「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
2018年の抱負。
180116.jpg

ようやく、風邪がなおってくれたみたいで。風邪の時って本当に何も描く気にならないんですよ。歳とってくると「これが衰えか……?」なんて思っちゃって、焦りまくりました。安彦御大や青山先生なんて60とか70で描き続けてるんですから、まだまだ老け込む訳には参りません。

さて、計算をしてみましたのです。なんのかって。自分は、1年=12ヶ月で、6本の作品を作る時間を取れます。プリキュアモノを含めて(まあ、これ含めるから圧迫なんだけど)。およそ2ヶ月で1作。で、その2ヶ月のなかで、製作に当てられる時間はおおよそ240時間。自分は今、1本に掛かる時間は200時間なので、40時間ほどおつりが来る計算です。以前はこれをプリキュアのワンドロとかに充ててました。

で。今年やりたいことは、以下の3つです。①DL作品の製作。これはやる。飢えちゃうし。 ②ツイッターでマンガを連載する。これもいつかやってみたいのです。 ③油彩画のパワーアップ。これは趣味です。

これらを、どう、配分するか。2ヶ月(240時間)の猶予のなかで、①に、200時間。これはどうしてもとられます。のこりの40時間で、マンガを、って考えてたんですけど、今年は10月に、上野でルーベンス展が開催されます。そこで、③油彩画。やりたしです。

②のマンガは。ツイッタで連載して、コミティアで製本とか考えてたんですけど。それ、2019年にやります。DL本もツイッタマンガもって、やっぱちょっと時間が足りない。

その、③は趣味なんですけど、もう、ここでやらないと、ずっとやんないから。やります。やりたいの。この時点で、今年の赤字決まったようなものですが、我が王の来日を天啓とし、やれるトコまでやってみます。リアルとマンガの中庸を狙った絵になっていくと思うので、ブログ絵もこんな感じで、ちょっとキモイ感じになっちゃうかもですが、ゆるしてたもれ。もう決めたんだ。きっと、いつか、自分の力になるはずさ。

なるかな。