「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
コミティア124リポーツとおれ進路指導
180507s.jpg


GW終わっちゃいましたね……(T△T) といいつつ自営業にはあまり関係なく、昨日と同じ今日が……否、昨日よりちょっとエキサイティングな今日が繰り返されるエブリデイです。それでは、僭越ながら(?)コミティアリポーツ参ります。

らばた工房で出るのはいつ振りだ?ってくらいに久しぶりなコミティアでした。で、びっくりしたのです。人が多かった!サークルさんも、一般参加も。あれ?創作ってこんなに支持されてたっけ?てか、これはコミケ?って勢いです。実際、集計の人数も多かったようですよ。ティアマガ(←入場券も兼ねてるカタログ)も早々に完売してましたが、拍手なかったのは驚きました。時代なのかな。

参戦模様は、こんな感じです。じゃーん。

180508sas.jpg 

まず、新刊。18Pでオンデマ印刷だと、まぁああ、ほんに薄っすいです。「薄い本」という呼び方が一般化(?)したとは言え、製本ブツは質感は重要だと思うので「持った感じが安そう」は避けたいのです。なので、というのもなんですが、今回イベント特価としました。この新刊、現在通販もDL版もまだありません。今後の流れは後述の業務連絡にて。

そして、いつもの感じに加えて額装絵があります。今回はこれ、コピック絵なんで額装するとちょっと仰々しい感じですが、今後は油彩絵がここにくる予定です。エロファンタジーの油彩絵。ちょっとバカでしょ?ふふふふ。

今回油彩画間に合ってないのに展示したのは、このサークルこういうことやるよとお伝えしたくって。です。売れなきゃ売れないでもイイの。展示したいの。オレはここにいるよ、って。ふふふ。あ、でも、コミケではぐちゃぐちゃになっちゃうからやらないかも……え?てことはコミティアまだ出るの?ふふふ。これもあとで。

で、リザルトは……!想定の三倍出ましたよ!まあ、想定がめっちゃ低かったってのもありますけど、えー!?コミティアこんなに出るんだー!ぐらいの勢いですとも。在庫もすくなかった壷巫女はついに完売しちゃいました……って、あ、自分は「完売」はあんまり、どうなのかなーって思うのですよ。それを目当てに来てくださってる人とかいるかもでしょ。告知しといてそれはあまりにも……余らせて自分で持ち帰った方がココロは楽です。体はキツいけどね重いからね!!

――(毒開始ブハァ)あ、そうそう、ツイッターやってる方は「完売しました!」ってTLにいっぱい流れてたでしょ。あんな眉唾ないからね。「持ち込み冊数合計10部とかで、見本誌や挨拶とかで配って、机の上に3部。で、フォロワーさんらしき人が挨拶に来て、そのとき売れて完売だーとか言ってる人」とか、超いっぱいいるからね。自分も偶然見ちゃって。うわーなんだそれって。一般で買いに来る人の事をどう考えてるのかなぁあああーーーああそうかそもそも買いに来る人がいn(毒終わり)――

今回の総括としましては。コミティア、うむ、出られるだけ出よう、って感じましたよ。新刊というより、既刊を紹介するというところ。それと、油彩画の展示、という意味もこめます!なので、次は、夏コミティア、参る所存です!!コミケ出ないしね!!(T△T)


あ、それとね。ちゃんとティア出ようと思ったのは「あ、ご無沙汰です」とか「お久しぶりです」っておっしゃって下さる方が数名いてくださって、なんか嬉しかったのですよ!自分コミケはここんとこずっと皆勤賞だったから、つまり、この方たちはコミケにはいらっしゃられない(か、ウチには来られてない)んですよね。ああ、ティアはそういう受け皿でもあるのか……と。


ではでは業務連絡です。

今回の新刊について:ちょっと加筆させてください。DL版と通販版、出ます。もうちょっと。
次のイベント:夏コミティア(8/19)の予定です。それと、今回のこの文章、ちゃんとしてません?え?変わんないです?そうですか。orz

えっと実はですね。自分のこの活動、イベントやらなにやら、製作とかやる事すっごい多い事に気がついて。これ、きっちり年間運営表作ってやらないと、結局どれも雑な仕事になっちゃうなと思いまして。今月はずっと、それもかなりちゃんと、製作時間を管理するカレンダーをつくってたんです。で、この「ブログを更新する時間」というのも、毎週ちゃんと設けて。3時間ほど取りましたよ。

コレまでのブログの書き方だと、自分の覚書的な要素が強かったので、本当に駄々流しで書いてたのですよ。推敲なし。でも、必ず見に来てくださる方がどうやらいらっしゃるみたいで。その方々のためにも、せめて意味の通る文章にしようと。

それに、ここにちゃんと、先のことを書くことは自分の考えをきちんと整理する事になると。ここをテキトーに書くというのは、結局自分の整理がテキトーなんだ、と。

はい、以上です。また来週でーす!