「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
「反応」
180605_BsaGs.jpg
 
この6月が、カラダの未順応と湿気、それに気温とあいまってもっとも不快に感じる感じな感じじゃないですかね?みなさまご機嫌いかがですだから不快といっておろうがーーー!!!(ご挨拶

実は昨夜、絵本のかこさとし先生の最後のドキュメントが、NHKで放送されました。ご覧になった方もおられるかもしれません。もうね、やばい。やばかったっす。あの年齢まで創作をお続けになると言う時点で既にやばいのに、台詞がイチイチやばい。

中でも、いちばん自分にぐさっとささったのは「読み手の反応を引き出さなきゃ、絵本の意味はない」というものです。うがーーーうがーー。今自分が迷ってる、いや迷ってはないんだけど、確固たる手ごたえを感じとれずにいるもの。前回のブログでも書いた「読者は、よんで、どうするか?」

反応したくならないものに、意味はないんですって。存在否定ですよ。うわー。描く資格なしですよ。自分が「描きました、DL登録しました、売れました、いえーい」……じゃないの!!最後にお客さんの「ふぅ……」がなければ、意味ないのですよ。もうこんな台詞言ってみたい。カッコイイ。

らばた本でさすがに「抜きました!٩(๑´0`๑)۶」とは感想頂かなくても大丈夫ですけど、つまり「次も買おう」がない場合はもう、駄目なんですよ。

自分が入り浸ってるつイッターランドでは、「同人作家は感想来ないと描くのやめちゃうからみんな感想を送ろう!!」とか謎の意見がそれなりの人権を得ています。……なんだそれわ。ですよ。感想は強制するものじゃなくて、かきての魂の込め方なんじゃないかな!?感想来なくて描かない奴は描かなくて良いんじゃないかな!!!ですよ!!かこさとし先生のツメの垢はもったいないからおうちのホコリでも食っとけばいいんじゃないかな!!!ですよ!!!

取り乱しました<(_ _)>。

似たような理由で、いや、あんまり似てないけど、あの、ファンボックスとか応援資金とか。ああいうのすごく嫌い。前まで良くわかんなかったけど、今は良くわかった。結局「あたしがんばるからお金ちょうだい」ってことじゃん。がんばろうががんばらなかろうが、そこじゃなく、お客さんは自分の商品にお金を出してくれるか、だけで勝負したし。そこの一線越えたらもうお恵みで生きてるのと同じよ。「作家」じゃあ、ない。

てか、あのシステム、運営もガッツり抜く訳でしょ。新たな資金源にしたい訳でしょ。お客さんだって舐められてるし、作家も舐められてる。自分はとにかく、御代は見てのお帰りがいいの。お金は、何かの代償で、頂きたいの。

その代償となる作品ですが、ペンイレ終わりましたよ!!( ゚∀゚)ノ

……すみませんがんばってます。もうちょっと先です。