「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
キョウエイの夏。
180724sas.jpg

キョウエイと言えば愛知県の高校野球部を思い出します。嘘です。自分はすぐに競泳水着を思い出します。大好きだから。おそらく、表紙はこの子になると思います。

こういう感じの立ち絵とかは、自分はよくグラビアのポーズを参考にします。でも、着衣や細かいしぐさは創作になったりすることが多いのですが、彼女の場合は水着すらもそのまま模写状態です。この質感というか、水着感は見ないと描けないです。ええ。見てもろくに描けてないですけど。

あんまりこういう話すると興ざめな部分あるかもですが。普段から、自分が反応した写真は、特設フォルダに格納されていきます。そこからその子に、腰ひねってーとか、顔こっち向いてーとかして、絵を作り上げていくことも多いです。TVで、普通にニュースを読んでるキャスターのお姉さんのしぐさに反応することもあります。皆さんもありますよね。ね。ね。あ、でも何故か、人の絵には、あんまり反応しないんですよ。なんでなんですかね。描き手の手が入って、完成されちゃってるからかな。自分が、えろくしたいんですよ。自分の手で。

で。今回の本のテーマは、ずっと言ってますように、競泳水着です。ファンタジィの世界なので、ウチではボディアーマーって呼んでます(おお)。競泳水着のラインは、これ、想像で描くとほんっとにチープになるんですよ。なので、今回の資料は膨大です。美大受ける学生みたいに、カタチをとるところから始めています。線で見ない。面で見る。一発で決めようとしない。

で。この、エロ反応したポーズを、自分の欲望を乗せて実体化させていく……最終的には元絵とまったく別物になったりもするんですけど、エロのエッセンスはより際立って、自分にとって最高の一枚となります。この作業はたまらなく楽しいのです。ホント楽しいの。これ。眠る時間すごく短くなってるけど。外でたときにめまいすごいけど。

そんなふうに幸せな地獄を過ごしています。コミティア合わせで……いける予定!!?8月下旬!!どうかしら!!

暑いので皆さんおきをつけを……!
気づかなくってタメイキ出てて
180717.jpg 

あああつううううういいいいいですね。なんじゃこりゃーーー。皆様ご自愛ください。

タイトルため息ですが、いえいえ、なにかネガティブなことがあった訳じゃなく。この連休ですね、オクサマが常におうちにいらっしゃいました。この暑さですもん。一歩も外へ出ない宣言されておりまして。自分は例によって追い込み中。PCに向かってカシャカシャしてると「ためいきすごいね」って言われました。 

え?(;゚Д゚) ためいき?

まったくそんな自覚ありませんで。別にいやなことがあったわけでもなく、それはないだろーと思いつつもしばらく作業してると、やりました。フゥーーーーと、何の呼吸法だというくらい長いヤツ。あ。これか。そして何回か。うわー、こんなことしてんのかオレは。

おそらく、前傾姿勢の猫背になって、みぞおちあたりが圧迫されて、呼吸が上手く行ってないんだと思います。姿勢を正すと、出ない。みぞおちあたりが楽になる。なるほど。あ、わかった、これ、机が低いんだ。

たしか、「椅子に座って。肘を直角にして、その延長線にあるところが、机のベストの高さ」みたいなネット記事をみてそうしたんだ。でも、それだとどうも、自分には低いみたいです。机を低くするのは難しいけど、ふふふ。高くするのは何かを積めばよいのです、カンタン( ゚∀゚)ノ いま、わが社には常時在庫の板材(それもどうかと)のなかから、マッチするものを重ねて。天板面を6cmほど高くしました。おお、おなかが伸びる!

独身時代の以前ほどじゃないにしても、自分はそれなりにPCに向かってる時間が長いので、こういう姿勢的なものは、ちゃんとしないと絶対に致命傷になるんですよね。会社とかで他者の監視下で仕事をしてる訳でもないのがそれに拍車をかけますピシッピシッ。

そうか。そのままの姿勢で何年後かに内臓がおかしくなって、「いつの時代からやり直しますか?」って言われて今、戻ってきたんだ。ちゃんとやろう。おいしいものが食べられなくなるのはいやだーーーー!!!

えっと、ティア本、イキます。競泳です。イキます。描きたいの!!



リンカクの中身を
170709s.jpg 

名前の無い空を見上げ、悲喜こもごも夢を数える昨今、皆様いかがお過ごしですか。ネコ娘にやられてる高石です。案の定やられております。巨乳じゃなくても好きなのです。新作は、やっぱ水着が描きたいよう……(T△T) どしよ

あ、鬼太郎といえば。先週の放送では「整形」がテーマでした。整形して可愛くなった子(CVがまさかのゆかなちゃん)が、好きだった男の子(アイドルみたいな人)にコクられ、整形してないほうがよかたといわれるアニメみたいな展開です。アニメですけど。

で、その後は、可愛くなくてもやっぱり自分の顔がいいよね……って雰囲気を出しつつ、ラストはコレまでのよくある倫理観を逆転、整形した顔で天下を取っていくというモノで。ツイッターランドでは「整形とは自己肯定、自分の為。他者のためではない」みたいな解釈が多くって。イイネがいっぱいついていました。

ああもうまったく。これだから整形屋ってのは儲かる訳ですよ。いいですか、「自分のためである」って言うとなんか正しいのかなって見えますけど、これは原因のたらいまわしなので、他者のためだろうが自分の為だろうが、ゴールは同じなんです。不細工だろうが、可愛かろうが「輪郭線」しか見ていない。その輪郭線の囲まれた中身に、向き合って、どころか、見てすらいない。

じゃあ、可愛くなったとしますよ。で。そのあと周りからちやほやされました。で、その人たちはいわゆるリンカクマニアなのですよ。対象はいくらでも代替が効きますし、もっといいリンカクが出てきたら、あっさり乗り換えます。その結果「私から乗り換えないで」というおかしな立場になっちゃうでしょ。そうすると「乗り換えないから付加価値をよこせ」で負スパ突入ですよ負スパ(=負のスパイラル←注釈入れるなら最初からそう書くが良い

逆も同じですよ。その子は可愛くないから興味ない、という人も同じで、カタログの一人としてしか見ていません。また、その可愛くない子が興味をもたれないのは顔のせいじゃありません。中身が見えないからです。

あ、その「リンカクの中身」ってことなんですけど、よく言うので「その人の内面」ぐらいに思ってるでしょ。自分はそれともまたちょっとニュアンスが違くてね。性格のよさ、ではなく、「その人はどう生きて、どこを見ているか」にという所に、自分は興味があります。というか、人に対して、そこにしか興味が無い(おっぱいは例外)。うちの子たちも、生きようとしてる子を描きたいのれす。

じゃあ、ただ、「オレはジャンプで連載する!!」って言ってるだけの中学二年生ぐらいの方たちはいっぱいいますし、そういう人は興味深いかって? だからね、それもね、「ジャンプを目指しているオレ」という輪郭線なんですよ。

本来、自分が生きている結果が、自分の輪郭線になるわけでしょ。研鑽されている人の輪郭線は美しいけど、よく見ると細かい線がいっぱい連なっているもので。機械で引いた輪郭線は、機械でひいた輪郭線。単調で、機械があれば誰でも引ける。チャレンジや、いろんなことやろうとしてる人の輪郭線はとがっていたり、不安定。でも、興味深さを感じる。

と、ここまで書いて、うっわまたえらそうに語ってるから消そうと思ったんですけど、今更自重してもしかたないので、残すことにしました。コレはまさに、自論で、って逃げを打っておきますが、わが国は輪郭重視派が圧倒的だと思います。だから、多数派にウケるには、輪郭を整えたほうがいい。

らばたに魅力を感じてくださってるあなたは、残念ながら?幸運なことに?少数派です。我がサークルの輪郭は稚拙で、いびつなのですから。自分は誰でも引ける輪郭線に興味はありませんので、多分、ずっとこの路線です。共にひっそりと、そして、たおやかに暮らしていきましょう。ワタクシは、そんな皆さんに向けて描き続けたいのです。

あれ、おちた?お話、ちゃんとおちたかな……?(;゚Д゚)
乗ってます脂
180703_bgs.jpg

アツいですね!毎日も、そしてサッカーも!寝不足ですか!?アタシは寝不足です!
日本惜しかったですね!もう数日、サッカー興味ない人は大変でしょうが、がんばって下さい!

先週は、いわゆる原稿の谷間になりまして。いわゆる? とにかく、今あせって仕上げなければいけない原稿はないのです。

そういうときは絵の研究をします、かっこいいでしょ。で、自分のクセみたいなものと向き合いつつ、新たな道を探るのです。

次の作品はカラーをやりたいって言ってるじゃないですか。あ、言ってるんですじつは。マンガだと、どっちかっていうと、心情とか、できごと、時間の経過?みたいなものを描きますけど、カラーは、その質感、また偉そうに言ってますけど、その質感を描きたいんです。

で、質感をかき分けるということは、その質感の持つ特長みたいなものを描くってことですよね。
特徴ってのはだいたい、光の反射だったりするので、そうすると、色と白の階調がそれなりにあったほうがあたしレベルだとやりやすいわけです。マンガだと、線の情報が主になるから、そのあたりが、本当に上手くないと書き分けられないですのよ。そうかな?そうだと思う。

で、いちばん自分が描きたい質感というのは、モンスター、液体、そして……競泳水着のナイロンなんです。コレが困った。ファンタジーとはなかなか相性のよろしそうでよろしくない質感なのです。
でも、らばたは過去に競泳水着の本だしてますからね。ファンタジイなのにね。

さて。どしよ。水着やっちゃうかも。ほんとにやっちゃったら許してね。描きたいの。競泳水着とモンスター。至高の組み合わせなのに。何でみんなやんないんだろう。異論は認めます。

あ、あと、板タブあんまり拡大しないでかけるようになりました。これだと全体をみながら描けるので狂いにくいです。ようやく、ここですよ。お絵かきはじめて14年。中2から描き始めたとしたら、いま。大学生。マン研部員。アブラの乗る時期ですよ。

脂が。腹に。うるさいわー( ゚∀゚)ノ

愛すべきご常連の皆様各位:熱中症にお気をつけ下さい。