「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
アナログが続いております。
 180926_bga.jpg

冷たい雨です。いかがお過ごしですか。ちょっと寒いどすね(どすね

前回アナログについて色々考えて、そのままその検証をしています。やっぱ、アナログ、楽しいです。
自分がデジタルでもっとも便利だと思うところは、失敗がいつでも回復できる事と、あとからいくらでも調整が効く所です。両方とも、「完成イメージが無い」時に威力を発揮します。

完成イメージ、持てばいいじゃん。そう思いましたよ。そうすれば、デメリットはすこしづつ無くなっていく。

「デジタルのほうが上手く描ける」

上手くなればいいじゃん。

「色をつけるのが便利」

あああーーーこれは揺るがないかーーーー たとえば今、アニメをセル塗り手塗りにしたら絶対無理よね。

あれ。でも、マンガは塗らないぞ?

うむ。ちゃんと考えよう。

ということで、次は、当たれば冬コミです。11月のコミティアは、らばたではなく、創作グッズモノででます。えろくないのです。なにそれって?ぬふふふ。色々やっておりますの。生きるために。