「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
高みを目指そう(地理的に)
181003s.jpg 
季節はずれの暑さが続いております関東平野です。皆様いかがお過ごしですか。
今夏は豪雨や台風で、いろいろな所に損害がでましたよね。
いつも思うんですが、温暖化が原因かどうか解んないですけど、あと数十年で、北極の氷がいっぱいとけるんですよね? 海面が上昇して、こういう災害の時にその脅威を発揮するとなると、最低でも海抜100m以上のところに住まないと、ってことになりません?

あ、でも、どうなんだろ。たとえばコップいっぱいのお水に、氷が浮いている、と。で、この氷が解けると、水の上に出てる分の氷があふれ……?あふれないぞ。違うなこれ、小学生の時、理科でやったぞ。水位は変わらないはず。溶けるのは、地上に乗ってる氷か。結構いっぱいあるよね???(;゚Д゚)あ、やっぱりだめだ、逃げないと。長野に住まないと。お金ためないと。

なので、お金をためるために、えろまんがを描かねばならんのですが、問題なのは、描いてるとだんだんマイチムコが反応しちゃうことなんですよね。コレいまだにそうなんです。自分の最高のシチュエーションを描いてるんだから、さもありなんでしょ。

で、なんとか理論的、美術的な部分に解を見出そうとするわけです。これはこうだからこうなった。お話としては面白くなるんですけどねぇー でも、そういうのはもっと頭の良い人にお任せすればよいか。自分はもう。変態道を進もう。これはもはや業だ。ゴー。

もう取り掛かってしまう予定ですよ!冬コミ原稿。多分、連日よく描くこの、上の挿絵の子がヒロインになります。多分。ぐちゃぐちゃにしたいんです。ぅはぁ