д゚)

あ、そうか。それで、喜ぶ人が多いから、多分、そういうのが成り立ってるんだ。「ビジネス」として。じゃあ、その「……違うコレ」と、「好き」を失ってしまった人たちはどこへ行けばいいんだろう。

お客さんがウチを飽きるのはいい。でも、ウチがお客さんを飽きちゃったら、絶対ダメじゃん。伝えたいことは、異種姦のドキドキ。異形のモノに犯されて喜ぶ女の子。最近流行の作画じゃない。

ちゃんとココロに留めよう。
あなたのトゲはどこから?
180515sb.jpg

もう直しましたけど、先週のブログ、字がどデカで載っちゃってました(;゚Д゚) これまで、ブログはテキストで打ち込んで、この投稿欄にコピペしてたんですけど、前回から出先でも書ける様にエバーノート使ってるんですよ。そのフォント設定がそのまま出ちゃったみたいです。以後気をつけます<(_ _)> びっくり。

ではでは最近の高石です。って、高石さん自分ガタリほんとに好きよね。ええ。好きよ。例の、スライムマンガの手直しをしています。しながら思いまして。製本印刷をすると、その紙質やらインクやら、さては肉眼のぼやけやらで、作画がいい具合にやわらかくなります。でもデジではかなりシャキとしてます。

しかし、そのシャキッとした線は、デジで拡大で見ると、かなり荒々しく。うむむ。コレどうしたもんだろ……って、ふふふ、以前はいちいち悩んでたのですが、自分が出来ることまでしか出来ないので、もうコレで参ります。見馴れて下さい(*´Д`*)  こうしないと進めないと最近わかりました。下手の考え休むとニヤリ。

という事で、来週くらいには目処ついてるかなー、DL版、製本版ともにお知らせできると思います。できなかったらごめんなさい。

あ、それとですね。最近季節の変わり目だからかしら、ちょっと世の中がトゲトゲしてる感じがします。電車に乗っててよく思います。トゲパワワです。

誰かのトゲトゲを受けるとイラっときますが。それはその人がトゲを持っていないと見誤ったから。ウニを素手でつかんで、とげに刺さってイライラする人はいないでしょ。

じゃあどうするか。手袋をします。トゲはあるものとしての対処です。肌を露出しないこと。素手でつかみに行かないこと。刺されたらムヒ塗る事。ウニにキレてもしょうがないのです。

誰かに理不尽なことをされたり受けたら、その場で二度と会わないなら逃げましょう。食えないウニは無用です。会社とかで同居しなければいけない相手なら、トゲがある事を認識して、素直に怖いと伝えちゃうのも良い方法です。その人のキモチワルイ自己愛を満たすのと引き換えに、トゲはあなたの味方になります。

怖い事件も続いています。他者は、あなたと同じ常識を持っていると思わないように、くれぐれもお気をつけ下さい……あれなんの話だったっけ、、、?????
コミティア124リポーツとおれ進路指導
180507s.jpg


GW終わっちゃいましたね……(T△T) といいつつ自営業にはあまり関係なく、昨日と同じ今日が……否、昨日よりちょっとエキサイティングな今日が繰り返されるエブリデイです。それでは、僭越ながら(?)コミティアリポーツ参ります。

らばた工房で出るのはいつ振りだ?ってくらいに久しぶりなコミティアでした。で、びっくりしたのです。人が多かった!サークルさんも、一般参加も。あれ?創作ってこんなに支持されてたっけ?てか、これはコミケ?って勢いです。実際、集計の人数も多かったようですよ。ティアマガ(←入場券も兼ねてるカタログ)も早々に完売してましたが、拍手なかったのは驚きました。時代なのかな。

参戦模様は、こんな感じです。じゃーん。

180508sas.jpg 

まず、新刊。18Pでオンデマ印刷だと、まぁああ、ほんに薄っすいです。「薄い本」という呼び方が一般化(?)したとは言え、製本ブツは質感は重要だと思うので「持った感じが安そう」は避けたいのです。なので、というのもなんですが、今回イベント特価としました。この新刊、現在通販もDL版もまだありません。今後の流れは後述の業務連絡にて。

そして、いつもの感じに加えて額装絵があります。今回はこれ、コピック絵なんで額装するとちょっと仰々しい感じですが、今後は油彩絵がここにくる予定です。エロファンタジーの油彩絵。ちょっとバカでしょ?ふふふふ。

今回油彩画間に合ってないのに展示したのは、このサークルこういうことやるよとお伝えしたくって。です。売れなきゃ売れないでもイイの。展示したいの。オレはここにいるよ、って。ふふふ。あ、でも、コミケではぐちゃぐちゃになっちゃうからやらないかも……え?てことはコミティアまだ出るの?ふふふ。これもあとで。

で、リザルトは……!想定の三倍出ましたよ!まあ、想定がめっちゃ低かったってのもありますけど、えー!?コミティアこんなに出るんだー!ぐらいの勢いですとも。在庫もすくなかった壷巫女はついに完売しちゃいました……って、あ、自分は「完売」はあんまり、どうなのかなーって思うのですよ。それを目当てに来てくださってる人とかいるかもでしょ。告知しといてそれはあまりにも……余らせて自分で持ち帰った方がココロは楽です。体はキツいけどね重いからね!!

――(毒開始ブハァ)あ、そうそう、ツイッターやってる方は「完売しました!」ってTLにいっぱい流れてたでしょ。あんな眉唾ないからね。「持ち込み冊数合計10部とかで、見本誌や挨拶とかで配って、机の上に3部。で、フォロワーさんらしき人が挨拶に来て、そのとき売れて完売だーとか言ってる人」とか、超いっぱいいるからね。自分も偶然見ちゃって。うわーなんだそれって。一般で買いに来る人の事をどう考えてるのかなぁあああーーーああそうかそもそも買いに来る人がいn(毒終わり)――

今回の総括としましては。コミティア、うむ、出られるだけ出よう、って感じましたよ。新刊というより、既刊を紹介するというところ。それと、油彩画の展示、という意味もこめます!なので、次は、夏コミティア、参る所存です!!コミケ出ないしね!!(T△T)


あ、それとね。ちゃんとティア出ようと思ったのは「あ、ご無沙汰です」とか「お久しぶりです」っておっしゃって下さる方が数名いてくださって、なんか嬉しかったのですよ!自分コミケはここんとこずっと皆勤賞だったから、つまり、この方たちはコミケにはいらっしゃられない(か、ウチには来られてない)んですよね。ああ、ティアはそういう受け皿でもあるのか……と。


ではでは業務連絡です。

今回の新刊について:ちょっと加筆させてください。DL版と通販版、出ます。もうちょっと。
次のイベント:夏コミティア(8/19)の予定です。それと、今回のこの文章、ちゃんとしてません?え?変わんないです?そうですか。orz

えっと実はですね。自分のこの活動、イベントやらなにやら、製作とかやる事すっごい多い事に気がついて。これ、きっちり年間運営表作ってやらないと、結局どれも雑な仕事になっちゃうなと思いまして。今月はずっと、それもかなりちゃんと、製作時間を管理するカレンダーをつくってたんです。で、この「ブログを更新する時間」というのも、毎週ちゃんと設けて。3時間ほど取りましたよ。

コレまでのブログの書き方だと、自分の覚書的な要素が強かったので、本当に駄々流しで書いてたのですよ。推敲なし。でも、必ず見に来てくださる方がどうやらいらっしゃるみたいで。その方々のためにも、せめて意味の通る文章にしようと。

それに、ここにちゃんと、先のことを書くことは自分の考えをきちんと整理する事になると。ここをテキトーに書くというのは、結局自分の整理がテキトーなんだ、と。

はい、以上です。また来週でーす!
コミティア124おしながきです。
C124お品書きblog

今週の土曜日 5/5ビックサイトで開催されるコミティア124に参加してまいります。久しぶりのコミティアです。いらっしゃられる方は是非お待ちしております~!多分すっごいヒマだと!!思います!!
ティア124用新刊と、今後の販売の流れ
180501_bg.jpg 

こんな感じになりました。スライムすきねえあたし。えっと、このあとの流れなんですが、とりあえず5/5のコミティア124に、もって行きます。18Pです。この分を「ティア版」とします。コミティアめっちゃ売れないので、印刷もすごく少数です。

少数だとオフセットにすると一冊エライ値段になっちゃうので、オンデマンド印刷です。いつも使ってる栄光さんの印刷、紙と違うので、気がつく人には気がつくと思います。でも、気づかない人には全く気づかないと思います。

1:「ティア版」について
で、このティア版は、このティアだけで終了します。通販には回しません。そのレベルの部数です。もし、残れば……どしよ。

2:「通販用の製本版」について
で、「通販の製本版」は、ページ数ちょっと増やして、オフセット印刷にしなおします。通販なので、わざわざ18P(本文14Pってことですからね)程度を送料使って取り寄せていただく訳にはいかんのです。で、できましたら、とらのあなさんとメロンさんにお願いするつもりです。今年はコミケに出ないので、製本版を入手するのはこの方法がメインになると思います。残が多少なりともあれば、そして当選すれば、冬コミにもって行こうと思います。

3:DL版について
上記の「通販の製本版」が、DL版になります。なので、加筆が終わった後の販売開始となりますので、5月半ばごろかなって思っております。とらさんメロンさんと同じ頃に、出る予定です。いちおう、そんな流れです。当面は今週の土曜のコミティア行ってきます。

あとは、うーん、考えてるのは、去年新装したばかりのHPなんですけど、ナビゲーションバーとか、ちょっと使いにくいんですよね。パンくずリストとか。マウスに引っかかってバーって出てきちゃうし。それに加えて、今ほとんどの情報はツイッターとか、ピクシブとかが入り口になってるでしょ。HPはその情報の真偽をを補強するような存在で。ランディングサイトって言うんでしたっけ。だとしたら、もっと単純な作りでいいのかなーとか。ね。