「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
いっちょARMS
170830as.jpg 

ツイッター絵の使い回しですすみません。女の子じゃなくてすみません。Gペンで描いて、色筆ペンで彩色しています。今、プリキュア原稿でド修羅場なんですが、眠くなりそうになったらARMSで対人戦やります。アドレナリンが出まくるので、目が覚めます。

ARMSは、強いキャラ、強い武器というものがあります。自分はそれを使うのはちょっとずるいような気がして、あんまり使いません。対人戦は、その強いキャラが強い武器をもってるのがいっぱいいます。加えて、自分がそんなに上手じゃないので、見知らぬ誰かに、負けます。そうすると、くっそー!!ってなります。

「勝つために」と「こだわり」は、必ずしも一致しないことがあります。勝つためには、有利な状況に自分を置く必要があり、新しく強いキャラが出てきたら、それを使いこなさないと、そのキャラを使いこなしてくる人には勝てません。

らばたは、この創作えろ同人で勝つために、なにをしてるのだろう? 

そんな時テレビで、サザンの桑田さんが、ひよっこのテーマソングを歌ってくれました。もう何十年も変わらない、サザンの曲調。大好きです。ちょっと考えました。もしも、サザンが、流行ってるからとヘビメタをやったり、ラップをしたりしたらどうだったろう?

サザンは勝つために、強者=流行に、乗ってない。こだわりのかたまりだ。

いや、そもそも自分にとっての「勝ち」とは? いっぱい売れること?
否、描き続けることだ。だとしたら、流行の最先端にいたら、常に斬り合いの勝負を続けなければならない。自分はそのステージに魅力を感じない。疲れそう。

ARMSも、自分はこのキャラが好きで使ってる。誰にでも勝ちたいけど、命の取り合いのような高ランクの中で試合をし続けたら、余暇と仕事が逆転しそうだ。

ならば、自分の目的をもって、続けることが「勝ち」なのだろうか?
ちょっと、まだ、解らない。このゴに及んで、解らない。

プリキュア描いてきます!!!