「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
ハッピー・ハーロ・イーン!!!(ドガーーーン
171031_harouxinns.jpg

「自分の作品はどうあるべきか?」とか考え始めてるのは、危険信号なんです。迷走を始める前兆だったりしますゆえ。まあ、それなららばたが迷走していない時がありましたかって話ですが。

んでんで、いつものブログ絵より、ちょっとだけ手が込んでますね。輪郭ボカシちゃったりして。ツイッタにも上げてるからです。ツイッタに上げないといい加減なのか?ってことですが、そーゆーわけではなく、あ、そう、これも今日の話題の一つなんです。

いったん話し飛びます。実は、おとといの日曜、埼玉武術大会に出場してきまして。何回もやってると選手もだんだん顔なじみになり、この人は強い、この人は上手いとかがなんとなく解るようになります。自分にとって武術とは、誰かに評価してもらうわけではなく、自分のためにクンフーを積むものだったのですが、こう毎回、みんな同じ順位だったりすると、いい加減どうなんだ?という気にもなってきます。

そこで、今回は「勝ちに」いったんです。審査員のクセとかもある程度解ってるし、順位上げたろと。で、結局。付け焼刃の小手先芸で、見事に例年通りの微妙な順位。この空虚感はちょっと初めて味わいました。つまり「勝ちに行った(そして負けた)」のが初めてなんだなと。

もどります。「どうあるべきか」の問いは「何か結果を出さなくてはいけないとき」に出てきます。らばたは「勝ちに」いこうとしてるのか? そう思いました。もし、勝ちにいくなら、真っ先にやることは、今勝ってる人より練習量を多くすることです。勝つべくして勝つ、勝つとはそういうことです。うんうん。で、練習したの。ブログ絵。ふーん。

え?まった。なに、自分のえろマンガ、アニメ化でもしたいの?違うよね。じゃあ、何に勝つの?勝つってどういうことなの? 

それは……「勝つ」とは、「自分が勝負する舞台を決めること」と見つけました。
え?なにそれ? 次回!