「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
不安情報を提供しますの社会
170606s.jpg

いよいよコミケ発表が近づいてきましたよ……!発表前に一作作る予定じゃなかったの!!?うおー!えっとね、あのね、やっぱね、只今生活が大きく、それも人生史上最大級に変わってるんです。だからゆるして。そう、ほら、たとえば2週間に一回行く習い事は、一回休んじゃうとすごく来てないイメージでしょ。そんな感じです(ふーん

先週の高石はですね。すごく事務的な仕事に忙殺されておりました。これまではすべての時間とお金を自分の為だけに使えたんですけど、ハンリョが出来、そうも行かなくなって。時間のほうはまたガンバローおーでもいいとしても、お金のほうは生活の問題となってくるので、きちんとしなければいけなく。そんな生活システムと、あと、税金の申告とかも変わってくるので、それ組みなおしてたらあっという間に1週間たっちゃいました。新作、手をつけてないです。。。あぁ。頭の中にはあります。完成してます。うがー。

で。今週の語りはですね。ネットの闇ですよ。ダークネットですよ。例えば皆さん、不安な事があるとしますよ。「自分はコレでいいのか?」って時です。体調を崩したときとか、税金がどうとか、ご近所トラブルとか、ちむこが小さいとか(悪かったな

そうすると、結構「検索」かけません?自分は結構、ネットに頼っちゃいます。すると、そこには不安をあおりまくるサイトがだだだだって並んでます。以前、5年前の市県民税が未払いでハガキ来たときなんか、アタシびっくりしちゃって。なんだこれって検索かけたら、すぐ払いに行け行かないと差し押さえ!っていっぱい出てきて。

そんなことは解ってます。でも、「今払えない」からどうしようかと「検索してる」訳で。そこに「払わないとこんな風になる!」とか「払ってない人は国民のわずか10%!」とか。安心を求めて、ビビッてそこらじゅう踏みまくります。中には「払わなくても大丈夫かも」という入口で最後は「すぐ払いなさい」という締めだったり。

不安が不安を呼び、何時間もそう言うサイトを閲覧しまくります。でも、不思議な事にほとんどが「ブログサイトかまとめサイト」なんですよね。内容も似たような事ばっかり。

で、先日ですよ、背中に変なシコリが出来て。うおおおおまじかおれ死ぬのか!!って思って調べたら、もう、煽られまくり。「すぐ病院行け!!」って。行ったらもうまさかの10秒診察。これが、前々回のエントリーのお話。今日は論点ちがって、その「煽りサイト」の方。

最初は「病院に来て欲しいから医者が煽らせてるんだ!?」って思ったけど、そんなすべての医師の利益のために!なんて、他の医者の利益の為にやるヤツがいるとも思えない。じゃあなんで? 最近ようやく解りました。ああいう煽りサイト、アフリエイトとか、PVで報酬が出るタイプのサイトなんですね。アフィ広告はグーグルさんが全部ブロックしてくれるので見えてないから解らなかった。

不安を煽る事で、検索を続けさせて、効率よくPVを稼げる。記事の内容なんかは素人が考える程度の内容。特に詳しい事例や、裏づけはナシ。どれだけ見てもさらに煽られて。自分を救って貰える情報をひたすら探すだけ。まるでイケスに迷い込んだシルキルリスズメダイです(=小魚でいいじゃん

でもパニクってる時はわかんない。不安は、不安を呼び、自分は時間を溶かし、アフリエイターの腹は肥える。

アフリエイター運動しろバカ。