「ラーバタス」および「らばた工房」作品の製作情報、製作者 高石ふう の自分語り(痛め)、防備録も兼ねております。
人生のイライラについてのコラムを書いた
180320s.jpg

絵はこんな感じで頑張ってます。リアル寄りはちょっと怖い。マンガのほうは、とりあえず今はプリキュア本に掛かりきりなので、特にらばた新刊の情報もございませぬのです。でもせっかくなので、コラム的なものを書き記しておくことにしました。人生を生きる上で役立ちそうないやそうでもないと思う。

一人暮らしではなくなってから、いらいらしたり、こんなヤナ奴がいた的な事を、ここに書くことがすくなくなりました。というか、すぐ口に出せるのでここに書かなくなっただけかもしれませんが。でも、ひとりで戦ってる時は、そこらじゅうにイライラしてしまいがちな訳です。

じゃあ、「イライラする時」を突き詰めていくと、どういうときか。
例えば「電車で、音漏れヘッドホン」。このときは、単純に雑音が嫌なのと、対象を愚かしいと思ってしまうことに加えて、他者の迷惑(自分を含む)に対して上等キってきてること。
じゃあ、他には「何度言っても同じ間違いをする部下」これは単純に自分の作業が倍になること、自分の言うことをきいていない=無視されたということ。かな。
もいっこ。「スーパーの会計で一円をずっと探してるおばちゃん」(器小さいなオレ)。この時は、自分の時間がロスられる事に加えて、自己中的な人間に対する苛立ち。

以上をあげていくと「自分の利益の損失をしそうな時」にイラツクことが多そう。1は、自分の安らかな時間を。2は、尊敬されるという報酬?を。3は、自分の自由な時間を。って感じ。

で。他方、こういう考え方もあります。

「他者は自分を妨害してはいけない」=つまり「人は自分自身の行動に完璧に責任を持つべきである」これ、経済大国ニッポン、たしかにそうではあるのですが、正直、完璧に振舞える人間など、極少数ですよ。現在、自分の足の親指がどうなってるかを常に意識できる人間ばかりではないので、気づかぬところでやらかしてしまうのです。

となると、人はやらかし前提。前述のイライラも、やらかしのひとつである訳です。他者のやらかしは許せないけど、自分のやらかしはしょうがない、こうなってはダメですな。結局、他者のやらかしに対応できない=不安定要素に対応できない=未熟である、という結論になってしまうのです。

特に、ツイッターランドにはとにかく他者や政治、あらゆる世界に厳しい人が沢山いますが、他者が完璧でないと、自分が困る=対応できないからなんじゃないかなぁ……?って思ってしまったり。また、自分は未熟=子供、弱者のままなら、完璧でなくても許される、大人になるなら完璧であらねばならない、そんな方程式を感じます。

まとめると、イライラするのは、未熟だから。となってしまうのです。では、成熟とは?多くの不安定要素に対応できるようになること、人の不完全を許せること、と。今回は結論付けました。

あれ、思ったよりきれいに着地しました。以上、今日の生き方コラムでした。

アップをはじめましたよ
180313s.jpg

ここずっと油彩やってて。油彩はあんまり線画にたよれないので、面で塗っていくような感じになるんですけど、こうやって線に戻すとかなり気持ちが楽になります。楽というか、慣れてるというか。

油彩絵は、もう、なんというか、絵を志してずっと自分の前に立ちはだかってる壁で。いつかいつかやってやると思ってたものでして。もう、KAKUGO決めまして。ちょっと頑張っていきます。

で、DL用の作品お話でス。前回のブログでなんか「らばたの世界を系統立ててつづる」とか言ってるでしょ。このブログは、ここに書くと企画がぽしゃる「ポシャノート」なんですが(なんだそれ)、今回はポシャらせないでいきたしです。

で、その世界とやらの、描く具体的な内容は、モンスターの生態はもとより、この世界の仕組みだったり、どうやってみんな暮らしてるかって事を描きたいんですけど、それを、マンガでやろうと思ってたのね。販売用の。同人誌がそのままらばたの世界を旅できるガイドブック、みたいな。

でも、これ、マンガだと、かなりエロじゃない部分を描くことになるぞ?うーん。それはある程度必要なんだろうけど、実際にゲームにする訳じゃないし、描かなくてもいいことってあるじゃない。

ほら、ドラクエとかでもさ、その水はどこから来てだれが浄水とか管理とかしてて。だって、あんだけ毒モンスターいるんだから、湧き水ガンガン飲むわけには行かないでしょ。お風呂はどうするとか、とかってのを描きはじめると、膨大な量を説明しなきゃなんなくなるじゃないすか。そこにエロをはさむページ数もパワーもなかなかどうして。

うーむ。これはでも、ずっと抱えてきた問題ではあるのです。ぱんつ脱いで待ってる人にそれは渡せないよね、で。本編はこれでもかとエロく。やっぱ巻末に絵本的につけるのがいいかなぁー。いまそんなところです。

プリキュアはもう、最高のキャラが出てきてさあや最高なんですが、敵幹部にも気になる子がいてなかなかこれ目がはなせないのです。なかなか難しいです。いまそんなところです。
5月のコミティアには申し込みました。
180306.jpg 

コミティア、らばた工房で出るのは、随分ひさしぶりです。スライム君のお話描きます。でも、プリキュアイベントのすぐあとなんですよね。間に合うかしら。とか言ってる場合じゃない。描きましょう。何とか一冊、出したし。

で。今はもう、毎日油彩エブリディです。毎年、2~3月は比較的時間が取れますので、修行月間となりがちです。んでもその毎年、自分は改めて、何も解ってないで、デジの力だけで絵を描いてきたんだなぁと思い知らされます。てか「思い知らされます」とか言っとけばなんか反省しまして的になるけど、反省しようがしまいが、ちゃんと描けること。結果を出せること。ここ。今年はここ。とにかく結果。出すよーー!!今年は出すよおおおう!!!

で、その、いま作らんとしている新刊なんですが、ちょっと、ちゃんと「らばたのこと」を語ろうと思って。いや、今までも語ってますよ。でも、あんまり系統だててないというか、やはり、ある程度売れる=生活をすることがメインになってるのでどこかキャッチーで(そうか?)好まれやすい(そうか????)方向へ行きがちなんです。

でも、ほら、例の「漫画村」的なのとか、違法DLすごくいっぱいでしょ。作品をデータで販売する以上、ああいったものはどうしたって出てくる訳ですし、データによるマンガ表現が今後、どこまでお金に代えられるのか解ったものではありません。となると、いつ、らばたが立ち行かなくなるか、ってトコまで考えないといけないのです。

つまり、その「買ってくれそう」とか、マーケティング(もどきだけど)とか、売る努力的なものをいくらしたって、まったく概念が違うわけですから。ほんとにシャレになってないですよ。まあ、自分の場合、ガチ漫画家さんなんかの被害に比べれば微々たるもんなのでしょうけど。

で、今後のらばたを考えて。「違法ばっかで1冊も売れないからやめます」には、まだ、なりません(いつかなっちゃうかもだけどね……)。今のうち、まだ、マンガという商品がお金に代えられるうちに、みなさんに、ラーバタスという世界が存在したことを残さなければなりません。で、ちゃんと、系統だてて、エピソードをつづろう、と。始まりはいつだってスライム君です(なにそれ

以前から繋がった作品をやりたいとは言ってたけど、こんな、お尻に火がついて始めるなんて。なんてアタシらしい。とりあえずいけるトコまで行きます。倒れるときは前のめり。
今度はネットがあああーー
180228s.jpg

先ほど、ようやくネットに復帰しました。数日ネット隔離。謎の不具合と思って接続ひっくりかえしてあーだこーだしてたら、結局、お金払ってなかっただけだった……うがが。先週はPCがなくて、その前はコミケ入金忘れて。怒涛の2月をすごしておりますジェミニの高石ですが皆様いかがお過ごしですか?「ふたご座は2月がハッピー!」とか書いてあったらその占いは信じてはいけません。

最近このブログでもよく言っておりますが、今ちょっとまた油彩をやってるんです。ちまちま触ってみたりしたものの、がっつりやるのは10年ぶりぐらいで。DL製作もあるし、マンガでコミケ出たかったからお休みしてましたのデス。

で、あの頃できなかったこと、描けなかったものが、いまちょっと、踏み込めるんです。昔あきらめたほんの少し先に、ブレイクスルーポイントはありました。そういったものが何個かあって。なんか、人生。

油彩はとにかく、時間がかかります(速い人は速いですよ)。自分なりに頑張って描いたつもりのCGでも、3日もあれば1枚上がりますが、油彩は月単位です。おそい要因は、修正、加筆、の往復です。でも、そのなんども戻る作業に、自分がまったく解ってなかった事が多く隠されていて。自分は絵を描くとき、こんなにも「ごまかして」いたんだってよく解ります。簡略かされた記号が、人間のホントのパーツなんだと思ってた(まじか

この過程のなかで、大きく変わったことがあります。それは、描きたいものは自分の目にうつるものや、想像するもので。なんかの技法書にある方法論ではないのだという、結構単純な事なんですけど。自分はこのあたり、どこかで「正しいものにすがりたい」という自信のなさがあった気がします。

特に、デジ絵を描き始めた頃(2004年頃)は、「よく見るような絵を描けるようになりたい!」って必死で、正しい絵柄みたいなものをすごく探していたような気がします(それでアレか、って言わない)。でも、それは、自分が中に入ってない、というか、誰かにイイヨって言われたからやってますみたいなのが、きっとどこかにあったような。

らばたは、異種姦という独自性?は貫けています(まぁ、ここはただ好きなので、貫く云々ではナイのですが)が、結局、そのコミケに出たくて始めたマンガだって「マンガっぽくしなきゃ」っていうのがすごく強かった、いや、強い気がします。でも次の本は、自分が描きたいもの、表現したいものを、しっかりとした実感をもって作っていけそうな気がします。また未来系。

なんというか、デジでやるの、便利なんですけど、思考が「滑る」というか、絵を描きながら、触れたい核心みたいなものの上にプラスチック層が覆いかぶされていて、そこに触れられないジレンマをずっと感じてたんです。その核心を掴んでからデジをやるのはまた違うのでしょうけど、やはりデジスタートの自分はこのあたりがずっとブラックボックスで。もっと、手にとれるというか、重さのある製作をしたいと常に飢えてた気がします……。

また精神論かい。ふふふ。まあ、次の本を見てくださいな。やることはあんまり変わりませんが多分、高石がそのまま出てます。えっと、新作はコミティア合わせですので、4月末だと思います。それまでちょっとプリキュア描かせて(゚∀゚)ノ


PC復活!
180222.jpg

冷たい雨の関東平野です。皆様ご機嫌いかがですか?コミケ申し込み忘れと言う大失態を犯してしまった高石です。まだおちこんでいます。おちんこでてますしもねたかよ。はぁーorz

えと、先週修理に出したPCが昨日戻ってきまして。とっても速くなりました!買い替えかどうか悩んだのですけどねー。今、我がオフィス(8畳)でいちばん稼働率が高いのかIpadなんですよ。結局、「絵を描くだけ」なら、IPADで事足りてしまうのです。となると、高性能な新PCを手に入れる必要あるのか?と。

でも、DL作品をつくるとなるとまた、あの小さな画面では難しく、事務処理的な仕事は、やはりPCのほうが圧倒的に速いです。となると、処理能力の高いPCなら必要で、中途半端なPCだったらIpadで充分となる訳で。んで、もっともの不安定要素が「今後、液タブはどうなっていくのか?」です。

ほら、これまでメーカーさんは「外に持ち出せる」ことが結構重要で、そういう開発が多かったじゃないですか。でも、あれ、思ったより据え置き需要あるぞ、ってなったみたいで。となると、据え置きのデカい液タブが出てくるでしょ。で、液タブの最大ネックはキーボードの置き場所ですから、これをどうにか上手く解消したモノが出てくる可能性があって。

さらには、ワコムと、へたしたらグーグルとかが手を組んで、アンドロイドPC的なモノを最強液タブに積んでくる可能性もあって、世は第何次かの液タブ戦国時代へ……!!この戦乱の前に動くのは、得策ではないと判断しました。で。結局。SSDを大きくしたり、クーラーを強くしたりして、お掃除中心に。まだまだ一緒にれいかと(=自分のPCの名前=きもい)戦います!

で。PCが無いと、案外、アナログちゃんとやるもので。いま、手が、服が、お部屋用ズボンが。絵の具だらけになっております。ふふふふ。ちゃんと生活しようという気持ちが、薄らいでいくのがわかります。ふふふふふふ。(いけない。

【悲報】夏コミ参加できず【やらかす】
C94サークルカットss 

ギリギリまでネタをまよってましたの。サクカには、売り物をはっきり描きたいじゃない。「なんか出す」は嫌なの。でね。夏コミの申し込みは明日までなんで、さーやりましょうと。で。決済は2/8まででした……。らばた工房、C94夏コミ、参加できません orz

こんな初歩的なミズ……いままで何回応募してんだよ……うがああ……

あ、本は出します。通販のみ……いや、コミティアだ!!コミティア行っちゃる!!!ぐぞおおおおおおお!!どうも!!!バカです!!!うわあああああああああああーーーーーーーー
リアリズムとアニメズムの谷
180213_bg.jpg 


あれ!?先週の記事がない……!!!?(゚ロ゚;) あれれ、書いたのに……

実はいま、毎日、絵を描いてるんです。方向性は、リアリズムまではいかないにしろ、記号ではなく明暗を使った絵画的な表現の絵です。ちゃんと、人間を描けるようになって、それをイラスト系の絵に落とし込めないかなーと。どっちもまともに描けないヤツがやるこっちゃないんですけど、やっぱり自分がたどり着きたいところは、そこなんだと。

メインで使ってるのはIpadです。PCはもう液タブ外しちゃいました……(大丈夫かな)。かわりに、板タブです。液タブ買う前にほんの数ヶ月だけ使ったIntious5のデカい板です。長年の液から戻るとまああああああ描き難い。。。なんか、絵を描く、とはちょっと違ったコツがいる感じです。線画なんかこれめっちゃ時間かかるでえほんま(謎関西

でも、前回の「骸骨兵士」はペン入れがアナログです。エロマンガなので、コマが大きいページが多くてなんとかいけましたけど、うーん、小さいコマのほうはヤバいかも。プリキュア原稿で実験を、と思っています。

あ、次の作品なんですが、その、油彩的なヌリを生かしたイラスト集をと思っています……が。アナログ油彩では簡単にできることが、デジだとかなり面倒だったり。そうなのです。デジにはデジの便利な塗りがあるのですよ。知ってた。

もともとこの「デジで油彩塗り」は、アナログ油彩画の練習も兼ねてたりしますが、デジにそれが向いてないとなると、まったく別に割り切ってしまったほうがよいかもしれないとか考えています。となると、そのマンガの線画をさきにやったほうがよいかしら。。。うーむむむ

そんなこんなな毎日です。オリンピックのおかげで、コミケ用のサークルカットすら手をつけておりません。確定申告もだあああーーー((((;゚Д゚))))  ARMSやりt

I PAD がつええです。
180130as.jpg

今年は描いてますよ。スタートダッシュで出遅れて(風邪)、盛大に巻き返しを図っておりますよ。それを可能にしてるのが、IPADとクリスタです。とにかくドコでも描けるんです。どんなカッコでもかけるんです。巨大な液タブの前で正しい姿勢を維持し続ける必要がないのです。いい加減な体制で描く、これがこんなに持続力にプラスになるとは……。

描いてるのは上の絵みたいな感じで、いつものアニメ塗りぼかしよりは、ちょっとリアルかっちりよりです。このあと、色を上げるなどをして描き込んでいきます。また、IPADのナイスポイントのひとつに、ペンと画面の差異があんまりないというのがござりもうす。液タブ戻ってくると、「すげーペン先とカーソルが離れてる!!!」って感じますモン。

この大きな差異というのが自分には、細かく描き込みたい!質感を出したい!という欲求につながってるみたいです。すごく言うことを聞いてくれるし、なによりも、アナログの油彩技法が結構使えるのが嬉しいです。

でも、ソフトはクリスタで今までと一緒なので、同じはずなんだけど、いい加減な姿勢、描きやすいペン、が、これほどまでに素敵なハーモニーを奏でるとは、お兄さんも驚きです。

あ、そだ、今年の予定ですが、夏コミ前までに、コミ1は見送って、コミティアに出ようと画策しております。それに向けて、色々動いてます……ふふふ。また言います。でも言うとぽしゃるから見えてきたら言います。すっごい描きたいマンガがあるときはこうやってカラーやってるっていう、今年もこの矛盾には悩まされそうですが作り手とはそういうものです!!はい!!!
絶賛進行中
180124.jpg 

「人を描く」ですよ。今年の一大ページェント。ページェントってなんでしょうかググらない!!オレはググらない!!(なんだそれ)

上の絵は先週描いたもので、ツイッタにも上げたものなんです。昨日新しいやり方でやってて、上手くいくかなと思ったんですけど、、残念ながらでこっちを上げることになりました。求めてるものは、この感じのタッチに近いです。よって、この絵も気に入っています。が、ふぁぼとかはまた数個です。ふふふ。

で、もう一つ進行中?なのが、ネーム……「みたいなもの」です。次作なんですが。現時点で、ネームといえる程お話がないのです。前作の骸骨さんもかなりお話なかったですが、ひたすらヤってるだけで、もうほとんどエロビデオに近い状態です。これでイイのかな……?とイチマツの不安を抱えてしまいますが、ひとつなるほど、と思う発見がありました。

それは、お話に乗せないので、エロ描写に集中できるということでして。お話の流れというより、彼女の体の感じ方の流れ、とでも言いましょうか、ああ、これ、ヌキやすいぞ……とか思ってしまいます。でも、こんなの、ホントに自分が楽しくて描いてる感が振り切っちゃって、果たしてエンターテイメントとして成立するのか……?そして、絵の力が、どこまで使えるようになるのか!? 高石の挑戦は続く!それが進化理論!!ガンガンズダンダン!!
2018年の抱負。
180116.jpg

ようやく、風邪がなおってくれたみたいで。風邪の時って本当に何も描く気にならないんですよ。歳とってくると「これが衰えか……?」なんて思っちゃって、焦りまくりました。安彦御大や青山先生なんて60とか70で描き続けてるんですから、まだまだ老け込む訳には参りません。

さて、計算をしてみましたのです。なんのかって。自分は、1年=12ヶ月で、6本の作品を作る時間を取れます。プリキュアモノを含めて(まあ、これ含めるから圧迫なんだけど)。およそ2ヶ月で1作。で、その2ヶ月のなかで、製作に当てられる時間はおおよそ240時間。自分は今、1本に掛かる時間は200時間なので、40時間ほどおつりが来る計算です。以前はこれをプリキュアのワンドロとかに充ててました。

で。今年やりたいことは、以下の3つです。①DL作品の製作。これはやる。飢えちゃうし。 ②ツイッターでマンガを連載する。これもいつかやってみたいのです。 ③油彩画のパワーアップ。これは趣味です。

これらを、どう、配分するか。2ヶ月(240時間)の猶予のなかで、①に、200時間。これはどうしてもとられます。のこりの40時間で、マンガを、って考えてたんですけど、今年は10月に、上野でルーベンス展が開催されます。そこで、③油彩画。やりたしです。

②のマンガは。ツイッタで連載して、コミティアで製本とか考えてたんですけど。それ、2019年にやります。DL本もツイッタマンガもって、やっぱちょっと時間が足りない。

その、③は趣味なんですけど、もう、ここでやらないと、ずっとやんないから。やります。やりたいの。この時点で、今年の赤字決まったようなものですが、我が王の来日を天啓とし、やれるトコまでやってみます。リアルとマンガの中庸を狙った絵になっていくと思うので、ブログ絵もこんな感じで、ちょっとキモイ感じになっちゃうかもですが、ゆるしてたもれ。もう決めたんだ。きっと、いつか、自分の力になるはずさ。

なるかな。